【インスタ】シェアしましたの意味が違う!シェア方法やアプリを解説




SNSの登場により、現代人は実際に人と会っていなくても他人とコミュニケーションを取ることができるようになりました。

SNSを使って自分の近況を報告したり、友達の投稿にコメントやいいねなどのアクションをしたりもあれば、友達との思い出をシェアすることもありますよね。

 

インスタでも友達との思い出をシェアすることがあるでしょう。しかしインスタで「シェアしました」という通知を受け取ったことがある人は、ちょっとした違和感を感じた経験がないでしょうか?

インスタの「シェア」は少し特殊です。そこで今回はインスタのシェア事情について解説していきます。

 

インスタはシェアボタンがないから投稿をシェアできない!?

SNSといえばツイッターやフェイスブックを想像する人もいるでしょう。この2つに共通しているものは、投稿などをシェアするための機能があるということ。

ツイッターなら「リツイート」、フェイスブックなら「シェア」のボタンがありますよね。

ツイッターにはリツイートボタンがある

これらのボタンを押すことで他人の投稿でも自分のタイムラインに表示させ、自分の友達やフォローしてくれている人にも投稿を見せたり拡散させたりすることができますよね。

 

しかしインスタには、いわゆるリツイートのような「他人の投稿を自分のタイムラインでも表示させる」という機能はありません。

シェアボタンがない

あるのはいいねボタン、コメント、ダイレクトメールのボタンのみ。右側にあるのはブックマークボタンです。

 

インスタの投稿を直接別のタイムラインに載せられるのは、自分のインスタアカウントから別のSNSアカウントへのシェアのみ。

他のSNSへのシェアボタン

外部SNSとのアカウントをリンクさせておけば、投稿する際にこのボタンひとつで他のSNSにシェアすることができます。

 

インスタ「シェアしました」という通知…「シェアした」の意味とは

前項でインスタにはシェアボタンがないため、他人の投稿を自分のタイムラインに載せることができないことがわかりました。しかし、インスタを利用しているときに奇妙な通知が届くのです。

 

それは以下のような通知になります。

『○○さん、××さん他3名が10件の写真をシェアしました』

通常SNSで「シェア」というと、ツイッターのリツイート機能のようなイメージを持ちます。なのでこの通知では「友達が誰かの写真をリツイートのようにシェアしたのでは?」とか、誰かがタグ付けしたのかなとも思いますよね。

 

しかし、繰り返しになりますがインスタではリツイートのようなシェアはできません。この通知の正体は「友達が写真を投稿しました」という意味なのです!

 

英語のシェアは日本語に直すと「共有」という意味です。友達と同じ投稿を共有することもシェアですが、インスタでは写真を投稿する=写真を友達と共有する=シェアという意味になります。

 

上記のような通知が届いていたらびっくりしますよね。通知の意味を知っていると、慌てる必要はなくなりそうです。

 

インスタでシェアされた写真の確認をする方法

上記の通知が届いた後、友達がどんな写真をシェアした(投稿した)のかを確認してみましたか?インスタでシェアされた写真の確認をする方法をご紹介しましょう。

 

普通の投稿を確認する方法と同じなのですが、やり方は3つあります。

①インスタを開いてタイムラインを上から順に見る

②通知を開いてそのまま見る

③友達のアカウントにアクセスして見る

 

一番簡単なのが①です。「写真をシェアしました」という通知は普通の投稿通知と同じであり、インスタのタイムラインは時系列(最新順)に並んでいます。なので上から投稿を確認していくだけでOKです。

 

②で上記の通知をタップして開いたときも、そのままタイムラインの画面に移動します。③は少し手間ですが、そのアカウントの最新投稿を全部まとめてチェックしたいときに良いですね。

 

インスタストーリーならダイレクトメッセージでシェア可能

インスタで今や大人気機能となっているインスタストーリーズ。24時間で消えるし、投稿も簡単なのでギャラリーに投稿しなくてもストーリーを利用している人も多いですよね。

実は通常の投稿はインスタ内でシェアできないのですが、ストーリーならダイレクトメッセージ機能で他の誰かとシェアすることが可能なのです!

 

右側の紙飛行機マークをタップ

他人のストーリーをシェアするなら、右下の紙飛行機マークをタップします。次は送信先を選ぶので、フォロー一覧から選んで送信すれば完了です。

 

「宛先を指定して送信」

自分のストーリーも、もちろんシェア可能!「・・・」をタップすれば上の画像のように出てきます。「宛先を指定して送信」をタップしましょう。

宛先を選ぶ

他人のストーリーをシェアするときと同様、宛先を選んで送信すれば完了です。

 

ダイレクトメッセージにストーリーが届く

送信されたストーリーは相手のダイレクトメッセージに届きます。なので、相手がフォローしていないユーザーのストーリーもシェアできてとても便利です。

 

インスタはフェイスブックと同系列なだけあり、ユーザー同士のコミュニケーションをとることを大切にしています。ストーリーは日常的に使われる機能なので、ストーリーで友達同士楽しむというのもおもしろそうですね。

 

しかし内部シェアボタンがないのは、インスタが写真・動画というコンテンツを投稿するせいかもしれません。写真や動画には著作権の関係もあるので、シェアするときの制限があるのだと考えられます。

 

インスタで投稿をシェアしたいならリポストアプリ

ここまでインスタのシェア事情について解説しました。内部のシェアボタンがないことで、シェアできるのは外部SNSのみ。

ではインスタでは一切リツイートのようなシェアができないのかというと、そういうわけではありません。外部のリポストアプリを使えばリツイートと同じようなシェアをすることができます。

リポストアプリ

 

リポストとは「Post(ポスト)」に「Re」がついて「RePost(リポスト)」。リツイート「ReTweet」と同じような意味になります。

リポストアプリなら他人の投稿を自分のタイムラインに載せてシェアすることができるのです!

リポストアプリの操作方法も簡単ですし、投稿する際に自分のカメラロールに保存されるので便利ですよ。

 

インスタのシェア事情はやや面倒くさいですが、これもインスタ独特の仕様としてうまく付き合っていきましょう。