インスタの人気投稿に選ばれる基準!いいね少ないのに人気投稿の理由




インスタの人気投稿をご存知でしょうか?例えば#うちのごはんというハッシュタグで検索をするとします。

ハッシュタグを検索

インスタを起動して、虫メガネマークのタブを開いて検索に入力。

 

この最初に並んでいる9つの写真が#うちのごはんで検索したときの人気投稿ということです。この下に最新の投稿がズラッと並んでいます。

 

人気投稿と言うだけあって、「いいね」の数が多いのかな?と思いきや、「いいね」が4件しかない投稿も!

 

この投稿の中で「いいね」が100件を超えているのは1つだけでした。ほとんど20~30くらいで、それほど多くはありません。

 

数時間前の最新の投稿の方が「いいね」の数が多いこともあります。

 

このインスタの「人気投稿」、どういう仕組みになっているのか気になりませんか?「いいね」が少ないのになぜ「人気」という表現にしているのでしょうか。

 

ここでは、インスタの人気投稿に選ばれる基準や「いいね」が少なくても人気投稿になる理由を解説します。

 

人気投稿のアルゴリズムはこうなっている!

インスタの人気投稿は、数あるユーザーの投稿の中からInstagramが選んだもので、フォロワーの多いアカウントだけでなく規模の小さいアカウントの投稿も選ばれています。

 

ですが、Instagramの公式ではその明確なアルゴリズムが公表されているわけではありません。以下のように説明されています。

 

人気投稿はトレンドになっているハッシュタグやスポットで表示されます。ハッシュタグやスポットでタグ付けされた人気のある投稿の一部が表示されます。

(Instagramヘルプセンターより引用)

 

そこで、人気投稿に上がっているものを分析すると以下のような基準が見えてきました。

 

・エンゲージメント率(その投稿をみた人が「いいね」をした確率)が25%であること。

・つけたハッシュタグの投稿数が多い(人気のハッシュタグである)ほど、人気投稿に上がるのは人気のアカウントになること。

・投稿から24時間以内に何かしらのエンゲージメントがあること。

・人気のあるハッシュタグのついた投稿が人気投稿に表示される時間は短く、投稿数の少ないハッシュタグほど長い間人気投稿に表示される。

 

つまり、投稿から24時間以内に最低でも5人に1人が「いいね」をしていて、付けたハッシュタグの投稿数が少ないほど人気投稿に上がりやすいということです。

 

いいね少ないのに人気投稿に選ばれる理由

「いいね」の数が多ければ多いに越したことはないですが、「いいね」が少ないのに人気投稿に選ばれているものもありますよね。

 

その理由は、先ほど説明した人気投稿に選ばれる基準をもう一度よく見るとわかります。

 

まず、つけたハッシュタグの投稿数が少なければ少ないほど、フォロワーが少ないアカウントでも人気投稿に上がりやすいです。

 

ちなみに#うちのごはんの投稿数は約23,000件でした。世界中に6億人のインスタユーザーがいることを考えると、少ない方だと言えます。

 

また、24時間以内に5人に1人から「いいね」をもらればクリアできるのもポイント。

 

インスタに投稿すればフォロワーのタイムラインに表示されるので、フォロワーが全員友達であれば知らない人よりも「いいね」をもらいやすくなります。

 

そういった理由で、アカウントのフォロワーや投稿の「いいね」が少なくても

 

・使うハッシュタグは投稿数の少ないものを選ぶこと。

・「いいね」をつけてくれる人の目に触れさせること。

 

これらを意識すれば人気投稿に選ばれやすくなるというわけです。

 

インスタの人気投稿に出てくるものは人によって違う

実は、インスタの人気投稿に出てくる投稿はそのハッシュタグを検索する人によっても変わってきます。

 

こちらは先ほど載せたハッシュタグの人気投稿です。

 

そしてこちらは別のアカウントから同じハッシュタグで検索したときの人気投稿です。

 

出てきた結果が全く違うものになりました。

 

インスタの人気投稿に出てくるものは、自分自身のアカウントやフォローしているアカウントが優先的に表示されるようになっています。

 

すべてのインスタユーザー共通というわけではないのです。

 

これはどのアカウントも公平にフォロワー数や「いいね」数を獲得するための、Instagram側の気遣いだとも言えます。

 

人気投稿に表示されるための基準を知っておけば、これからどんなハッシュタグを使った投稿をすればいいのかが見えてきますね。