【フェイスブック】VRが楽しめるOculus(オキュラス)とは




Facebook社はInstagram社を含め、いくつかの企業を買収しています。買収することで今後伸びる可能性のある企業と合同になり、世の中に新しい商品やサービスを送り出しているんですね。

Instagram社を買収した当時も、それほどInstagramは知られていませんでした。買収後は爆発的に認知が広まり、現代の若者なら誰でも使っている大手SNSにまで成長させたのです。

 

Oculus VR社もFacebookに買収された会社の1つ。2012年に創設され、2014年に買収されています。そしてFacebook上で新製品「Oculus」が登場したのです!

今回はこのOculusの製品について取り上げました。どんな製品なのか、どんな種類があるのかなどについて解説します。

 

FacebookのVRヘッドセット「Oculus(オキュラス)」って何?

Facebookが会社を買収した際、社名は「Oculus VR社」から「Oculus社」に変更されました。さらにその後、創設者たちがどんどん同社を退職していったため、Facebookに吸収され、最終的にはFacebook Technoligies社の一部門となりました。

ただ、会社の形は変わっても同じ製品を開発し続けているため、サービスなどが変わるわけではありません。

 

そんなOculus部門が開発したのは、VRヘッドセット「Oculus」というシリーズです。現在は「Oculus Go」「Oculus Rift」の2種類。さらに、2019年には「Oculus Quest」という新商品も発売が開始される予定です。

 

ホームページだけでなく、FacebookからOculusの製品を確認することもできます。

右下「三」アイコン→「Oculus」をタップ

フェイスブックアプリを起動し、右下の「三」アイコンをタップします。続いて「Oculus」の項目をタップしましょう。

Oculusのページ

すると、Oculusのページに移動します。上のタブで「Oculus Go」「Oculus Rift」の2種類と、最新情報が掲載されている「VRの新機能」という項目に切り替えられますよ。

 

FacebookのOculus GoやOculus RiftでVRゲーム、VR動画が楽しめる!

それでは、Oculusシリーズではどんなことができるのでしょうか?VRヘッドセットだというのはわかるけど、実際にどんなことができるのかも気になりますよね。

VRヘッドセットがあると、いろいろなことが楽しめます。

 

まず最初に楽しんでほしいのがVRゲームです。Oculus Goには無料で遊べるゲームもたくさんあり、シューティングゲーム、ホラーゲーム、釣りゲームなど種類も様々です。

やはりリアルな体験をしたいなら、シューティングゲームが王道ですね。また、音響も前から、横から、後ろからなどの工夫もされているので、ホラーゲームもおすすめです。

 

続いてVR動画。OculusシリーズではNetflixなどの動画をVRで見ることができるようになっています。とはいえ、映画の中にいる感じというわけではなく、視界をすべて映画の画面で覆うことができるというもの。

仰向けに寝転がって映画を観ることができるようになるので、自分の快適な体制になれるのは魅力的です。

 

そして360度動画を見ることも可能です。Oculus側で用意されている特別な動画を360度見渡すことができます。

例えば洞窟の中で、前から横を見たり、後ろを振り返ったりすると視界もそれに合わせて移動するというもの。音もゲーム同様あちこちから聞こえる仕様になっていて、没入感もあります。

 

ゲームやVR動画が楽しめる!

このようにOculusではVR機能を使っていろんなことが楽しめます!ゲームや動画など、新たなVRの世界を楽しんでみてください。

 

Oculus GoとOculus Riftの違いについて

Oculusには「Oculus Go」と「Oculus Rift」の2種類がありますが、初心者にとってはどちらを選べばいいのか迷いますよね。まずはGoとRiftの違いについてチェックしておきましょう。

 

Oculus Go

Oculus Goのページ

Oculus GoはOculusシリーズの最も安い商品で、PCやケーブル、その他のゲーム機不要でVRの世界が楽しめます。

以下、セット内容です。

スピーカー

いろいろな角度から音を出し、よりリアリティを高めるスピーカー。

アプリでセッティング可能

Oculusシリーズ全体で、このアプリを使ってセッティングができます。OculusのVRヘッドセットをつけたままセッティングはできません。

コントローラー付き

ゲームをするときや動画再生の操作をするときに利用するコントローラーも付属です。

セット内容一覧

他にもいくつか付属品があります。

Oculus Goの場合はOculusの標準シリーズとなっており、値段も23,800円からとVR機器にしては安め。ディスプレイは液晶画面と同じで、日常にVRを取り入れて非日常体験をしてみたい人におすすめです。

 

Oculus Rift

Oculus Riftのページ

Oculus Riftの付属品はGoとだいたい同じですが、機能そのものの性能が高めになっています。

例えば液晶は有機ELが採用されていたり、ベースステーションを部屋に設置することで仮想空間内を動き回ることができるトラッキングシステムが導入されていたりなど。

より本格的なVRの世界を楽しみ、ゲームを本気でやりたいという人はRiftを選ぶと良いでしょう。

ただ、Riftを使うにはハイスペックPCが必要となっているので注意しましょう。

 

ただ、2019年にはハイエンド商品である「Oculus Quest」が登場するので、登場してからどちらを買うか検討してみるのもいいですね。

 

フェイスブックアプリからのOculusシリーズの購入方法

Oculusシリーズの製品はブラウザ版フェイスブックや、フェイスブックアプリから購入することもできます。ここではアプリを経由しての購入方法をご紹介します。

 

「今すぐ購入」をタップ

Oculus Goの場合、下の方に「今すぐ購入」の青いボタンがあります。

価格は容量によりますが、23,800円から。

上に「今すぐ購入」のボタン

Oculus Riftの場合は上に同じく青いボタンで「今すぐ購入」とあります。

価格は45,000円と高めです。

両方ともこのボタンから購入画面に移動できますよ。

 

購入画面ではカートに商品を追加し、配送先住所、名前、支払い方法を入力すればOK。

外国からの発送になりますが、送料などはかかりません。

 

OculusのログインにはFacebook以外のアカウントも作れる

Oculusで遊ぶ場合、Oculusアプリからログインが必要です。Facebookの傘下だけあり、ログイン時はFacebook経由でのログインが可能で、簡単です。

ただ、Facebookのアカウントと他のアカウントを紐付けたくない人もいるでしょう。そんな人でも、Oculusに新規登録してFacebook以外のOculusアカウントを作ることができますよ。

 

これからゲームを始め、動画の世界はVR体験が当たり前になるかもしれません。Oculusも登場したばかりで改善点も多いですが、今後に期待の製品です!