解約多い!?使えないと評判のアップルミュージック

↓こちらがおすすめです
【比較】音楽配信アプリ10選紹介

TSUTAYAなどのCDショップに行って、最新の曲や話題の曲をレンタルしたり購入したりするのはいいけれど。いちいちスマートフォンに入れるのが面倒くさい。そう感じたことはありませんか。

 
Appleが提供する「Apple Music」であれば、その悩みを解消することができます。今回、この記事では「Apple Music」についてレビューしていきます。

Apple Music

Apple Music
開発元:Apple Inc.
無料
posted with アプリーチ

Apple Musicアプリはこんなアプリ


Apple Musicは、iPhoneやiPad、Macを手掛けたApple Inc.が開発した定額制の音楽ストリーミング配信サービスアプリです。Apple Inc.のアプリですが、MacやiPhoneに限らず、Androidでも利用することができます。ちなみにiOSにApple Musicはなく、デフォルトで入っている「ミュージック」アプリの中から利用することができます。
 
2015年6月からサービスを開始した同アプリは、月額980円で約4,500万曲が聞き放題です。また、1,480円で家族全員が使えるようになり、学生であれば480円で使い放題です。
 
iTunes Storeなど、他の音楽サービスとの違いは、iTunes Storeはダウンロードサービスであるのに対して、Apple Musicはストリーミングサービスであるということです。音楽をダウンロードすると、曲数あたりの容量を必要としますが、ストリーミングであれば容量を逼迫することがないので、音楽以外のデータを存分にスマートフォンに入れることができます。

Apple Musicアプリをレビュー!おすすめポイント

↓4,500万曲が聴き放題!洋楽のラインナップが豊富!

Apple musicでは何と4,500万曲が聴き放題です。他の音楽配信サービスが概ね3,000万曲ですから、Apple Musicがいかに多くの楽曲を扱っているかが分かります。
 
加えて洋楽のラインナップが豊富にあります。ジャスティン・ビーバーや、ブルーノ・マーズ、レディ・ガガといった有名なアーティストはもちろんのこと、マイナーなアーティストの楽曲も幅広く扱っています。探してもなかったアーティストの楽曲が、Apple Musicでは見つけることができるかもしれません。
 
↓For You機能が便利!新しい音楽を発掘できるかも。

Apple Musicのメニューの一つ、「For you」は自分の好みのアーティストやプレイリストを元にして、おすすめの楽曲を紹介してくれる機能です。
 
紹介されるプレイリストは日ごとに変わり、ユーザーは紹介されたプレイリストを聴いて、好きか嫌いかの評価を送ります。
 
そうすることでApple Musicがユーザーの好きな音楽、嫌いな音楽を学習していくので、理論上、ゆくゆくは好きな楽曲のみで構成されたプレイリストを紹介してくれることになります。
 
自分でプレイリストを作成するのも、もちろん良いのですが、マンネリ化してしまうこともありますよね。「For you」機能を使えば、新しい音楽を発掘できるかも知れませんから、マンネリから抜け出すことができますよ。

Apple Musicアプリの具体的な使い方

↓Apple Musicを使うにはApple IDが必要。

Apple Musicを使うにはApple IDが必要です。iPhoneを使っている人であればApple IDを作成している人が多いですが、Androidユーザーにとっては少し手間な気がしますね。
 
しかし、Androidストアでダウンロードする際、一緒にApple IDの作成を求められるので、画面の推移に従って進んでいけばものの数分でApple IDを作成することができます。Apple IDは持っておくと何かと便利なので、これを機に作っておきましょう。
 
↓プランを選択する。

プランは「個人」「ファミリー」「学生」の三種類から選ぶことができます。個人は月額980円、ファミリーは月額1,480円、学生は月額480円となっています。4,500万曲が月々この値段で聴けるのはお得ですよね。
 
ファミリータイプで使用する場合は、まず家族内の誰かが代表でファミリータイプで契約を結びます。この時、代表は成人であることが条件です。また、支払方法として、クレジットカードかデビットカードの登録が必要となります。その後、家族に対してファミリープランへの参加を案内していきます。
 
iPhoneの場合は、「設定」→「ユーザー名」→「ファミリー共有」の順に選択します。その後、「家族を追加」または「ファミリーメンバーを追加」をタップし、家族の名前またはメールアドレスを入力し、画面に表示される案内通りに手続きを進めていきます。
 
Androidの場合は、まずApple Music内で、左上にあるメニューアイコンをタップします。次にメニューの上部で自分の写真または名前をタップして、アカウント設定画面を表示します。「メンバーシップを管理」をタップし、「ファミリー共有設定」または「ファミリー」をタップします。
 
↓学生は月額480円とかなりお得

続いて学生プランへの申し込み方法です。学生プランとは、学位を授与する総合大学または単科大学の学生に対して、最大で48か月(4年間)割安価格でApple Musicを提供するプランのことです。
 
この学生プランは、申込者が学生であることを証明する必要があります。
Apple Music内(iPhoneの場合はミュージック)にある「For You」を開き、「学生」を選択します。その後、「利用資格を確認」をタップするとブラウザが開くので、学校用または個人用のメールアドレスを入力し、自分が通っている学校の名前を検索します。学校が見つかったら、ポータルサイトに入ることで、学生とみなされます。
 
この時、学校のWi-Fiに接続されている状態でApple Musicにアクセスするか、学校用のメールアドレスの提示を必要とされる場合があります。

Apple Musicを無料で使う方法とは


ここまで、Apple Musicのお得なポイントや使い方についてご紹介してきましたが、何とApple Musicは登録して3か月間の間、無料で使うことができます。
 
このキャンペーンは今のところ継続して開催されていますが、いつ終了するかわかりません。気になっている人は今のうちに!そうでない人もApple Musicがどのようなものか試すいい機会になるのではないでしょうか。
 
4,500万曲が聴き放題のサービスを3か月も無料で提供するApple。太っ腹ですね。

Apple Musicを解約する方法

↓解約するためには、自動更新を停止させておく必要がある。

Apple Musicを使用するにあたり、解約方法が分からない、自動的に課金されてしまった。という悩みがインターネット上に書き込まれるのを目にしたという人もいるのではないでしょうか。Apple Musicは自動更新されるシステムになっているので、それを停止する必要があります。
 
iPhoneの場合は、「設定」→「ユーザー名」→「iTunes と App Store」の順に選択し、画面上部に表示される Apple ID をタップします。その後、「登録」をタップすると購読しているサービスの一覧が表示されるので、その中から「Apple Music」を見つけ出し「登録をキャンセルする」をタップすることで自動更新を停止することができます。
 
Androidの場合は、まずApple Musicの左上隅のメニューアイコンをタップします。次にメニューの上部の自分の写真または名前をタップし、プロフィールの下部までスクロールして、「アカウントを表示」をタップします。
 
「メンバーシップを管理」または「ファミリーを管理」をタップします。Apple IDのパスワードの入力画面が表示されたら、入力してください。その後、「登録」をタップし、「自動更新」をオフにします。これで完了です。

Apple Music

Apple Music
開発元:Apple Inc.
無料
posted with アプリーチ