LINEのQRコードの更新方法を解説!回数制限や有効期限はある?




友人のアカウントを友だち追加する際に「QRコード」を利用している方も多いでしょう。

スマホカメラで読み取るだけで簡単に友だち追加ができる「QRコード」ですが、実は自分の「QRコード」を更新できることを知っていますか。

QRコードが更新できれば特定の人以外にLINEアカウントを知られることもないため安心です。

今回はLINEのQRコードの「更新」について解説していきます。

LINEで友達追加用のQRコードを表示する方法

まず、LINEで自分のQRコードを表示させる方法をおさらいしておきます。

LINEホーム画面右上の「⚙」マークをタップします。

「⚙」マークをタップ

次に「プロフィール」をタップします。

「プロフィール」をタップ

「QRコード」をタップするとマイQRコードが表示されます。

「QRコード」をタップ

「マイQRコード」を表示

LINEのQRコードを送る方法は?

LINEのマイQRコードを使って相手に友だち追加してもらうには、QRコードを読み取ってもらいます。

QRコードを送るにはどのような方法があるのか見ていきましょう

QRコード画面を見せる

最もシンプルなのがQRコードを表示させたスマホ画面を相手に見せるという方法です。

目の前にいる相手にQRコードを見せて、読み取ってもらいましょう。

メールやSMS、SNSなどのアプリを使って送る

目の前に相手がいない場合にはQRコードをメールやSMS、SNSといったアプリを利用して送ります。

マイQRコードを表示させた画面の中央下部にある「シェア」マークをタップし、利用するアプリを選んで送信します。

「シェア」をタップ

「他のアプリ」をタップするとQRコードの送信に利用できるアプリの一覧が表示されるので、お好きな方法を選んで相手に送ってみましょう。

「他のアプリ」をタップ

QRコードの画像を保存して送る

マイQRコードを画像としてスマホに保存して送るという方法もあります。

QRコードを表示させた画面の右側下部にある「ダウンロード」マークをタップして保存します。

「ダウンロード」をタップ

スマホの画像フォルダ内にマイQRコードが保存されているので、メールなどお好きな方法で相手に送ってください。

LINEのQRコードを更新する方法

スマホカメラで読み取るだけで友だち追加ができるLINEのQRコードですが、簡単な反面知らない人に使われるというリスクもあります。

SNSなどで不用意にQRコードを公開してしまうと不特定多数のユーザーに自分のアカウントが知られてしまいます。

そのようなリスクを防ぐためにLINEのQRコードでは「更新」という機能が備わっています。

マイQRコードを「更新」して、過去のものを無効にできるためアカウントの流出を未然に防げます。

QRコードの更新方法はマイQRコード画面の左側下部にある「更新」マークをタップすることで行います。

QRコードの更新

それまで使用していたQRコードとは異なる新しいQRコードが自分のアカウントと紐づきます

心配な人はQRコードで相手に友だち追加してもらった直後に更新しておくと特定の人以外に知られる可能性を低くできるでしょう。

また、QRコードの更新に関する細かい部分についても把握しておきましょう。

LINEのQRコード更新に回数制限はない

LINEのQRコード更新に回数制限は設けられていません。

試しに「更新」マークを何度もタップしてみればわかるのですが、何度押しても更新は可能です。

更新の回数制限はない

心配な人はこまめに更新しておきましょう。

LINEのQRコードには有効期限はない

LINEのQRコードには「日数」や「時間」などで定められた有効期限は設けられていません。

言うなれば「更新」するまでがそのQRコードの有効期限です。

有効期限は更新するまで

言い換えれば、更新するまでQRコードは有効になっているので、長期的に変更していないのは流出のリスクも考えられるためこまめな更新をおすすめします。

LINEのQRコードが読み取れない場合は更新されている可能性が高い

相手からメールなどで送られたQRコードを読み取る際に、「有効なQRコードではありません」というエラーメッセージが表示されることがあります。

この場合、自分がQRコードを読み取る前に相手がQRコードを更新してしまっている可能性が高いので、再度新しいQRコードを送ってもらうようにしましょう。

「LINE ID」と「QRコード」どっちが安全?

LINEで電話番号以外の情報で友だち追加をするには「QRコード」の他に「LINE ID」があります。

どちらも友だち追加をするための機能という意味では同じですが、LINEを使う上で安全なのはどちらでしょうか。

ここではLINEを利用する上で「QRコード」と「LINE ID」の安全度を比較していきます。

「LINE ID」は変更できないが、「QRコード」は更新できる

特徴的な違いとしては「QRコードは更新できる」のに対して「LINE IDは変更できない」という点が挙げられます。

更新することで特定の人以外に知られるリスクがないQRコードに対して、LINE IDは一度決めたものを変更できないため不特定多数に知られる可能性が高いです。

QRコードは更新できる

例えば、マッチングアプリなどで知らない人とコミュニケーションをとって「LINE交換をしよう」という話になった際、教えるべきは「LINE ID」ではなく「QRコード」です。

ネット上で知らない人とLINEで繋がろうとした際に、いつでも退避できる状態をキープしなければなりません。

SNSでLINEアカウントを公開するときなども同じですが、そういった面でのリスクはQRコードの方が低いといえるでしょう。

LINEのQRコードは許可設定で友達追加を防げない

ただQRコードにも弱点があります。

LINE IDでは、ID検索からの友だち追加をさせないようにする設定が行えます。

「LINE ID検索」をOFFにする

しかし、QRコードからの友だち追加を設定によってブロックすることはできません。

そのため適宜QRコードを更新するのが重要となります。

QRコードには一定の有効期限が定められているわけではないので、必要以上に拡散しないためにも細かく更新をしておきましょう。

結論としてはQRコードの方が安全

LINE IDとQRコードの安全性については「更新できる」という特徴からQRコードの方が安全といえます。

安全だからと言って不用意にSNSなどで公開したり、ネット上で知り合った相手に無警戒に送るのは控えた方がいいでしょう。

ただ、問題が生じた時にいつでも更新ができるためリスクを最小限に抑えられます。

LINEのQRコードが更新できないバグが起きたらどうすればいい?

バージョンアップやアップグレードなどの際に「QRコードが更新できない」というバグが発生することがあるようです。

そういった際には、スマホやアプリの不具合でもあるため、「端末の再起動」「LINEアプリを強制終了→再起動」といった操作を行ってみてください。

アプリを強制終了する

LINEのQRコードは定期的に更新して不用意に知られないようにしよう

QRコードによる友だち追加は便利な機能である一方で不特定多数にLINEアカウントを知られないためにも定期的な更新が必要です。

LINEを安全に利用するためにも更新方法をきちんと覚えておきましょう。

また、安全性を考慮すればLINE IDよりもQRコードの方がリスクが低いのでおすすめです。