インスタグラムに登録できない原因と対処法まとめ!ユーザーネームの登録エラーも




「インスタグラムを始めたいのに登録できない」「変なエラーが表示されて先に進めない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、インスタグラムに登録できない原因と対処法について解説します。

「ユーザーネームを登録できない」「『何らかのエラーが発生しました(不明なネットワークエラー)』ってなに?」という方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

インスタの「登録がブロックされています」はアカウントの作りすぎが原因

インスタグラムで「登録がブロックされています」と表示される主な原因は、ずばり「新規アカウントの作りすぎ」にあります。

どのSNSでも言えることですが、あまりにアカウントを作りすぎると、運営側がスパム(BOT・なりすまし)対策で不正なアカウントとみなし、新規アカウントの作成が制限されることも。

つまり、既にたくさんのアカウントを所持している方は、一度使わないアカウントを削除してみると良いでしょう。

アカウントごとに『メールアドレス』『電話番号』を使い分ける

インスタグラムで1個以上アカウントを作成する場合は、それぞれ別の「メールアドレス」「電話番号」を登録することで、運営側のスパム対策をある程度回避できます。

  • 1つ目の主要アカウントは電話番号を登録する
  • 2つ目の趣味アカウントはメールアドレスを登録する
  • 3つ目以降はメールアドレスで都度作成し登録する

アカウント登録に使うメールアドレスですが、携帯のキャリアメールの他に『Gmaill』などのフリーメールでも代用可能です。

登録時に『Facebook』のアカウント情報でログインする

既に『Facebook』のアカウントを持っている方は、そちらでインスタグラムに登録することもできます。

「電話番号やメールアドレスを登録するのが不安」という方は、一度『Facebook』でのログインも試してみてください。

インスタグラム(WEB)で登録してみる

スマートフォンのアプリからインスタグラムに登録できない場合は、WEBから登録してみるのもオススメです。

電話番号かメールアドレスを入力して『次へ』をタップ

インスタグラム(WEB)を開いたら、携帯の電話番号かメールアドレスを入力して『次へ』をタップします。

名前(ユーザーネーム)とパスワードを入力して『次へ』をタップ

氏名とパスワードを入力して『次へ』をタップ。

ここでの氏名とは、アカウントのユーザーネームを指します。

アカウントの作成完了後、『次へ』をタップ

これでインスタグラムのアカウント作成は終了です。

『次へ』をタップするとfacebookや連絡先とリンクするか問われるので、お好みに合わせて選択しておきましょう。

インターネット接続が原因で登録エラーがおきることも

不安定なインターネット接続状況が原因でインスタに登録できない場合は、端末の接続状況を一度リセットしてみましょう。

以下で「Wi-Fiに繋いでインスタグラムを利用している場合の再接続」について解説します。

設定画面から『Wi-Fi』をタップ

ホーム画面の『設定』から設定画面を開き『Wi-Fi』の項目をタップします。

Wi-Fi接続を確認してからトグルスイッチを切り替える

Wi-Fi接続画面を開いたらまずは接続状態を確認して、トグルスイッチをオフ→オンにして再接続しましょう。

各キャリアの回線を利用している場合は、電波の届く場所でもう一度インスタグラムを起動してみてください。

(上記はiPhone端末を使用していますが、Android端末でも基本的に方法は同じです)

Wi-Fi接続からキャリア接続に切り替える

「Wi-Fi接続の調子が悪くてネットワークエラーが直らない!」という場合は、キャリア回線(4G・LTE)に切り替えてみましょう。

状況によりますが、ポケットWi-Fi等に比べて驚きの速さでインスタグラムのデータを読み込めます。

ユーザーネームを登録できない!エラーが起きる2つの原因

「なぜかユーザー名が登録できない」といった場合に考えられる原因は、大きく分けて2つあります。

どちらも初歩的なものなので、この機会に対処法を覚えておきましょう。

ユーザー名は半角英数字・アンダーバー・ピリオドしか使えない

基本的にユーザー名に使用できるのは、「半角英数字」「アンダーライン」「ピリオド」のみとなっています。

「※」「+」といった特殊記号は使えないので、これらをユーザー名に入力してもエラー扱いとなり設定できません。

必ず上記のユーザー名に使用可能な文字を組み合わせて設定しましょう。

また、文末にピリオドを付けるのもエラーとみなされるので注意してください。

同じユーザー名は使えない

既に他の人に使われているユーザーネームは、新たに使用することはできません。その際は違うユーザーネームを入力すればOKです。

しかし、「このユーザー名じゃないとイヤ!」という方もいるでしょう。

そんな時は、ユーザー名の末尾に数字を足してみると設定できる場合があります。

「思い入れがあるからこのユーザー名を使いたい」という方もぜひ試してみてくださいね。

「何らかのエラーが発生しました(不明なネットワークエラー)」が起きる原因と対処法

「インスタに登録できたけど変なエラーが出て使えない!」という方は、以下の原因に心当たりはありませんか?

  • ネットワークの接続が不安定
  • 端末(スマートフォンやPC)の挙動が不安定
  • 公式アプリのバグ

エラーの原因は殆どが簡単に対処できるものとなっており、解決法が分かれば次にエラーが発生した時にも役立ちますよ。

インスタグラムのアプリを再起動する

インスタグラムのアプリが固まった場合は、一度アプリを再起動してみましょう。

「再起動を何回も試したけど直らない!」、そんな時はアプリを再インストールしてみるのもオススメです。

アプリを削除しても、アカウントにログインさえすればデータは残ったままなので心配はありません。

ログイン画面で「ユーザーネーム」と「パスワード」を入力

インスタグラムのアプリを再インストールして起動後、ログイン画面で「ユーザーネーム(メールアドレス)」「パスワード」を入力します。

入力したら『ログイン』をタップして完了

入力が完了したら、『ログイン』をタップすれば元のアカウントが使えるようになります。

また、Facebookのアカウント情報でもログインできるので、連携しているユーザーは覚えておくと役立ちますよ。

メモリを解放して端末の挙動を改善する

そもそも端末の挙動が重く、アプリを開いても強制終了してしまう場合は、不要なデータによって内部メモリの圧迫が考えられます。

(以下iPhoneの手順になりますがAndroid端末でも基本操作は同じです)

設定から『一般』をタップ

ホーム画面から『設定』を開いたら、設定画面で『一般』をタップします。

一般設定から『ストレージとiCloudの使用状況』をタップ

一般設定から『ストレージとiCloudの使用状況』をタップします。

『ストレージを管理』をタップ

使用済みと使用可能なストレージ量を確認したら『ストレージを管理』をタップします。

ストレージ管理画面で不要なアプリやデータを削除する

ストレージ管理画面では、端末にインストールされているアプリの使用データが列挙されています。

使用可能なデータ量が残り少なくなっている場合は、ここで不要なアプリを削除しておきましょう。

アプリ以外に写真や動画データもストレージを圧迫するので、いらない写真を削除するだけでも数百MBは確保できますよ。