【インスタ】Facebookにストーリーズをシェアとは?やり方を解説

インスタグラムはフェイスブックに買収されたのをご存知ですか?そのため、インスタとフェイスブックの仕様や仕組みが似ている部分がたくさんあり、さらに簡単に連携することもできます。

インスタの投稿をフェイスブックにもシェアしたり、フェイスブックと連携してビジネス用に活用することもできるのです。

 

インスタにはストーリーという24時間限定で公開される機能があるのですが、24時間で消えてしまうからこそシェアの種類や方法も充実しています。今回はこのストーリーの各種シェア方法と、フェイスブックへのシェアについて解説しましょう。

 

インスタストーリーをシェアするとは?数種類のシェア方法

ストーリーにはどんなタイプのシェア方法があるのでしょうか?まずはひとつひとつを解説していきましょう。

 

自分のストーリーズへのシェアと友達のDMへの送信

こちらはストーリーを投稿するときの画面です。自分のアイコンの横にある「シェアする」が、自分のストーリーズへの投稿。「おすすめ」と表示されているアカウントの横にある「送信」をタップすると、相手のDMに作成したストーリーが送信される仕組みです。

友達のDMに送信したストーリーは自分のストーリーズには表示されず、友達と1:1でストーリーのやり取りができます。

 

ハイライトでプロフィールにシェア

ストーリーを投稿した後のリプレイ画面です。右下にある「ハイライト」というのは、自分のプロフィールトップにそのストーリーをシェアする機能。プロフィールに固定されるので24時間以上ストーリーを残しておけますよ。

 

「・・・」から各種シェアもできる

ストーリーズ右下の「・・・」をタップすると、ここから各種シェアすることもできます。それぞれの項目について解説します。

保存する:カメラロールに保存

送信:友達のDMに送信

投稿としてシェア:通常の投稿(ギャラリー)にそのストーリーを投稿

 

「ストーリーズ設定」の内容

最後の項目「ストーリーズ設定」の内容も確認しましょう。この画面ではストーリーに関することをいろいろ設定できるのですが、注目すべきは一番下の「 Facebookでストーリーをシェア」という項目です。

その説明にもある通り、インスタのストーリーを投稿したらそれを自動的にフェイスブックのストーリーにも投稿するというもの。これにはフェイスブックアカウントと連携しておく必要があります。

 

インスタストーリーのフェイスブックへのシェアを許可とは

インスタストーリーには数種類のシェア方法があることはわかったでしょうか?その中でフェイスブックへのシェア方法についてもう少し詳しく解説していきましょう。

インスタとフェイスブックは同じ会社であるため、インスタストーリーをフェイスブックに自動的に投稿するのを許可する・しないの設定ができます。

 

フェイスブックアカウントと連携する

フェイスブックにもストーリーをシェアしたい場合、先にインスタとフェイスブックを連携させておかないといけません。オプション画面の「リンク済みアカウント」をタップして、フェイスブックとの連携を確認しましょう。

「 Facebook」に色がついてたら連携完了

一番上に Facebookがあるので、色がついていたら連携しているということです。逆にグレーになっている場合、連携できていないのでタップしましょう。

Facebookにログインする

連携するにはフェイスブックにログインすればOK。画面の指示に従ってログインを済ませましょう。

 

ボタンをタップしてシェアを許可する

フェイスブックと連携できたらストーリーをシェアしましょう。前項で解説した「ストーリーズ設定」から「 Facebookでストーリーをシェア」横のボタンをタップして許可しましょう。

普通にストーリーを投稿する

あとは普通にストーリーを投稿するだけです。投稿のときに「シェアする」などのタップは必要ありません。

フェイスブックのストーリーにも同じものが投稿された!

連携したフェイスブックアカウントを確認してみると、インスタと同じストーリーが投稿されていました。インスタとフェイスブックを両方運用している人はぜひシェアしてみてくださいね。

 

インスタストーリーを投稿にリポスト(引用)する方法

人気のインスタストーリーは24時間で消えてしまってはもったいないので、ハイライト機能を使ってプロフィールに固定する人も増えてきました。ですが、ハイライトとしてではなく通常の投稿としてギャラリーに載せたいという人もいるかと思います。

 

ストーリーを投稿にリポストする方法は3つ。ひとつは、カメラロールに保存されたストーリーをギャラリーへの投稿と同じ手順で投稿する方法。ふたつめは、アーカイブから投稿する方法。もうひとつは、ストーリー画面から直接投稿する方法です。ここでは最後のやり方を解説します。

 

「投稿としてシェア」をタップ

まずはストーリーズを開いて、ギャラリーに投稿したいストーリーの右下の「・・・」をタップします。出てきたものの中から「投稿としてシェア」をタップしましょう。

写真の切り取りをする

ストーリーの写真サイズとギャラリー投稿のサイズは異なるため、ギャラリー用のサイズに切り取りましょう。

フィルターや加工をする

キャプションやSNSシェアの設定

あとはフィルターをかけたり、細かく加工したり、キャプションを書いたりといつもと同じ手順で投稿するだけです。これでストーリーの内容をギャラリーにも投稿できました!

 

ストーリー画面に残っているのは24時間だけなので、24時間経過後に投稿するときはこの方法ではできません。後からリポストしたいときはカメラロールに保存した写真や動画を投稿するか、ストーリーアーカイブから投稿するようにしましょう。

 

友達のインスタストーリーをシェアすると通知でバレる?

インスタストーリーは友達のストーリーをスクショして、自分のストーリーでシェアしたり、友達にDMを送ったりすることができます。このとき気になるのがシェアしたことによる通知についてですよね。

 

左下のカメラマークからスクショを撮る

友達のストーリーを見ると、左下にカメラマークが表示されます。そこをタップリしてスクショを撮影しましょう。

スクショを編集

スクショは大きさや位置の変更が可能。好きなように飾り付けてみましょう。

友達に送信する

この方法でスクショしたストーリーは元の投稿者にDMで送信する形になります。相手はDMを受け取るので通知も届くのです。

 

一方で、カメラマークからではなくスマホのスクショボタンを押した場合はどうでしょうか?スクショ→カメラロールから選んでストーリーに投稿という手順の場合、友達の名前をタグ付けしないと通知されません。

インスタのマナー的には、誰かの投稿をシェアやリポストする場合、元の投稿者をタグ付けして知らせることが必要です。

 

インスタストーリーのフェイスブックへのシェア、ギャラリーへの投稿などのやり方を覚えておくと、これからのインスタ運用が楽しくなりそうですね。