TiktokのDMの送り方や消し方!送れないときの対処法や写真や動画も送信できる?




Tiktokには利用者同士でコミュニケーションを取れるDM(ダイレクトメッセージ)機能が用意されています。

ですが、DM機能を使ってみたいけど、どの画面からメッセージを送信できる画面に移動できるのかわからない、相手によってメッセージ機能を使うボタンが表示されないということもあるでしょう。

そこで今回は、

  • DMはどうやって使うのか
  • 画像や動画はDMで送ることができるのか
  • 送信したメッセージは削除できるのか

といった、DM機能の基本的な使い方を解説していきます。

TiktokのDM機能でできること

まずは、TiktokのDM機能では一体何が出来るのか順番に見ていきましょう。

ほかの誰にも知られずにこっそりやり取りできる

DM機能

DM機能は動画投稿とは違い、メッセージを送った相手しか、そのメッセージを確認することができません。そのため、不特定多数の誰かに知られることなく、メッセージでやりとりすることが可能です。

DMでTiktok動画コラボの相談をすることもできますので、より面白い動画を作りたいという方は積極的にDMでコンタクトをとってみるといいかもしれません。

動画投稿者とコミュニケーションを取れる

TiktokのDM機能は基本的に誰でも使用することができるほか、フォローされていなくてもメッセージを送れるので、「面白かったです」などのメッセージを直接伝えることも可能です。

一方向フォローの場合はいくつか制約がありますが、ほとんどの方にメッセージを送ることが可能です。

LINEなどを交換できる

LINE交換

TiktokのDM機能を使ってLINE IDを送れるので、そのIDで友だち追加したらLINEなど別のサービスでも繋がれます。

通常の投稿機能を使うとTiktokを利用している世界中の人に見られてしまいますが、DM機能を使えばその必要もありません。

TiktokのDM機能の使い方

それではTiktokのDM機能はどうやって使うのか見ていきましょう

メッセージを送る準備

誰かにDMを送る場合は、送りたい相手をフォローする必要があります。

フォローは、DMでやり取りしたい相手のプロフィールページを開いてフォローボタンを押すだけです。

フォロー方法

フォローボタンを押すと[メッセージ]というボタンが表示されますが、これこそがDM機能です。

メッセージ方法

このボタンを押すとDM画面が表示されます。

メッセージの送信

メッセージの送信は、LINEやカカオトークなどのSNSでメッセージを送る時と同じように、メッセージを送信できます。

メッセージの送り方

自分が送信したメッセージは右側に、相手から送られてきたメッセージは左側に表示されます。

送信されたメッセージ

送信したメッセージの削除(消し方)

送信したメッセージを間違えていた、送る相手を間違えていた、などの理由で送信済みメッセージを削除したいときがあるでしょう。

そういうときは以下の手順でメッセージを削除します。

削除したい送信済みメッセージをタップし続けます。タップし続けるとメニュー項目が表示されますので[削除]を選択してください。

メッセージの削除方法

メッセージを削除しても、相手がプッシュ通知を有効化している場合、プッシュ通知に削除済みメッセージが表示されて見られてしまうことがあるので、出来る限り送信ミスは起こさないようにしてください。

LINE交換のやり方

TiktokのDM機能でLINE IDを送れば、LINE交換することもできます。

TiktokのDM機能は画像や動画を送信できないため友達追加用のQRコードを送ることはできませんが、IDならテキストで送れますので問題ありません。

LINE IDは自分のプロフィール詳細の下の方に記載されています。

LINE IDの確認

TiktokでLINE交換する場合はこのIDを使用してください。

ちなみにIDでLINE交換する場合、LINE側で年齢確認を済ませておく必要があるのと「IDによる友達追加を許可」の設定を有効化しておく必要があるので注意してください。

TiktokのDM機能の注意点

注意点

TiktokのDM機能は別途LINE交換やTwitterなどで繋がらなくても直接メッセージを送ることができますが、いくつか注意しなければならないポイントもあります

相互フォローでない場合は1日に3メッセージまで

相手からフォローされていない状態(片思い状態)の場合、1日に送れるメッセージは3通までと決まっています。

3通以上送りたい場合は相手にフォローを返してもらって相互フォロー状態になる必要があるので注意しましょう。

DM制限をしている相手には送れない

DMを送れないときの画面

Tiktokの標準設定では、誰からのDMも受け取れる設定になっていますが、個別にプライバシー設定を変更してDMを受け取れる設定を厳格化している場合は片思い(相互フォローてない状態)だとメッセージを送信できないことがあります。

また、DM設定を完全に無効化している(設定オフ・ペアレンタルコントロール設定無効化されている)ユーザに対しては、相互フォローであっても一切DMを送信することができません。

写真や動画は送れる?(送り方)

TiktokのDM機能は、あくまでメッセージのやりとりに特化した機能であり、写真や動画などのメディアファイルは送信することできません

どうしても写真や動画などのメディアファイルを共有したい場合は、動画や写真を共有できるサービスに投稿したもののURLを送ったり、LINEで繋がったあとLINE側で写真や動画を送信すると良いでしょう。

このように「写真や動画はTiktok以外のサービス・ツールを使う」ようにすれば簡単に写真で動画をシェアできます。

プライバシーに係わる個人情報は送信しない

プライバシー

実際に会って遊ぶ友達同士など、お互いの顔や住所などのプライバシーに関わることを知っている相手であれば問題ありませんが、そうでない場合はプライバシーに関わる個人情報(学校名や住所など)は絶対に送信しないようにしましょう。

もし、相手からそういったプライバシーに関わることを聞かれても絶対に答えないようにしてください。

DMで仲良くして油断させて、プライバシーに関わる質問をし、そのことが原因でトラブル(ストーカー・誘拐など)が発生してしまう可能性もあるので注意しましょう。

まとめ

TiktokのDM機能は便利ですがトラブルに巻き込まれるきっかけにもなりやすい機能でもあります。

ですので、DMでやり取りする際は安易に住んでいる場所を教えないようにしましょう。県名や市名も教えてはいけません。その情報とGoogle Mapなどを使って撮影場所・住所が特定される可能性があります。

知っている方とやり取りする分にはとても便利ですので、しっかり使い方を理解してメッセージでやりとりすると良いでしょう。