インスタの二段階認証でアカウントの不正乗っ取りを防止する方法




インスタに限らず、どんなSNSを使用する際にも一番重要なのが「セキュリティ」ですね。近年では、アカウントの乗っ取りや不正なアクセスが増加しており、各ソーシャルメティアでログイン時のセキュリティ対策が強化されています。

インスタグラムでは、「二段階認証」というログイン方法が追加され、より安全に、安心して利用できるようになりました。この二段階認証は手軽な操作で設定でき、不正なログインなどを防止できることを知っていましたか?

今回は、この2段階認証について、設定方法と困った時の対処法までご説明します。

二段階認証とは

二段階認証とは

二段階認証とは、本人である確認を二段階に設定することで、セキュリティーを高めて不正なログインや乗っ取りを防止できる機能です。不正ログインの予防のためにこの「二段階認証」が追加された、ということですね。

時折、「不審なログイン試行が行われました」という通知を受けることがあります。これは、自分ではない誰かによってアカウントへログインされようとした、ということになります。

ログインされたかどうかは、この時点で分かりません。しかし、他のSNSで同じパスワードを設定している場合は注意が必要です。

通常のログインで必要な情報は、メールアドレスまたはユーザーネーム+パスワードのみですね。この二段階認証では、この2つに加え、電話番号やSMSコードを登録します。

つまり、二段階認証設定をした後のログインに必要になる情報は、

  • 電話番号
  • 認証コード(SMSに送信される番号)
  • ということになります。

    二段階認証の設定方法について

    二段階認証の設定方法について

    ここからは、二段階認証の設定方法について画像でご紹介します。まず、ご自身のインスタグラムアカウントのトップページを表示させます。

    「プロフィールを編集」の横にある歯車マークをタップします。

    「オプション」画面が表示されたら、「アカウント」欄にある「二段階認証」をクリックします。ここから二段階認証の設定ができます。

    「アカウント」欄にある「二段階認証」をクリック

    「セキュリティコードをオンにする」という表示の横のバーをタップして青色にします。すると、「電話番号が必要です」という表示が出てきますので、「追加する」をタップします。

    ご自身の電話番号を入力

    ここでご自身の電話番号を入力すれば、数分以内にSMSに「認証コード」が送信されます。そのコードを入力すれば、設定は完了です。

    なぜ二段階認証が推奨されるのか

    インスタ設定時にパスワードやメールアドレスを設定するのに、なぜさらに二段階にまで設定が必要なのでしょうか。最近はフェイスブックやツイッターなど、複数のソーシャルメディアを持つことが当たり前になりましたね。

    そんな中で、アカウントを他人に乗っ取られるケースが多くなってきました。これは、アカウントが不正に使用されることが多くなっているからなのです。

  • フェイスブック創設者のマーク・ザッカーバーグ氏のSNSアカウントがハックされ、一時乗っ取られる事件
  • お笑いタレント・渡辺直美さんのインスタアカウントに他人がログイン
  • アカウントが乗っ取られれば、過去の写真などのデータが削除されるだけでなく、あなたになりすまして知り合いにメッセージを送信することもできます。

    「スパムメール・メッセージ」目的でアカウントを乗っ取ることが多いということですね。このような事態を防ぐために、二段階認証が追加されました。

    電話番号の登録の意味は?

    電話番号登録の意味

    時折、電話番号を登録する意味について疑問に思う方がいます。これは、例え登録しているメールアドレスやユーザーネーム情報が他人に知られたとしても、電話番号を通してSMSで送信される認証コードの設定は、本人にしか行えない設定だからです。

    メールアドレスは、Gmailなどのアカウントと同時に不正ログインがされていれば不正ログインができます。一方で、電話番号を通して受診するSMSメッセージは、本人が持っているスマホやiPhone本体でしか閲覧ができません。

    これによって、本人であることが確実に証明できるということですね。

    二段階認証ができないときの対処法

    認証コードが届かない場合

    二段階認証設定の途中で必要な認証コードが届かない!という時の対処法をご紹介します。方法はとてもシンプルです。通常、認証コードがSMSに数分以内に届きます。

    数分経っても届かない場合は、インターネット接続の状態が悪い・接続されていない・WIFiのみで接続しているのどれかが原因となっている可能性が高いのです。

  • 機内モードになっている場合は、設定をオフにしてインターネットに接続する
  • WIFiをオフにしてインターネット接続を行う
  • インターネット接続が良い環境か確認する
  • この三点を確認しましょう。特に、機内モード+WiFiのみでの接続を行なっている場合が多く、SMSコードが届かないことがありますので、ご注意ください。

    エラーが表示されて二段階認証ができない場合

    エラーが表示されて二段階認証ができない時

    二段階認証の設定途中でエラーが表示されることがあります。その場合は、公式アプリが何らかの原因で起動が停止したか、インターネット接続が不安定な状態にあることが挙げられます。

    再度公式アプリをインストールするか、インターネットが安定している場所に移動することで、エラー表示が消える場合が多いですので、どちらかを試してみてください。

     

    以上、インスタグラムでの二段階認証とその設定方法、設定時のトラブル解決法などをご紹介しました。インスタを楽しむ誰もが注意しなければいけないセキュリティ。乗っ取りがあれば、その分楽しい時間が台無しになってしまいます。

    そうならないためにも、ぜひ二段階認証を設定して安心してインスタライフを送りましょう!