ティックトックで通報する方法!通報したらどうなる?相手にバレる?




TikTok(ティックトック)は誰もが思い思いの動画を撮影して、気軽に投稿できるアプリです。

自由な動画投稿ができる一方で「不適切な内容」や「誹謗中傷」など、ユーザーの気分を害すようなコンテンツや投稿内容に対して「通報する」という機能が備わっています。

通報すると内容をサービス提供側が確認し、さまざまな対処を行います。

今回はTikTok(ティックトック)で通報をする方法について解説していきます。

「通報されたらどうなるのか」「通報すると相手にバレる?」など気になる疑問にも詳しく答えていきます。

TikTok(ティックトック)で通報する方法を紹介

TikTokで不適切な投稿などに対して通報をする方法を解説しています。

通報する対象は主に3つです。

  • 動画コンテンツ
  • 動画に投稿されたコメント
  • ユーザーアカウント

それぞれの通報方法について詳しく見ていきましょう。

動画を通報する

TikTokに投稿された動画が不適切な内容または他者を誹謗中傷するような内容だった場合に通報を行います。

まず、通報する動画を表示し右側にある「シェア」ボタンをタップします。

「シェア」をタップする

シェア内にある「報告する」をタップしてください。

「報告する」をタップ

通報理由を選択します。

通報理由を選択する

通報した理由やそれに該当するシーンの画像を添付して「提出」をタップします。

通報理由の説明、画像を添付し「提出」をタップする

これで投稿された動画に対する通報が完了します。

動画のコメントを通報する

投稿した/された動画内でのコメントに不適切なものがあった場合に通報を行います。

投稿者への侮辱やセクハラ、ストーカー紛いのような悪意のあるコメントなどが考えられます。

まず、不適切なコメントが投稿された動画を表示し、右側にある「•••」をタップしてください。

「•••」をタップする

投稿されたコメント一覧が表示されるので、通報するコメントを長押しタップします。

通報するコメントを長押しタップ

表示された画面から「報告する」をタップします。

「報告する」をタップ

通報理由を選択し、通報理由の説明やそれに該当する画像を添付して「提出」をタップすれば通報が完了します。

通報理由を選択する

通報理由の説明、画像を添付し「提出」をタップする

コメントへの通報は投稿者本人だけでなく視聴者側からも行えます。

アカウントを通報する

不適切な内容の投稿が続いていたり、プロフィールなどに不適切な内容が書かれていた場合には、ユーザーアカウント自体を通報することができます。

まず、通報するユーザーのアカウントページを開いてください。

画面右上にある「•••」をタップします。

「•••」をタップする

「報告する」をタップします。

「報告する」をタップ

通報理由を選択し、詳しい説明と該当する画像を添付して「提出」をタップすれば通報完了です。

通報理由を選択する

通報理由の説明、画像を添付し「提出」をタップする

通報したらどうなる?

TikTokで動画やコメント、アカウントの通報を行うとアプリ上に「フィードバックありがとうございます」という表示が出てきます。

通報後の表示

通報内容はTikTokの運営側が受け取り、確認を行ってから適切な処置を取ります。

例えば、通報のあった動画やコメントの削除や注意喚起、悪質な場合にはアカウントの停止するといった対処を行います。

どういったときに通報すればいい?

TikTokでは、どのような動画やコメントなどに対して不適切であるかどうかの基準を持っているのでしょうか。

最終的な判断はサービス運営側が行うとしても、ある程度基準があった方が通報するかどうかの判断がしやすいですよね。

ここでは、TikTok内でどのような動画やコメント、ユーザーアカウントを見かけた際に通報を行うべきかについて解説していきます。

通報すべき動画の基準

TikTokでは動画とコメントに対して通報する基準として以下のような理由を設けています。

  • 危険な人物および団体
  • 違法な活動および規制された物品
  • 暴力的または衝撃的なコンテンツ
  • 動物虐待
  • 自殺または自傷行為
  • 差別発言
  • 嫌がらせ・いじめ
  • ポルノ・裸体
  • 未成年者の安全
  • 迷惑メッセージ
  • 知的所有財産権の侵害
  • その他

これらに該当する投稿を見かけた際に通報を行ってください。

また、ユーザーアカウントに対しての通報には以下のような理由を設けています。

  • なりすまし
  • 不適切なコンテンツを投稿している
  • アカウント情報が不正
  • その他

こういった基準があるので参考にしてみてください。

例:動画の無断転載は「知的所有財産権の侵害」

TikTokでよくあるトラブルに自分の投稿した動画を無断で転載されてしまったという問題です。

こちらは先ほどの通報理由の中で「知的所有財産権の侵害」に該当します。

知的所有財産権の侵害

これは逆に自分が他人の動画を無断転載した場合も通報されるリスクがあるということです。

無断転載を行うと通報によってアカウントが停止させられるだけでなく、裁判沙汰に発展する可能性も考えられます。

TikTok(ティックトック)で通報されたらどうなる?

自分の投稿した動画やコメント、アカウント情報に対して通報があった場合はどうなるのでしょうか。

まず通報内容をTikTok側が確認し、該当する投稿の削除などの注意喚起がなされます。

注意喚起を無視したり、度を越して悪質なケースの場合にはアカウントが停止または削除されるといった対応がなされます。

アカウントが削除されると投稿した動画やフォロー/フォロワーなどの情報が全て削除されてしまいます。

TikTokを利用する際には、通報されてアカウントが削除されてしまわないようにルールとマナーを守って楽しみましょう。

TikTok(ティックトック)で通報したら相手にバレる?

TikTok内で通報を行う際に気になるのが「通報したら相手にバレるか?」という問題です。

知らない他人を通報して逆恨みされたり、知り合いを通報してケンカになったりなどトラブルに発展する可能性も考えられるのでハッキリさせておきたいですよね。

通報しても誰がしたかは通知されない

TikTokでは誰が通報したのかは通知されません。

あくまで不特定のユーザーから「通報」があり、該当するコンテンツや削除依頼などのメッセージが相手に届くのみです。

なので、通報しても相手にバレることはないので安心してください。

間違えて通報したとしても大丈夫

動画やコメントに対して間違って通報してしまったとしても大丈夫です。

基本的には通報内容をTikTok側が確認した上で対応をするため、通報内容が妥当でなければ何も起きません。

TikTok(ティックトック)で不適切な内容を見かけたら通報しよう

TikTokの「通報のやり方」「通報の基準」「通報は相手にバレるのか」などについて解説していきました。

TikTokを見ていると楽しい動画に溢れている一方で不適切なコンテンツも散見されます。

そういった動画や他者を傷つけるようなコメントを見かけたら通報しておきましょう。

最終的な判断はTikTok側が行うのでユーザーとしては不快だなと感じた場合に遠慮なく通報するのがいいでしょう。