LINE IDの設定方法を解説!登録すべき?設定しないデメリットは何?




LINEのアカウント設定時には電話番号登録して、ユーザー名などを決めていきます。

「LINE ID」については初期設定時に登録を行うわけではないため、未設定でそのままになっている方も多いでしょう。

LINE IDを設定することで何ができるようになるのか、設定しないデメリットはあるのかなど気になる疑問もあると思います。

そこで今回は「LINE ID」の設定方法やLINE IDによって使える機能、設定しないデメリットや利用上の注意点を詳しく解説していきます。

LINE IDって何?

「LINE ID」とは、LINE内で使用できるユーザー同士を識別するための記号(文字列)を指します。

一般的にネットサービスでは「ユーザーID」を設定し、個人のアカンウトとしてサービスを利用していますよね。

LINEでは電話番号やメールアドレスを登録してアカウントを作成し、メッセージの交換などで使用する「表示名」を設定します。

「表示名」はユーザー情報であることには間違いないのですが、ユーザーIDではありません。

「表示名」「電話番号」「LINE ID」

LINE IDの設定には初期登録の後、個別に設定する必要があります。

では、LINE IDの設定方法はどうやるのか見ていきましょう。

LINE IDの設定方法

LINE IDを設定する方法を解説します。

まず、LINEアプリを起動し、ホーム画面右上にある「⚙」のマークをタップします。

「⚙」マークをタップ

設定画面が表示されるので、その中から「プロフィール」をタップしてください。

「プロフィール」をタップ

プロフィール画面何に「ID」という項目があります。LINE ID未設定の場合にはここに「未設定」という表示がなされています。

「ID」をチェック

「ID」をタップするとLINE IDの設定画面が表示されるので好きな文字列を記入してください。

LINE IDでは半角英数字で最大20文字以内、他のユーザーと全く同じLINE IDを設定することはできません。

LINE IDを入力し「このIDは使用可能です」と表示されれば「保存」をタップして設定完了となります。

自分のLINE IDを確認するには?

設定したLINE IDは自分のプロフィール画面にて確認ができます。

ホーム画面右上の「⚙」をタップし、

「⚙」マークをタップ

設定画面から「プロフィール」を選択

「プロフィール」をタップ

プロフィール内の「ID」という項目に設定したLINE IDが表示されています。

「ID」をチェック

LINE IDを登録すると何ができる?

LINE IDは新規登録時に設定を行うものではありません。

設定を行わなくてもLINEは問題なく利用できるため「何のために設定するの?」と疑問を持たれる方もいるでしょう。

ここではLINE IDを設定することで利用できる機能について紹介していきます。

LINE IDから友達追加ができる

LINEで友だちを追加する方法にはさまざまなものがあります。

QRコードや端末内の連絡帳との連携、ふるふるや電話番号検索といった方法がありますが、LINE IDを設定することで「LINE IDによる検索」が行えるようになります。

ホーム画面右上にある友だち追加のマークをタップ

「友だち追加」マークをタップ

「検索」をタップすると「ID」による友だち検索ができます。

 

「検索」をタップ

「LINE ID」を検索する

友だちから教えてもらったLINE IDをここに入力すると検索でヒットしたユーザーが表示され、友だちに追加することができます。

LINE IDの検索は年齢確認をしないとできない

LINE ID検索はLINE内で年齢確認を済ませていないと利用できません。

ID検索では不特定多数のユーザーが検索する/される可能性もあり、トラブルなどの未然防止の観点から18歳未満は利用を制限されています。

ちなみにこの年齢確認はau、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルユーザーのみが利用可能となっており、その他の格安スマホをお使いの方は年齢確認ができない仕様になっています。

年齢確認の方法としてはトップ画面右上の「⚙」をタップ

「⚙」マークをタップ

設定画面から「年齢確認」を選択します。

「年齢確認」をタップ

年齢確認がまだ行われていない場合には「年齢確認結果」の欄に「不明」「未確認」といった表示がなされています。

「年齢確認結果」をチェック

「年齢確認結果」をタップすると「年齢確認を行いますか?」という画面が表示されるので、お使いの携帯会社をタップして手続きを進めていきます。

利用している携帯会社を選択

その後は、携帯各社のアカウントでログインを行い、それぞれの手続きに従って年齢確認を行っていきます。

LINE IDを教えることで友だちに追加してもらえる

自分のLINE IDを友だちに教えることで友だちがLINE ID検索から友だちに追加するといった機能も利用できます。

ただ、これについては自分のLINE内での設定で「ID検索による友だち追加」を許可する設定を事前に行う必要があります。

設定方法はホーム画面右上の「⚙」マークをタップ

「⚙」マークをタップ

設定画面内の「プライバシー管理」をタップします。

「プライバシー管理」をタップ

プライバシー管理内に「IDによる友だち追加を許可」という項目があるので、それをONに設定します。

「IDによる友だち追加を許可」

この設定を行うと友だちが自分のLINE IDを検索できるようになります。

LINE IDを設定しないデメリットは?

LINE IDは初期登録時に設定を行うものではないため、設定せずにそのままになっている方も多いでしょう。

LINE IDを設定したからといって利用できるのは「LINE ID検索」ぐらいで大きなデメリットがあるかと言われればそうではありません。

LINE IDがなくてもメッセージの交換や通話、友だち追加も問題なくできますし、LINE IDがないと使えない機能があるわけでもありません。

「LINE ID」なしでも友だち追加はできる

ただ、LINE IDがあることによってネット上で知り合った人ともLINE IDを通じて友だちに追加できるようになります。

知らない相手に電話番号を教えるのはなかなかリスキーでもあるため、LINEしか使用しないLINE IDの方が安心して知らない人とでもやり取りができるというのはメリットかもしれません。

LINE IDは変更できない

一度設定したLINE IDは変更することができません。

また、削除や1つのアカウントで複数のLINE IDを設定することもできないので設定時には注意が必要です。

不用意に変なLINE IDを設定してしまうと、そのIDを使い続けなければなりません。

どうしてもLINE IDを作り直したい人は一度アカウントを削除して、再度アカウントを作成する必要があります。

「LINE ID」変更にはアカウントを削除しなない!

LINE IDを設定する時はよく考えて行いましょう。

LINE IDは個人情報の1つ!注意して扱おう

LINE IDはLINE内でしか使用しないものですし、LINE IDを使ってアカウントにログインするわけでもないため警戒心が薄れてしまいがちになってしまう方もいるでしょう。

しかし、LINE IDも立派な個人情報の1つです。

取り扱いには注意しなければなりませんし、無闇にSNSなどにLINE IDを公開するのは控えましょう。

不特定多数の人にLINE IDを公開してしまうことでトラブルに巻き込まれるリスクも想定されるので注意を払って利用してください。

LINE ID検索から友だち追加されないためには?

LINEのID検索による友だち追加は便利な機能である反面、知らない人からIDを検索されて友だち追加をされる可能性もあります。

ID検索の機能を便利かつ安全に使うためには利用時のみID検索をONにして、それ以外ではOFFにしておくといいでしょう。

「ID検索からの友だち追加」に関する設定は「ホーム画面右上⚙マーク」をタップ

「⚙」マークをタップ

「プライバシー管理」を選択

「プライバシー管理」をタップ

「IDによる友だち追加を許可」からON/OFFの設定が行えます。

「IDによる友だち追加を許可」

ID検索を使わない時はOFFにしておくのが無難です。

プロフィール画面下に表示されているIDは公開されている?

LINEで自分のプロフィールを確認してみると名前の下にLINE IDが表示されています。

このプロフィール内のLINE IDは他のユーザーに公開されているのでしょうか。

プロフィールに表示されるLINE ID

こちらについては公開されていません。

試しに友だちのプロフィール画面を確認してみましょう。

友だちのLINE IDは表示されていないはずです。

LINE IDは絶対に必要という訳ではないが、設定するとより便利に使える

LINE IDの設定方法や設定することで利用できる機能などについて解説していきました。

設定をしなくてもLINEを利用する上で不便になることはほとんどありませんし、無理に設定しなければいけないものでもありません。

ID検索による友だち追加の機能を便利に使いたい人は設定してみてください。

また、LINE IDも個人情報の1つとして取り扱いには注意しましょう。