【フェイスブック】「知り合いかも」を通知オフ・削除・復活する方法

実名で登録しているユーザーが多いフェイスブックは、リアルの友達を探すのにとても便利なSNSです。メールアドレスや電話番号を同期して連絡先を知っている人と友達になれますし、「知り合いかも」という機能で友達かもしれない人をサジェストしてくれます。

 

ですがこの「知り合いかも」の機能、同級生が表示されたら「おっ」と思いますが、まったく知らない人も表示されます。「知り合いかも」は定期的に通知も届くので知り合いならまだしも、共通点が無さそうな人が表示されたらとりあえず消しておこうと思う人もいるでしょう。

 

今回は「知り合いかも」の通知をオフにする方法、削除方法や後で復活できるかどうかまで解説します。

 

Facebookの「知り合いかも」を通知オフにする方法

フェイスブックのお知らせを見落とさないために通知をオンにしている人も多いかと思います。しかし、フェイスブックを利用していると「〇〇さんは知り合い(ご存知)ですか?」と通知が届くことがあります。

 

実際に知り合いであればありがたい通知ですが、ほとんどの場合全然知らない人が通知されることがほとんどです。何度も知らない人の通知が届くと鬱陶しく感じてしまうので、通知オフにしておきたいですよね。

 

右のマーク→設定とプライバシー→アカウント設定

「知り合いかも」の通知は設定画面からオフにできます。フェイスブックを開いたら右下のマークをタップして下にスクロールし「設定とプライバシー」→「アカウント設定」の順にタップします。

 

「お知らせ」をタップ

次の画面で「お知らせ」をタップ。

 

「モバイル」をタップ

さらに「モバイル」をタップします。

 

お知らせをタップして通知オフにする

ここではスマホのプッシュ通知の設定を変更できます。上の方にはオフになっているお知らせが、下には最近のお知らせを表示。下の赤枠で囲まれた部分に「〇〇さんは知り合いですか?」という通知が入っているので、タップしてオフにしましょう。

 

ひとつオフにしておけば「知り合いかもしれない人に関するお知らせがオフになりました」と表示されるので、これで通知オフの設定は完了です。

 

Fecebookの「知り合いかも」をスマホから削除する方法

フェイスブックを利用しているとき、いろいろな場面で「知り合いかも」の表示を見かけることがあるでしょう。この「知り合いかも」を完全に非表示にすることはできませんが、不要な相手のアカウントを表示させないようにはできます。

 

「削除する」で相手を非表示にできる

画像のように「知り合いかも」が表示されているとき「友達になる」と「削除する」のボタンも一緒に表示されます。ここで「削除する」をタップすれば不要な相手を非表示にできますよ。

 

ただ、削除したからといって「知り合いかも」がゼロになることはありません。フェイスブックがまた新たな相手を探して表示させてくるようになっています。

 

フェイスブックは友達になりそうな人をどんどん勧めてくるので、いくら消してもゼロにならない「知り合いかも」機能はちょっと鬱陶しく感じることもありますよね。これはインスタの「おすすめのアカウント」と同じような機能と考えて、軽くスルーしておくくらいがちょうど良いでしょう。

 

Facebookの知り合いかも削除したら相手の表示はどうなるか

「知り合いかも」を削除したら自分のところでは非表示になりますが、相手側はどうなるのかも気になります。実は、自分が「知り合いかも」を消したからといって、相手の何かがわかるわけではありません。

 

つまり相手の「知り合いかも」には普通に自分のアカウントが表示される可能性があるということ。フェイスブックでは知り合いじゃなくても友達リクエストを送信する人も多いため、リアルの友達以外とは友達になりたくないという人にとっては不都合でもあります。

 

相手の「知り合いかも」にも自分のアカウントを非表示にしたい場合は、自分のアカウントを公開する範囲を制限する設定をする必要があります。

 

削除したフェイスブックの「知り合いかも」を復活させる方法

「知り合いかも」に表示される人を削除する方法はわかりましたが、削除ボタンを押し続けていると間違えてリアルの友達まで消してしまうこともあります。こんなときは時間が経てばまた表示されるようになるのか、後で復活する方法があるのか気になりますよね。

 

ブロックした相手であれば後でブロックを解除すれば良いのですが「知り合いかも」の表示を消してしまった場合、残念ながら設定から後で復活させることはできません。ただ「知り合いかも」に表示されるアルゴリズムを利用すれば後で復活できる可能性はあります。

 

・間違えて削除した相手のプロフィールを定期的に見る

・間違えて削除した相手を定期的に検索する

 

上記の行動を続けるうちにアルゴリズムが「この人は知り合いなのかも?」と解釈して、「知り合いかも」に再度表示させてくれるかもしれません。

 

フェイスブックの「知り合いかも」に外国人が表示される理由

日本人の知り合いとしか友達になっていないはずなのに「知り合いかも」に外国人が表示されることもあります。これはなぜでしょうか?

 

実はフェイスブックが「知り合いかも」に表示させるアカウントは、何かしら自分と共通点があるアカウントです。例えば居住地や出身地、出身校、勤務先など。外国人とは一見接点が無さそうですが「共通の友達」によってこちらに表示されていると考えられます。

 

共通の友達がいることがわかる

「知り合いかも」の一覧を見てみると、名前の下に「共通の友達〇人」と表示されていますよね。これは相手も自分も友達になっている人がいるということ。別の誰かが外国人と友達になっていたら、自分の「知り合いかも」に表示される仕組みです。

 

外国人の「知り合いかも」も削除すれば非表示になるので、不要の場合は削除してもかまいません。後でやっぱり気になるという場合は相手を検索して何度かプロフィールを訪れれば再表示されることもあります。

 

「知り合いかも」の機能を上手に使って、友達になる人・ならない人を選びましょう。