LINEノートの使い方!どんな機能?活用テクニックはある?




LINEのノート機能はトーク内でテキストを保存したり、アルバムを作成したりできる機能です。

また、アンケートを作成して投票ができるなど、使い方を覚えることで便利に活用することができます。

ここでは、ノートの使い方やQ&Aについて詳しく解説します。

LINEの「ノート」はどんな機能?

LINEの仕様上、トークが続くとテキストが埋もれてしまいますが、LINEのノート機能を活用することでテキストや画像を保存することができます。

ノート機能の最大の特徴は、トークルーム内の友だち同士と保存したデータの共有ができることです。

また、位置情報を共有することもできるため、幅広い使い方をすることができます。

コメントやいいねができる

ノートではコメント(テキストやスタンプ)といいねを残すことができます。

例として予定に関するノートにコメントを残してみます。

コメントやいいねができる

トークルームからノートを開いてコメントをすることもできますが、自分と共有した友だちのタイムラインにもノートが表示されるため、タイムラインからコメントをおこなうことも可能です。

リレー機能で友だちと写真・動画のアルバムがつくれる

リレー機能はリレーのように友だちとテキストや写真・動画を投稿してアルバムを作成できる機能です。

友だちと行ったイベントや行事の写真などを簡単に共有することができます。

LINEの「ノート」の各機能の使い方

ノートではトーク画面からノートを投稿したり、カメラやリレー機能から投稿したり、さまざまな方法で投稿をおこなうことが可能です。

それぞれの投稿方法について詳しく解説します。

トーク画面からノートを投稿する方法

トーク画面から投稿をおこなうことが可能です。

トークからノートに投稿する場合は、まず投稿したいテキストを長押しします。

テキストを長押し

次に「ノート」をタップします。

ノートに追加するテキストや画像は複数選択することができます。

ノートをタップ

画面右下の「ノート」をタップ。

右下のノートをタップ

画面右上の「投稿」をタップして投稿完了です。

投稿をタップで完了

また、ノート画面でテキストを一から作成したり、画像や動画を挿入したりして投稿することもできます。

ノート画面から投稿する場合は、トーク画面右上にあるメニューを選択し「ノート」をタップします。

メニューを選択

ノートをタップ

画面右下の「+」ボタンをタップし、「投稿」をタップ。

投稿を選択

テキストや画像を挿入し、右上の「投稿」をタップすれば完了です。

投稿をタップで完了

カメラからノートを投稿する方法

スマートフォンに保存されている画像や動画だけでなく、その場で撮影したデータを即座に投稿することが可能です。

カメラからノートに投稿する場合は、まずノート画面右下の「+」ボタンから「カメラ」を選択します。

カメラを選択

続いて赤枠で囲んである写真・動画・GIFなど任意のメニューを選択し、撮影ボタンをタップ。

メニューを選んで撮影

画面右下のボタンをタップ。

ボタンをタップ

最後に右上の「投稿」をタップして完了です。

撮影したデータのほかにテキストを追加することもできます。

投稿をタップで完了

ノート画面からリレー機能を使用する方法

冒頭でも触れた通り、リレー機能は友だちとテキストや写真・動画を共同で投稿することができます。

リレー機能を使用する場合はノート画面を開き、右下の「+」ボタンから「リレー」を選択します。

リレーを選択

一からリレーを作成する場合は、トピック(タイトル)を入力します。

トピックを入力

画面中央にある「+」をタップし、カメラ・写真/動画・テキストカードから任意のメニューを選択します。

メニュー選択画面

画面右上の「追加」をタップ。

追加する前にテキストを入力することも可能です。

追加をタップ

最後に「投稿」をタップして完了です。

今回は例としてトピックを「アルバム」という名称にしてみました。

トピック名と選択した画像が表示されています。

投稿をタップで完了

LINEの「ノート」の活用テクニック

上記で解説した投稿方法だけでも十分に便利なLINEのノート機能ですが、活用テクニックを知ることで、より便利にノートを使用することができます。

LINEのノート機能で活用できる便利なテクニックをいくつか解説します。

ノート上にアンケートを作成する方法

ノートではアンケートを作成することができますが、先ほどの投稿方法とは異なりノート画面から作成することはできません。

アンケートはトーク画面から操作をおこなうことで作成することが可能です。

アンケートを作成する場合は、まずトーク画面左下にある「+」をタップします。

+をタップ

次に「投票」をタップ。

投票をタップ

緑色のボタンで表示されている投票を作成をタップ。

過去に作成したことがある場合は右下にある「+」をタップします。

投票を作成

+をタップ

アンケートはテキスト、または日付で作成することができます。

テキストと日付

質問内容やメニューを選択したら「完了」をタップ。

例として「食べたいもの」に関するアンケートを作成してみます。

今回は「ラーメン」と「うどん」の2択ですが、更に選択肢を追加することも可能です。

完了をタップ

作成が完了すると、下記のような画面が表示されます。

アンケート作成完了画面

以上でアンケートの作成は完了です。

作成されたアンケートはLINE ノートから投票!

作成されたアンケートはノートに投稿されます。

作成されたアンケート

また、トーク画面やタイムラインにも表示されるため、それぞれから投票することも可能です。

投票する場合は、まず投稿されたアンケートをタップし、アンケート画面を表示します。

その後、投票したい方を選択したら、画面下部の「投票」をタップすることで投票は完了です。

画像では「ラーメン」を選択した状態になっています。

選択して完了

投稿されたノートは検索が可能

ノートがたくさん投稿されている場合は、目的のノートを見つけるのも一苦労です。

しかし、ノートには検索機能が備わっているため、簡単に目的のノートを探すことができます。

検索はノート画面上部の検索窓からおこなうことが可能です。

LINEの「ノート」機能のQ&A

LINEのノート機能で挙げられるQ&A4つピックアップしました。

ノートに関する疑問点がある方は参考までにご覧ください。

共同編集をおこなう方法はある?できない場合の対処法は?

残念ながら共同編集をおこなう方法はありません。

しかし、コメントを残すことができるため、使い方次第では共同編集のような活用方法もできるでしょう。

また、リレー機能は共同でアルバムを作成する機能となっているため、こちらに関してはデフォルトで共同編集をおこなうことができるようになっています。

ノートは公開範囲を設定できる?

ノートは公開範囲を設定することができず、ノートを作成したトーク・グループトーク内のメンバーにのみ公開されます。

投稿のタイミングでタイムラインにも表示されますが、タイムラインでの公開範囲もグループ・グループトーク内のメンバーのみとなっています。

公開範囲は作成時に表示される

公開範囲を設定したい場合は、ノートではなくタイムラインからの投稿を活用すると良いでしょう。

PDFファイルは投稿できる?

LINEのKeep機能を活用することで、ノートにPDFファイルを投稿することができますが、ノートの標準機能にPDFファイルを投稿できる機能は備わっていません。

また、テキストファイルやWord・Excelファイルなど、画像・動画以外のファイルは投稿できない仕様になっています。

ノートが表示されない場合の対処法は?

ノートが表示されない原因として、2つのケースが考えられます。

1つ目が、既にグループトークから退出させられている場合です。

ノートの公開範囲はトーク・グループトーク内のメンバーのみとなっているため、グループに在籍していない場合はノートが表示されません。

2つ目が、グループトークではなく複数人トークを使用している場合です。

LINEにはグループトークに似た機能として、複数人トークという機能が存在しています。

複数人トークでは、ノートを作成することができない仕様になっています。

複数人トークの特徴として、グループ名が表示されず、参加しているメンバーの名前が表示されるため、トークの名称で見分けることが可能です。

上記のいずれにも当てはまらない場合は、不具合が発生している可能性があるため、LINEに直接問い合わせてみることをおすすめします。

 

LINEのノート機能の使い方やQ&Aを紹介しました。

ノートを活用することでLINEをより一層便利に活用することができるので、これを機に使い始めてみてはいかがでしょうか。