インスタでアカウント削除できない原因と対処法まとめ!アカウント一時停止も




「インスタのアカウントを削除できない」「パスワードを忘れてアカウント削除が不可能」とお困りの方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、インスタグラムでアカウントを削除できない原因と対処法について解説します。

「スマホのアプリからアカウントって削除できないの?」「アカウント削除とログアウトの違いは?」という方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

インスタグラムを退会できない原因と対処法

インスタグラムのアカウントを削除して退会できない主な原因は以下の通りです。

  • アカウント削除とログアウトを勘違いしている
  • インスタグラム(アプリ)からアカウント削除を試みている
  • パスワードを忘れてアカウントを削除できない

どの原因も殆どが簡単に対処できるものなので、心当たりがある方は下記の対処法を試してみましょう

アカウント削除とログアウトは全くの別物

インスタグラムのおける「ログアウト」は単なるアカウント切り替え機能です。

「インスタグラムを完全にやめたい」場合は、WEB版のインスタグラムにアクセスしてアカウントの削除手続きを進めましょう。

アカウント削除はインスタグラム(WEB)から行う

インスタグラムのアカウント削除は、スマートフォンのアプリではなくWEB版から手続きを行います。

まずは下記のリンクからアカウント削除ページを開きましょう。

インスタグラム-アカウント削除ページ

削除したいアカウントのユーザーネームとパスワードを入力

次に、削除したいアカウントのユーザーネームパスワードを入力します(ユーザーネーム以外にも、登録したメールアドレスや電話番号でもOK)。

『アカウントを削除する理由』をタップし当てはまるものを選択

入力が完了すると、『アカウントを削除する理由』について問われるので、当てはまるものを選択します。

(既にWEB版のインスタグラムへログインしている場合は、ユーザーネームやパスワードの入力は必要なく、自動的に理由選択ページへ移動します)

再度パスワード入力後、『アカウントを完全に削除』をタップ

『アカウントを削除する理由』を選択後、再度パスワードの入力が求められます。最後に画面下の『アカウントを完全に削除』をタップして完了です。

パスワードを忘れてもアカウントは削除できる

「インスタグラムのパスワードを忘れたからアカウントを削除できない!」という方も安心してください。

パスワードリセットを行い新しくパスワードを設定すれば問題ありません。

『パスワードを忘れた場合』をタップ

web版のインスタグラムのログインページで、『パスワードを忘れた場合』をタップします(画像は英語表記ですがタップする場所は同じです)。

メールアドレス等を入力し『I’m not a robot』にチェックを入れ『Reset Password』をタップ

メールアドレスorユーザーネームを入力し、下の『I’m not a robot』の部分にチェックを入れて『Reset Password』をタップします。

届いたメールを開き『Reset Password』をタップ

登録してあるメールアドレスにパスワードリセットのメールが届くので、『Reset Password』リンクをタップします。

新しいパスワードを入力し『パスワードをリセット』をタップ

開いたページで新しいパスワードを2回入力し、『パスワードをリセット』をタップ。

新しく設定されたパスワードでweb版インスタグラムにログインし、上記のアカウント削除方法を試してください。

インスタでアカウントを一時停止する方法

インスタグラムでは、アカウントを削除して退会するほかに、アカウントを一時的に停止させることも可能です。

この「アカウント削除」と「一時停止」の決定的な違いは、「後からデータを復旧できるか否か」にあります。

アカウントの削除アカウントの一時停止
各種データ完全に消えるインスタグラムのサーバーに残る
アカウントの復活不可能再ログインで利用可能
ユーザーネームの再利用不可能再ログインで利用可能

「写真もアカウントも完全に消したい!」という場合はアカウント削除。

「とりあえず写真やプロフィールを隠したい」という場合はアカウントの一時停止がオススメです。

どちらも他のユーザーには表示されないので安心してくださいね。

アカウントの一時停止はインスタグラム(WEB)から

まずは、下記のリンクからアカウント一時停止ページを開いてください。

インスタグラム-アカウント一時停止ページ

『アカウントを一時停止する理由』を選択→『パスワード』を入力→『アカウントの一時的な停止』をタップ

ページを開いたら、『アカウントを一時停止する理由』を選択し、パスワードを入力。最後に『アカウントの一時的な停止』をタップすれば終了です。

画像は英語表記となっていますが、日本語版でも同じなので特に問題ありません。

アカウントを一時停止させた場合の見え方

一時停止したアカウントは他ユーザーから見られなくなり、ユーザー検索にも表示されなくなります。

アカウントを再度利用したい場合は、インスタグラム公式アプリ(WEBでも可)を開き、ユーザーネームとパスワードを入力すれば、今まで通りアカウントを使えるようになります。

インスタグラムの写真は後から削除できる

アカウント削除の理由が「投稿した写真を消したい!」だけの場合、アカウントを消さずとも写真そのものを削除するのも手です。

削除したい写真を開き『設定』アイコンをタップ

まず、プロフィール画面で削除したい写真を選び、右上の『設定』アイコンをタップします。

赤字の『削除する』をタップ

各リストが表示されるので、赤字の『削除する』をタップしましょう。

これで投稿した写真の削除は完了です。

「写真を見られたくないけど消すのはちょっと……」と抵抗がある場合は、アーカイブ機能を使って一時的に非公開にすることもできます。

非公開にしたい写真で『設定』アイコンをタップ

まずは非公開にしたい写真を表示させて、右上の『設定』アイコンをタップしましょう。

『アーカイブに移動』をタップして写真を非公開に

そして、『アーカイブに移動』をタップします。次に、アーカイブの投稿写真を再びホーム画面に表示させる方法を説明します。

ホーム画面右上の『設定』アイコンをタップ

ホーム画面右上の時計アイコンをタップします。

ホーム画面に戻したい写真をタップ

次に、アーカイブからホーム画面へ戻したい写真をタップします。

『設定』アイコンをタップ→『プロフィールに表示』をタップ

写真右上の『設定』アイコンをタップし、『プロフィールに表示』をタップしましょう。

これで、再度ホーム画面へ写真が表示されるようになります。