【インスタ】広告アクティビティとは?確認方法・使い方を解説




インスタグラムは世界中の人と繋がれるSNSツールとしてだけでなく、若い世代を中心に利用者が多く、目に止まりやすいことから、企業側のプロモーションツールとしても利用されることがあります。

例えば企業のインスタアカウントを作って商品の紹介やユーザーとの交流、マーケティングに利用できます。さらに、インスタ内のストーリーやタイムラインにさりげなく混じる広告を出稿することも可能!

 

では、ユーザー目線でこれらの広告はどう見られているのでしょうか?

通常、広告は邪魔になる場所に表示されて嫌われることが多いのですが、インスタの広告はストーリーやタイムラインに自然に溶け込んでいるため、あまり邪魔に思われません。不要な場合はそのまま次にスクロールしてしまえばいいのです。

しかし、たまに「あの広告なんだっけ?もう一度見たいな」というときもありますよね。

今回は、そんなときに利用できる機能「広告アクティビティ」について解説します!

 

インスタの「広告アクティビティ」とは?

まず、インスタの「広告アクティビティ」とはどんな機能なのでしょうか?広告アクティビティの開き方と特徴について解説します。

 

最初に開き方です。

「三」アイコンをタップ→「設定」をタップ

インスタアプリを開いたら、自分のプロフィール画面に移動します。右上の「三」アイコンをタップするか、画面を右から左にスワイプさせると上記のようなサイドスペースが表示されます。その中の一番下「設定」をタップしましょう。

「広告」をタップ

すると、設定画面に移動します。その中に「広告」の項目があるのでタップしましょう。

きっとほとんどのユーザーは、設定画面の中の「広告」というと、広告を出稿するビジネス向けの機能だと思っているでしょう。しかし、ここで表示される広告はビジネス向けではなく、個人ユーザー向けの機能のことなんですよ。

「広告アクティビティ」をタップ

広告を開くと上記2つの項目が出てきます。その中から「広告アクティビティ」をタップしましょう。

最近見た広告が表示される

すると、最近自分が見た広告が表示されました!実は広告アクティビティとは、自分の広告閲覧状況を確認できる機能なのです。

 

ストーリーに流れてくる広告、そしてタイムラインに流れてくる広告が表示されます。

しかし、注意しなければいけないのは「流れてきたものが載る」わけではなく、「自分がタップするなどでその広告ページに移動した広告が載る」という仕組みです。

つまり、タイムラインで気になる広告を目にしても、タップするなどのアクションを取らないと広告アクティビティに出てこないということなのです。

 

 

インスタの広告アクティビティの使い方

広告アクティビティは、自分が見た広告、タップなどをした広告が表示され、確認できる機能だと解説しました。では、過去に見た広告がここにまとめられることで、どんな使い方ができるのでしょうか?

広告アクティビティの使い方について解説します。

 

前に見た広告を見一度見る

広告アクティビティには、上からストーリー広告、そしてタイムライン広告と表示されています。

前に一度タップした広告が集められるのですが「一度タップした=興味があった」ということ。興味がある広告って頭に残りやすいので、もう一度見たいときもありますよね。

広告アクティビティの機能があれば、前に見た広告をもう一度見たいとき、ストーリーやタイムラインで探す手間が必要ありません!広告アクティビティからすぐに見つけることができます。

広告を見た日を確認できる

さらに、広告の下には「いつタップしたのか?」を表す数字も記載されています。例えば「3週間前」と書かれてあったら、あなたはその広告を3週間前に見て、気になってタップしたということですね。

 

ただし、表示される広告には制限があるようで、数ヶ月も前の広告になると自動的に広告アクティビティからなくなるようです。

 

ストーリーズ広告は何回でも再生できる

一番上に横並びで表示されているストーリーズ広告の場合、動画になっているので最初に見たときってきちんと細部まで見れませんよね。間違えてストーリーズを閉じてしまうと、もう表示されなくなることもあります。

そんなとき、タップした広告なら広告アクティビティに履歴が残っているので、もう一度再生して見ることができるようになっています。

 

ただ、ストーリーズ広告もタイムライン広告もですが、広告主側がその広告を削除した場合は広告アクティビティからも消えてしまいます。

 

広告の製品ページへ移動したり、アプリをインストールしたり

広告アクティビティでは過去に見た広告をもう一度見れるだけでなく、通常の表示と同じように広告の製品ページに移動したり、紹介されているアプリをインストールすることができるようになっています!

わざわざインターネットで検索したり、App Storeなどで探す手間が省けますね。

 

右上「・・・」をタップ

広告を見ているとき、もしスパム広告や不適切な広告を見つけた場合、インスタの運営に報告も可能です。右上にある「・・・」をタップしてみましょう。

「広告を報告」から報告

下からボタンが出てくるので「広告を報告」をタップして、インスタの運営に問題を報告しておきましょう。

 

インスタで広告アクティビティが表示されない、読み込めないときの対処法

ユーザーの中には「広告アクティビティ」の機能や設定画面の「広告」の項目が表示されない人、または読み込めない人がいるようです。その考えられる原因は次のうちどれかでしょう。

①古いバージョンのインスタアプリを使っている

②インスタアプリに不具合、エラーがある

③一時的なエラー

それぞれの対処法を見ていきましょう。

 

①古いバージョンのインスタアプリを使っている

もし古いバージョンのインスタアプリを使っている場合、広告アクティビティの機能が追加されていない可能性があります。

その場合はインスタアプリを最新版にアップデートしましょう。

 

②インスタアプリに不具合、エラーがある

最新バージョンを使っているけど、広告アクティビティが表示されない場合、インスタアプリ自体に不具合やエラーが発生している可能性があります。

対処法としてできることは次の通りです。

・スマホの再起動

・バックグラウンドで開いているアプリを落とす

・設定の「問題を報告」からインスタの運営に報告

アプリそのものに不具合があるとユーザーではどうしようもないので、運営に報告して改善を待ちましょう。

 

③一時的なエラー

一時的にインスタでエラーが発生しており、利用できなくなっている可能性もあります。もしくは、スマホそのものにエラーやバグが発生していると読み込めないことも。

対処法として、次のことをやってみましょう。

・スマホを再起動

・不要なファイルやアプリを消してスマホの容量を解放する

・インターネットや電波が安定している場所で利用する

その他の対処法

最後に、上記のどの方法でも解決しないときは一度インスタアプリを削除してしまいましょう。もう一度再インストールすることで、通常通り利用できるようになることが多いです。

 

インスタの広告アクティビティを利用して、自分の広告の好みの傾向を掴むのもいいですね。もちろん広告で気に入ったものがあれば、インストールしたり購入したりしても構いません。

たまに広告アクティビティをチェックしてみましょう!