自分や他人のインスタライブの保存方法!保存し忘れた場合の対処法




インスタのストーリーで投稿した写真や動画は24時間で消える仕組みになっているため、ユーザーのリアルタイムに近い日常などを知ることができる便利な機能です。

 

しかし、ストーリー機能をさらに上回る、まさに1秒1秒がリアルタイムに配信される「インスタライブ」という機能もあります。インスタライブではテレビの生放送のように、今この瞬間に起きていることをフォロワーに配信できるのです。

 

インスタライブで自分が配信したものや誰かが配信したものは、シェアすることでストーリー同様24時間公開されます。ですが24時間後に消えてしまうのってもったいないですよね。

 

そこで今回は、インスタライブの保存方法について詳しく解説します。自分のインスタライブをと他人のインスタライブとでは保存方法が違うので確認してくださいね。

 

自分のインスタライブをAndroidやiPhoneでの保存方法

自分が配信したインスタライブの保存は簡単です。まずインスタアプリを起動したらストーリー投稿画面に行きましょう。

 

「ライブ」に合わせて配信スタート

下のタブの左に行くと「ライブ」とあります。ここに合わせてライブ動画配信を開始しましょう。

 

「終了する」をタップ

ライブ配信が終わったら右上の「終了する」をタップします。

 

「保存する」からカメラロールに保存

ライブ動画が終了したらこの画像の画面に変わります。右上に「保存する」とあるので、ここをタップすれば自分のカメラロールに保存できますよ。ちなみに、ストーリーにも投稿したい場合は下の「シェアする」をタップすればOKです。

 

この手順はAndroidもiPhoneも同じなので、迷うことは無いでしょう。カメラロールに保存できれば後からストーリーにシェアすることもできますね。

 

他人のインスタライブのリプレイを保存するには画面を録画する

他人のインスタライブの場合、時間帯によってはリアルタイムで見られないことも多いのではないでしょうか。もし配信者がストーリーにシェアしてくれていれば、24時間の間はリプレイを見ることができます。

 

ですがそのリプレイはインスタアプリからでは保存できません。インスタアプリでは他人のストーリーは保存できない仕組みになっているためです。

 

というものの、インスタアプリではなくスマホにある画面録画機能を使えば他人のインスタライブでも保存できます。少し荒技になりますが、他人のインスタライブのリプレイを録画するというやり方です。

 

スマホの設定画面を開いてコントロールセンターへ

ここではiPhoneを例にやり方を解説します。まず、スマホの設定画面を開いてコントロールセンターへ移動しましょう。

 

「コントロールをカスタマイズ」をタップ

コントロールセンターから下にある「コントロールをカスタマイズ」をタップ。

 

「画面録画」をコントロールに含める

下の一覧に「画面録画」とあるので、プラスボタンをタップして上に移動させましょう。これで画面録画の準備が整ったので、後は録画をするだけです。

 

画面録画アプリを使う

Androidなど画面録画機能がないスマホの場合は外部アプリを使いましょう。検索するといくつか画面録画アプリが出てくるのですが、上記の画像のアプリが使いやすいですよ。ダウンロードしたら最初にやり方を説明してくれるので安心です。

 

PCからではインスタライブを保存できない

インスタはスマホだけでなくPCからでも利用できるのですが、スマホとは違いいくつかの制限があります。

 

PCでできることは写真や動画の閲覧、コメント、フォローなど。残念ながらPCではインスタストーリーの閲覧ができないので、インスタライブ自体を見ることができません。

 

よって、PCからだとインスタライブの保存ができないようになっています。インスタライブを見たい場合も保存したい場合もスマホからが基本です。

 

インスタライブはアーカイブには保存されない

インスタストーリーに投稿した写真や動画は、設定をONにしていればアーカイブに保存されますよね。アーカイブを開けばいつでもストーリーを再度確認できるのです。

インスタストーリーはアーカイブに保存される

 

しかし、インスタライブは配信終了後アーカイブには保存されないので注意しましょう。配信後ストーリーにシェアしてもアーカイブには残らない仕様になっています。

 

インスタライブはハイライトにも追加できない

そのため、ストーリーをアルバムのようにまとめる「ハイライト機能」はインスタライブにも使えないということに。インスタライブはリアルタイム配信であるため、制限が多いようです。

 

インスタライブを保存し忘れたら後から保存できるのか

自分がインスタライブを配信した場合、配信終了後は右上の「保存する」から保存できると解説しました。では、ついうっかり「保存する」をタップするのを忘れてしまった場合、後から保存できるのか気になりますよね。

 

インスタライブはストーリーとは違い、アーカイブには保存されません。よって、「保存する」をタップし忘れたら、さらに24時間のストーリーにシェアもしなかったらそのままライブ動画が消えてしまうということです。

 

レアリティを出したい場合には保存なし、シェアなしという手もアリかもしれませんが、せっかくなら保存したいという人がほとんどでしょう。保存したい場合は右上の「保存する」をタップし忘れたとしても、ストーリーにシェアは確実にやっておきましょう。

 

ストーリーにシェアしておけば24時間いつでもリプレイできます。そのリプレイを先ほど紹介した画面録画の方法で録画すれば、保存し忘れても後から保存が可能です。

 

インスタライブは制限がそれなりにありますが、ユーザーからリアルタイムにもらったコメントに答えるなど使ってみると楽しい機能です。画面録画の方法なら「インスタライブ」ではなく「インスタストーリー」として再投稿もできます。ぜひ使ってみてくださいね。