フェイスブックをPCから退会する方法!一時停止との違いと再登録まで

フェイスブックでは国内外で最大級のSNSとなっていて、日本国内だけでも2,000万人以上の登録者がいるようです。他のSNSと比べて機能もたくさんあり、実名登録が基本なので、個人だけでなくビジネスでも使われるようになりました。

 

しかし、登録だけしてほとんど使っていないという人も少なくありません。特に若者はフェイスブックよりもインスタやツイッターを利用することが多くなっており、アカウントを放置している人も。

 

こういう場合はアカウントを持っていても仕方ないので削除したいですよね。もしくは、別の新アカウントを作ってイチからやり直したい人もいるでしょう。

 

ですがフェイスブックのスマホアプリの設定画面ではアカウント削除はどこを探しても見当たりません。利用解除(一時停止)はあるものの、アカウントは残るようです。

 

そこで今回はPCからフェイスブックを退会し、アカウントを削除する方法を解説します。

 

Facebookのアカウントを削除できないと言われている理由

フェイスブックに登録したものの使わなくなった人、新しくアカウントを作り直したいという人は一度アカウントを削除することを考えると思います。ですが、「フェイスブックのアカウントは削除できない」という噂もあるようです。

 

本当は削除できるのですが、「削除できない」と言われるのはフェイスブックの設定画面のどこを探しても「削除」という表示は見当たらないからでしょう。

 

実はフェイスブックと連携しているインスタの設定画面から「アカウントを追加」はあるものの、削除できるところは表示されていないのです。これはユーザーが安易な気持ちでアカウントを作成→削除を繰り返さないようにするための対策なのだと考えられますね。

 

Facebookの利用解除(一時停止)と退会の違い

フェイスブックアカウントの削除方法の前に、まずはフェイスブックの利用解除(一時停止)と退会(アカウント削除)の違いをはっきりさせておきましょう。

 

利用解除とはアカウントを一時的に停止しておくことです。利用解除することでフィードの閲覧はできず、検索に表示されなくなったり、メッセージを誰かに送ったりすることもできなくなります。

 

しかしあくまでも一時停止なので、フェイスブックのデータはそのまま残っているため後で再開することができます。「しばらくフェイスブックから離れたい」という場合に有効な手段ですね。

 

一方、退会になると完全にアカウントが削除されます。削除までに時間はかかりますが、最終的には個人を特定できるようなデータは残らず、フェイスブックの利用は一切できなくなるのです。

 

データの復活もできないので「フェイスブックから完全に退会したい」と意志が固まっているときだけ退会をしましょう。

 

自分の状況や今後のことを考えて、どちらを選ぶか決めるのが良いでしょう。

 

フェイスブックをPCからすぐに退会する方法

PCからフェイスブックを退会したいとき、自分の設定画面からはできないのでヘルプセンター経由で退会処理しないといけません。こちらがFacebookヘルプセンターのリンクです。

 

「アカウントの管理」にカーソルを合わせる

こちらがフェイスブックヘルプセンターのトップページです。上のタブから「アカウントの管理」にカーソルを合わせましょう。

 

「アカウントの停止または削除」をクリック

上記の画面のように出てくるので、一番下の「アカウントの停止または削除」をクリックします。

 

丸で囲まれたところをクリック

この中から「自分のアカウントを完全に削除するにはどうすればよいですか」という質問があるので、クリックしましょう。

 

アカウント削除に関する説明

すると、アカウント削除に関する説明が出てきます。しっかり読んで削除する場合は一度ログインして、Facebookに連絡する必要があるようです。「Facebookにご連絡ください」の部分がリンクになっているので、クリックしましょう。

 

ログインする

クリックするとログイン画面に切り替わります。メールアドレスやパスワードなどを入力してログインしましょう。

 

「アカウントを削除」をクリックして完了

ログイン後、自動的にアカウント削除の画面になります。繰り返しになりますが、アカウント削除をしたらすべてのデータを復元できなくなります。それでも良い場合を「アカウントを削除」の青いボタンをクリック。これで削除は完了です。

 

フェイスブックを退会したら二週間以内なら再登録できる

先ほどのヘルプセンターの説明にもありましたが、アカウント削除の申し込みをした後、削除開始まで二週間の猶予があります。

二週間後にアカウントが削除される仕組み

 

つまり、この二週間の間は「アカウント削除」ではなく「利用解除」された状態になっているということなので、二週間以内であればアカウント削除をキャンセル、フェイスブックに再登録できるということなのです。

 

削除しようかどうかまだ迷っているという人や、削除の申し込みをしたもののまだ不安があるという人は二週間の猶予があるので、しっかり考えてキャンセルするか、削除してしまうか決断すると良いですね。