インスタでアカウント切り替えできない原因と対処法まとめ!




「インスタのアカウントを切り替えられない」「複数のアカウントを切り替える方法が分からない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、インスタグラムでアカウント切り替えできない原因と対処法について解説します。

「アカウントを切り替えて他ユーザーにバレるか心配」「ログアウトしたアカウントに再ログインしたい」という方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

インスタでアカウントを切り替えられない原因

インスタグラムでアカウントを切り替えできない原因は以下の通りです。

  • ログアウト時にアカウント情報を記憶している
  • 端末(PC・スマホ)の挙動が重い
  • ネットワーク接続のエラー

どれも簡単に対処できるものばかりなので、原因に心当たりがある方は、これから解説する対処法を試してみましょう。

インスタでアカウント切り替えできない原因は「アカウントの記憶」

インスタからログアウトしたのにアカウントが残る原因は、ずばり「アカウント情報の記憶」にあります。

切り替え欄に残るがログアウトは完了している

アカウント情報を記憶するとスムーズな再ログインが可能となりますが、画像のようにアカウント切り替え欄へ残ることに。

アカウント切り替えできない時は「記憶しない」を選ぶ(2018年2月)

インスタグラムで完全にアカウント切り替える方法(ログアウト)について解説します。

画面右上の『設定』アイコンをタップ

まずはログアウトしたいアカウントのホーム画面で、『設定』アイコン(右上の赤枠)をタップしてください。

画面下の『(ユーザー名)からログアウト』をタップ

するとオプション画面へ移動するので、下にスクロールして『(ユーザー名)からログアウト』をタップしましょう。

『後で』『記憶する』と表示されるのでどちらか選んでタップする

この時、「アカウントを記憶しますか?」と尋ねられます。

「完全にログアウトしたい!」という方は、『後で』をタップすればOKです。

インスタでアカウントを切り替えても他ユーザーにバレない

インスタグラムでは、アカウントを切り替えても他ユーザーに通知が届くことはありません。

つまり、好きなタイミングで本アカ(使用頻度の高い主要なアカウント)と趣味アカ等を切り替えても、他ユーザーへバレる心配は無いのです。

アカウント切り替え時に「記憶する」を選ぶと楽に再ログイン可能

アカウントのログアウト時に「記憶する」を選んだ場合は、ログアウトしても情報が記憶されるので、もう一度アカウントを使いたい時に簡単にログインすることができます。

この時、ログアウトしたアカウントは切替画面に残り、IDとパスワードを入力しなくても再ログインが可能です。

上で述べた通り、完全にログアウトできない人は「記憶する」を選んだ可能性があるので注意しましょう。

記憶しないを選ぶとログイン情報の入力が必要

アカウントのログアウト時に「後で」を選んだ場合、ログアウトが完了すると元のアカウントは切替画面から削除され、再ログイン時にIDとパスワードの入力が求められます。

ログアウトしたアカウントにログインする方法

完全にログアウトしたアカウントに再ログインする場合、もう一度「メールアドレス」「パスワード」といったアカウント情報の入力が必要となります。

プロフィール画面から右上の『設定』アイコンをタップ

プロフィール画面から右上の『設定』アイコンをタップします。

設定画面を下にスクロールさせて『アカウントを追加』をタップ

 

設定画面を開いたら『アカウントを追加』をタップします。

ログイン画面が表示されるので状況に応じて操作する

するとログイン画面が表示されるので、アカウントを追加でログインする場合は「ユーザーネーム」「パスワード」を入力して『ログイン』をタップしましょう。

パスワードを忘れた場合は、青字の『ログインに関するヘルプ』をタップすればパスワードの再設定が可能です。

アカウントの記憶情報を消す方法

アカウントの記憶情報を後から消す場合、一度全てのアカウントからログアウトする方法がオススメです。

画面下の『すべてのアカウントからログアウト』をタップ

やり方は簡単で、先ほどのオプション画面まで戻り、『すべてのアカウントからログアウト』をタップしてください。

アカウント名を確認したら『すべてのアカウントからログアウト』をタップ

画面が切り替わったら、表示されているアカウント名を確認し、『すべてのアカウントからログアウト』をタップしましょう。

これで、一気に全部のアカウントからログアウトすることができます。

ちなみに特定のアカウントのみログアウトしたい場合は、画面右の赤枠で囲まれた部分をタップしてから『すべてのアカウントからログアウト』を押しましょう(複数選択可)。

端末(インスタグラム)が重い時は再起動&再インストールする

インスタグラムのアプリが重くてログアウトできない時は、一度アプリを再起動してみましょう。

「再起動を何回も試したけど直らない!」、そんな時はアプリを再インストールしてみるのもオススメです。

アプリを削除しても、アカウントにログインさえすればデータは残ったままなので心配はありません。

ログイン画面で「ユーザーネーム」と「パスワード」を入力

インスタグラムのアプリを再インストールして起動後、ログイン画面で「ユーザーネーム(メールアドレス)」「パスワード」を入力します。

入力したら『ログイン』をタップして完了

入力が完了したら、『ログイン』をタップすれば元のアカウントが使えるようになります。

また、Facebookのアカウント情報でもログインできるので、連携しているユーザーは覚えておくと役立ちますよ。

メモリを解放すると端末がサクサク動く

「再起動しても状況が改善しない」「アプリを入れなおしたのにまだ動きが重い」という場合は、以下の方法で端末のメモリ解放を行ってみてください。

(以下iPhoneの手順になりますがAndroid端末でも基本操作は同じです)

設定から『一般』をタップ

ホーム画面から『設定』を開いたら、設定画面で『一般』をタップします。

一般設定から『ストレージとiCloudの使用状況』をタップ

一般設定から『ストレージとiCloudの使用状況』をタップします。

『ストレージを管理』をタップ

使用済みと使用可能なストレージ量を確認したら『ストレージを管理』をタップします。

ストレージ管理画面で不要なアプリやデータを削除する

ストレージ管理画面では端末にインストールされているアプリの使用データが列挙されています。

使用可能なデータ量が残り少なくなっている場合は、ここで不要なアプリを削除しておきましょう。

アプリ以外に写真や動画データもストレージを圧迫するので、いらない写真を削除するだけでも数百MBは確保できますよ。

通信が不安定ならインターネットに再接続する

不安定な通信状況でアカウントの切り替えが行えない場合、インターネットに再接続する必要があります。

設定画面から『Wi-Fi』をタップ

ホーム画面の『設定』から設定画面を開き『Wi-Fi』の項目をタップします。

Wi-Fi接続を確認してからトグルスイッチを切り替える

Wi-Fi接続画面を開いたらまずは接続状態を確認して、トグルスイッチをオフ→オンにして再接続しましょう。

各キャリアの回線を利用している場合は、電波の届く場所でもう一度インスタグラムを起動してみてください。

Wi-Fi接続からキャリア接続に切り替える

「Wi-Fi接続の調子が悪くてネットワークエラーが直らない!」という場合は、キャリア回線(4G・LTE)に切り替えてみましょう。

状況によりますが、ポケットWi-Fi等に比べて驚きの速さでインスタグラムのデータを読み込めます。