【フェイスブック】登録方法とポイントまとめ!注意点も解説




登場してからアメリカや日本だけでなく、フランス、ロシア、韓国、中国…と世界中で愛され続けているSNS、フェイスブック。

ツイッターや当時流行していたミクシィなどにはない「実名登録」という斬新さで、SNS界に新たな風を巻き起こしてくれました。

友達の名前を検索すれば簡単にアカウントを見つけられるし、友達になって投稿にコメントやいいねをする他、グループを作って仲間内で交流したり…SNSの基本となる「投稿・いいね・コメント」以外にもできることがたくさんあります。

 

そんなフェイスブックですが、検索エンジンで検索をかければ登録せずに人のアカウントを見ることができます。しかし、数多くの機能を使ったりフェイスブックでコミュニケーションを取りたいなら登録は必須!

今回はフェイスブックの登録方法を解説しましょう。登録の仕方だけでなく、登録時の注意点やポイントなども一緒に解説します。

 

フェイスブックのスマホからの登録方法と注意点

フェイスブックはもともとPCで利用しやすいように開発されたのですが、スマホの普及により、スマホでも使いやすいアプリをリリースしました。今回はスマホからの登録方法を解説します。

 

フェイスブックアプリを起動したら、最初はログイン画面になります。まだアカウントを持っていない状態なので、登録ボタンをタップすることから始めましょう。

「登録」をタップ

 

登録の手順は次の通り

①氏名を登録する

氏名を登録

②生年月日を登録

生年月日をスクロールして登録

※「なぜ生年月日?」と思うかもしれませんね。「生年月日を入力していただく理由」をタップして見てみるとこのように出てきました。

より安全にFacebookを利用するため

ここには「より安全にFacebookを利用するため」と書いてあります。

実はフェイスブック、13歳未満ではアカウントが作れないと規約で決められているのです。なので生年月日の入力は年齢確認の意味があるんですね。

③性別を選ぶ

性別を選択

※性別も他のSNSではわざわざ登録しません。フェイスブックで登録する理由は、交際ステータスや恋愛対象、家族といった基本データを後から登録するためです。

ここでは男性と女性しか選択肢がありませんが、LGBTの方のために後から性別を変更することが可能。(体は男性、心は女性など)

④電話番号orメールアドレスを入力

電話番号を入力

メールアドレスを入力

⑤ログインに使うパスワードを入力

パスワードを入力

※6文字以上の半角英数字と記号

⑥登録して完了

「登録」をタップして完了

 

とても簡単な手順ですが、次項からより具体的な注意点とポイントを見ていきましょう。

 

フェイスブックに登録するときの名前は本名で!

フェイスブック登録の最初に入力する項目は名前!ツイッターやインスタグラムの入力は1つだけでしたが、フェイスブックでは「姓」と「名」の2つ入力項目があります。

姓名を入力

これは、フェイスブックではニックネーム/ハンドルネームで活動できないということ!利用規約にも「本名で登録すること」と決められているのです。

 

確かに、姓名を入力すれば本名でなくても登録や利用はできます。しかし規約で決められている以上、誰かに通報されてしまうとアカウントが削除される可能性も!

よっぽどの理由がない限り、できれば登録は本名でしておくことをおすすめします。

 

Facebook登録時の電話番号とメールアドレスについて

登録手順の「④電話番号orメールアドレスを入力」についてもしっかり覚えておきたいポイントがあります。

電話番号

メールアドレス

まず、フェイスブックを利用するためには「電話番号」と「メールアドレス」のどちらかが必ず必要です。後からでも両方登録できますが、両方は必要なくどちらか片方でOK。

上記の画面になったら「メールアドレスを使用」や「携帯電話番号を使用」をタップすれば、該当の入力欄に切り替わります。

 

しかし捨てメアドなどを使おうと思っている人は注意してください。フェイスブックにログインするときに使うものになるので、メアドを忘れてしまったらログインできません。

また同じように、パスワードを忘れた場合は登録した電話番号かメールアドレスにパスワード再発行のリンクがついてるSMSやメールが送信されます。

電話番号やメールアドレスが使えないとリンクにアクセスできず、ログインできない状態に!

そしてさらに、何かフェイスブックで問題があったときには本人確認として利用されることもあります。フェイスブックからの大事なメールが届くため、しっかり登録しておきたい項目です。

 

また、一度登録した電話番号やメールアドレスを削除したいときにも注意点が!例えば電話番号だけを登録している状態を削除しようとしてもできません。必ず先にメールアドレスを登録しておく必要があります。

どちから片方は必ず登録してある状態になっている必要があるのです。

 

Facebookアカウント複数持ちは可能?登録だけして放置はアリ?

SNSのアカウントをプライベートアカウント&趣味アカウントとか、表アカウント&裏アカウントのように複数持ちしている人も珍しくありませんよね。では、フェイスブックでも複数持ちは可能なのでしょうか?

 

結論から言うと、フェイスブックは表向きでは複数の個人アカウントを持つことを規約で禁止しています。もし規約違反であることがバレると、どちらかのアカウントが削除されるかもしれません。

 

しかしこれはあくまで表向き。実際のフェイスブックユーザーの中には、個人用と仕事用でアカウントを複数持っている人もいます。確かに仕事でフェイスブックを使うのに、個人のアカウントを使うのは気が引けますよね。

実際にフェイスブックのログイン画面でも、アカウントが複数あった場合切り替えることができ(ログアウトは必須)、メッセンジャーでもアカウント切り替えボタンがあります(こちらはログアウト不要)。

 

ユーザーの中には、一度アカウントを作ったけど昔のものだから放置状態という人もいるでしょう。新たにフェイスブックを始めようとしても、昔のアカウントのパスワードを忘れ、新規登録することになったということも。

フェイスブックのアカウントの中にはそのようにずっと放置状態のアカウントも多いです。特に気にする必要はないでしょう。

 

フェイスブックに登録できないときの対処法

ここまでフェイスブックの登録方法やポイント、注意点を解説してきました。しかしいざ登録しようとすると、登録できないというトラブルもたまにあるようです。

 

そんなときは次の対処法を試してみましょう!

・インターネット環境を安定させる(Wi-Fiやネット接続の変更、データ通信量の確認)

・フェイスブックアプリを最新版にアップデート

・アプリを落としてスマホを再起動

・フェイスブックアプリの削除→インストールをやり直す

・PCで登録する

 

登録のポイントを押さえて、フェイスブックアカウントを作って楽しみましょう!