【インスタ】動画や文章がリポストできないときの対処法

インスタでは他の人の投稿をリポストできるのをご存知ですか?リポストとは、Twitterでいう「リツイート」やFacebookでの「この投稿をシェア」と同じ機能。他人の投稿でも自分のフィードやギャラリーに表示できるのです。リグラムとも言われます。

 

リポストをすると友達の投稿を拡散したり、自分では撮れない写真を自分のギャラリーに載せたりできるのでやり方を覚えておくと便利です。

 

しかし、エラーになってリポストできないというトラブルもあります。今回はリポストでエラーになる原因と対処法をお伝えします。

 

インスタ投稿のリポストのやり方

まずはインスタの投稿のリポストのやり方を簡単に解説します。インスタの公式アプリではリポスト機能は無いので、外部アプリ「Repost for Instagram」を使いましょう。

Repost for Instagram

 

使い方説明

アプリを起動すると英語と動画で使い方が説明されています。この手順でやっていきましょう。

 

「・・・」をタップ

インスタを開き、リポストしたい投稿の右上「・・・」をタップ。

 

リンクをコピーする

「リンクをコピー」をタップしてURLコピーします。

 

リポストアプリに戻る

リポストアプリに戻ると、Repostの一覧に先ほどの投稿が表示されました。その投稿をタップします。

 

下の「Repost」をタップ

下に青いボタンで「Repost」とあるのでタップしましょう。

 

一番上を選択

キャプションをコピーするだけか、コピーした後インスタを開くかが選択可能。ここでは「Copy Caption & Open Instagram」を選択。

 

リポストされた!

これでインスタにリポストされました。リポストした写真にはリポストマークと元の投稿者名が表示されています。

 

インスタの投稿をエラーでリポストできないのはなぜ?

とても便利なリポストアプリですが、エラーになりリポストできないというトラブルも。大きな原因としては2つ考えられます。

 

・リポストアプリに不具合が生じている

・インスタアプリに不具合が生じている

 

これらはアプリの不具合のため、自分だけでは何もできません。不具合が直るのを待つか、リポストアプリ、インスタアプリの運営側に報告して対処を待ちましょう。

 

大まかなエラーの原因を取り上げましたが、もっと細かく見ていくとURLがコピーできない、文章が反映されないなどのエラーもあります。次項からは細かいトラブルと対処法を解説します。

 

インスタで動画が保存できない、リポストできない場合

インスタには写真だけでなく動画もたくさん投稿されています。おもしろい動画を見つけたらリポストして拡散したくなりますよね。

 

しかし、動画をなかなかリポストできないというトラブルもあります。その原因は以下のどれかでしょう。

 

ネット環境が悪い

動画は読み込みに時間がかかるので、ネット環境が悪いところだとリポストできないまま日が暮れてしまいます。動画をリポストしたい場合はネット環境が安定しているかを確認してから。

 

ファイルサイズが大きく読み込みまで時間がかかる。

読み込みに時間がかかる

動画は写真よりもファイルサイズが大きいので、ずっとこの画面で読み込め中のマークがクルクル回り続け、ファイルを読み込めないときもあります。どんなに安定したネット環境であっても、ファイルサイズが大きいと時間がかかってしまうのです。

 

そんなときはしばらく時間を置いて待つしかありません。いくら待っても読み込まない場合は一度リポストアプリを削除して、再度インストールして使ってみましょう。

読み込みに成功すれば普通にリポストできる

 

 

リポストしたいURLコピーできない、ログインできない場合

リポストアプリを使って他の人の投稿をリポストしたいのであれば、URLコピーは欠かせません。URLコピーするためにはインスタへのログインも必須です。

 

右上のインスタマークから開く

「Repost for Instagram」経由でインスタアプリを開くとき、右上マークから開きます。

 

ログインが必要になることも

何の問題もなければそのままインスタへアプリを開けるのですが、ときどきインスタにログインしないといけなくなる場合も。そのときは自分のアカウント名やパスワードを入力してログインしましょう。

 

しかし、ここでエラーが発生してログインできないことがあります。そんなときはリポストアプリ経由ではなく、直接インスタアプリを使ってログインしましょう。URLコピーはリポストアプリ経由じゃなくてもきちんと反映されるので安心してください。

 

そしてURLコピーができないというトラブルの原因ですが、次のようなことが考えられます。

 

・すでに投稿が削除された

・非公開アカウントになっている

 

タイミングによっては投稿が削除されてもフィードに残っていることもあります。また、相手が非公開アカウントになっているときはURLのコピーそのものができないので、合わせて覚えておきましょう。

 

インスタでリポストしたい文章が反映されない場合

インスタでリポストするなら元々の文章も載せたいですよね。ですが、リポストアプリを使ってみたものの文章が反映されず困っている人も多いようです。

 

キャプション欄は空欄

実はリポストを投稿するとき、インスタのキャプションは空白になっています。URLをコピーしたからといって文章までコピーされるわけではないんですね。

 

「キャプションをコピーしてインスタを開く」の意味

空白のキャプションに元々の文章を入れたいときは、リポストアプリで「Copy Caption & Open Instagram」をタップします。

 

キャプション欄にペースト

これでキャプションをコピーできたので、あとはキャプション欄に貼り付けるだけ!貼り付けることで相手のアカウント名と元々の文章が表示されます。ここに自分オリジナルの文章を付け加えることもできますよ。

 

インスタでは複数枚リポストできるがマナーも守ろう

リポストはみんなの投稿を拡散するうえでとても便利な方法なのですが、マナーを守らないといけません。

 

・相手にリポストして良い投稿かを確認すること

・元々の投稿のアカウント名を必ず記載すること

・リポストのキャプションに誹謗中傷の内容は書かないこと

 

これらのマナーを守れないと、リポストされた側は嬉しくありません。場合によっては「投稿をパクられた」とインスタに通報されることもあるのです。

 

元々の投稿者のアカウント名が表記される

リポストアプリを使ってリポストすると、画像のどこかに相手のアカウント名が表記されます。画像に表示されただけでは相手にも通知されず、もし相手が見つけたときにはトラブルに発展しやすいのです。

 

そのためにも、キャプション欄には元々の投稿者のアカウント名を「@」をつけて記載しましょう。マナーを守りながら友達の投稿を拡散しましょう!