フェイスブックをアカウントなしで見るには?検索方法や非公開を見る方法




誰でもSNSアカウントを最低1つは持つ時代になりましたが、TwitterやInstagramとは違い、フェイスブックは日本人からの支持があまりありません。特に若い世代はTwitterとInstagramがメインで、フェイスブックのアカウントを持っていないという人も多いでしょう。

しかし、人は自分のアカウントがなくても友達のフェイスブックアカウントやフェイスブックへの投稿が気になるもの。

また、フェイスブックは企業の参入が多いので、企業のフェイスブックページもあるためチェックしておきたいですよね。

 

フェイスブックに登録していない人でも、フェイスブックの投稿やアカウント、ページなどを見ることはできるのでしょうか?また、フェイスブックを見ただけで相手に閲覧履歴がバレてしまうことはあるのでしょうか?

今回はアカウントなしでも見る方法、そしてフェイスブックの閲覧がバレるかどうかを解説します!

 

フェイスブック登録しなくても見れる検索方法

フェイスブックはPCで利用できるのはもちろん、スマホアプリもリリースしており、スマホから利用することもできます。ただ、PCでもアプリでもフェイスブックを開いたときの最初の画面は新規登録の画面です。

なので、アカウントを持っていない人は「フェイスブックに登録しないと投稿やページを見れないのでは?」と思う人も多いでしょう。

しかし、実は最初からフェイスブックのWebサイトやアプリを開いているから次の画面に進めないだけ!YahooやGoogleの検索エンジンを使えば、フェイスブックを持っていない人でもフェイスブックの画面を閲覧することができるんですよ。

まずはフェイスブックの画面を見るための検索方法を解説します。

 

「名前+フェイスブック」のキーワードで検索

例えば、友達のアカウントを調べたいときはGoogleかYahooの検索欄に「相手の名前+フェイスブック」のキーワードを入力して、検索をかけてみましょう。

すると、上記はYahooでの検索例ですが、「佐藤○○のプロフィール」という検索結果が表示されます。どれも「Facebook」と表記されており、緑色のURLを確認すると「facebook.com」となっていますね。

それがフェイスブックのページだということです!

 

同じ名前のフェイスブックユーザー一覧

上記で出てきた検索結果をタップしてみるとこちらの画面に移動します。日本には大勢の同姓同名の人物がいるので、フェイスブックにもこのように同じ名前の人が一覧になって並んでいるでしょう。

その中からプロフィールを閲覧したい相手の名前をタップすれば、相手のプロフィール画面に移動して、公開されている投稿や写真をチェックすることができますよ。

 

これはユーザーを検索する方法ですが、フェイスブックでは他にもスポットの検索やグループ、企業ページなどの検索も可能です。

何を検索するにも「○○+フェイスブック」のキーワードで検索するだけで、フェイスブックに登録していなくても閲覧できるんですよ。

 

Facebookページも名前を検索すればアカウントなしで閲覧可能!

フェイスブックには個人ユーザーだけでなく、企業が自社のフェイスブックページを作っているところもたくさんあります。そのフェイスブックページも同じように「フェイスブックページ名+フェイスブック」で検索すればヒットするのです。

ただ、フェイスブックページ名がわからなかったり、調べたい特定の名前はないけれど、どこか良さそうなお店を探したいという曖昧な検索をしたいときにもこの方法は便利です。

 

例えばイタリアンレストランのフェイスブックページを探してみましょう。検索欄には「イタリアンレストラン フェイスブック」と入力して検索してみます。

「イタリアンレストラン フェイスブック」の検索結果

すると、このようにヒットしました。

日本全国にイタリアンレストランはありますが、YahooもGoogleも使用ユーザーの位置情報を読み込み、住んでいる地域に近いところのフェイスブックページを表示してくれています。なので、遠すぎて行けない地域のレストランはほぼ表示されていないでしょう。

近くのイタリアンレストラン

検索結果の1つをタップしてみると、そのフェイスブックページに移動できました。ここからページへの投稿や写真などをチェックすることができますよ。

 

Facebookを見るだけでも足跡がついて相手にバレる?

フェイスブックユーザーの中には、「相手のプロフィールやフェイスブックページを見たことが相手にバレてしまう」と心配している人も多いようです。

実はフェイスブックはmixiの次に流行したSNSで、mixiには足跡機能がついていたことから、フェイスブックでも足跡機能があるのではないかということが懸念されていました。

 

さらには、フェイスブックには何か共通の友人や共通のプロフィールの項目が登録されている人を「知り合いかも?」と表示させる機能もあります。

Facebookの「知り合いかも?」機能

「知り合いかも?」には今まで自分が閲覧したアカウントもよく出てくるため、「足跡がついているのでは?」という不安をますます大きくする要因になっているようです。

 

「フェイスブックを見ると相手にわかる」はウソ!

しかし安心してください!結論を言うと、フェイスブックに足跡機能はついていません!

なので、誰かのプロフィールやフェイスブックページを見たからといって相手側にバレることはありません。

これはフェイスブックにログインせず(登録せず)閲覧した場合もバレませんし、ログインした状態で閲覧した場合にもバレないようになっています。

 

ただ、フェイスブックの機能として一般ユーザーには決して公開されていないアクセスログがあります。アクセスログはどのSNS、どのWebサイトにも存在するもので、それを利用してユーザーの行動を記録しているもの。

フェイスブックもそのアクセスログを利用して、ユーザーが一度訪問したプロフィールを読み取り、同じ出身校、同じ居住地など、共通点のありそうな相手を「知り合いかも」に表示させていると考えられます。

公式では「共通点のある相手」としか説明されていないので確実ではありませんが、アクセスログを利用している可能性はあることは覚えておきましょう。

 

ただ、アクセスログは一般ユーザーは見れないので足跡がついてバレる、ということはありませんよ。

 

Facebookの非公開投稿を見る方法

知り合いのフェイスブックアカウントを見たとき、何も投稿されていなかったり、思ったよりも投稿が少なかったときってありますよね。相手が何も投稿していない可能性もありますが、もしかすると投稿の公開範囲が非公開なだけかもしれません。

非公開になっているとアカウントなしでその投稿を見ることができなくなっています。非公開投稿を見る方法はただ1つ!フェイスブックアカウントを作って相手と友達になることです。

 

アカウントなしでも閲覧はできますが、コメントなどの機能は一切使えません。

ただ、登録して相手と友達になれば公開範囲が「友達」となっている投稿までは見ることができますよ。

 

様子を探りたいときはアカウントなしで閲覧、そして機能を使ったり隠された投稿を見たいときは登録して使ってみることをおすすめします!