【インスタ】改行できない理由と絵文字やコピーでおしゃれに改行する方法




世界中からおしゃれな写真が集まるインスタグラム。

写真や動画などのビジュアルコンテンツがメインのSNSですが、もちろん写真だけでなくその下に表示される文章(キャプション)も重要になります。

 

インスタはTwitterのリツイートやFacebookのシェア機能はなく、URLを貼ってもリンクに反映されません。

そこでユーザーは、投稿された写真と合わせたキャプションを読んだり、キャプションの中に書かれたハッシュタグを利用することが多いのです。

 

せっかく素敵な写真を撮って投稿したなら、キャプションも見やすく、おしゃれに書きたいですよね。

しかしインスタでは、他のSNSで普通にできる「改行」ができない・反映されないのです!

 

今回はインスタの投稿に改行が反映されない理由や、絵文字などを使っておしゃれに改行する方法などを解説します。

 

インスタの投稿に改行が反映されない!ドットでも改行できない!?

あなたはインスタに投稿したとき、どれくらいキャプション欄を書いているでしょうか?

キャプション欄には主に写真の説明や、その日の日記、思い出などを書く人も多いでしょう。企業であれば新商品の案内などを書きますよね。

さらに、キャプション欄にはハッシュタグをつけたり友達をタグ付けすることもできるため、インスタに投稿する写真の次に重要な要素になります。

 

しかし、インスタでは投稿のキャプション欄や自己紹介の欄で空白行の改行をすることができません。

空白行を入れる

例えば自己紹介の記入で、上記の画像のように空白行を入れてみます。

文字の間が詰まる

いざこれで保存して確認してみると、自己紹介の空白行は消え、文字の間が詰まってしまいました。

自己紹介だけでなく投稿へのキャプションを書くときも、空白行を入れて改行することができません。

 

この「改行できない」というトラブルに関してドットを使って一文字だけ入力し、改行するという方法がありました。

しかし、何らかのトラブルによってドットでの改行も反映されないことがあるようです。

 

インスタで改行できない理由とは

そもそもなぜインスタでは改行できないようになっているのでしょうか?

その理由は他のSNSと比べることで明らかになります。

 

例えばFacebookでは、1つの投稿の中に書ける文字数が多いです。しかし、あまり多くの文章を書いてしまうとニュースフィードがその投稿で埋め尽くされてしまいます。

そこでFacebookは長い投稿に対して「もっと見る」というリンクで省略をしています。

 

一方でツイッターは1つの投稿に書ける文字数が、140文字までと決まっています。これは他のSNSに比べて圧倒的に少ない文字数なので省略する必要がありません

 

それに対してインスタは、キャプションに書ける文字数は最大で2,000文字です。2,000文字いっぱいに書いてしまうと、それだけでタイムラインが埋め尽くされます。

さらに改行までしてしまうことで、タイムラインに最も重要であるべきはずの写真や動画が表示されなくなってしまうのです。

 

あくまでインスタは写真や動画をメインとしたSNS。キャプションも重要ですが第二の要素としてあまり主張しすぎることのないように改行ができない仕組みになっていると考えられます。

海外ユーザーの外国語での投稿

また、英語などの外国語で投稿しているユーザーは、ほとんど改行を使っていないという特徴もあります。

 

改行できないのアイフォンだけ?PCは?

インスタは基本的にスマホで利用します。投稿もスマホからなので、改行できないと気づくときはスマホを触っている時でしょう。ではPCで試した場合どうでしょうか?

まず、インスタはPCから投稿することができません。PCで触れるのは自己紹介欄のみとなっています。

実際に自己紹介欄をPCで変更して空白行を入れてみましたが、保存しても相変わらず改行反映されていませんでした。

 

改行が反映されないので、スマホでドットを使って改行している人も多いでしょう。

ただ、ドットを使っても文章と文章の間が詰まってしまったり、改行が反映されずマジ続きになってしまったりというトラブルもあるようです。

ドットで改行したキャプション

 

ドットでも反映されないトラブルの原因は、インスタアプリのエラーや不具合(バグ)である可能性が高いです。次の方法で対処してみてください。

・インスタアプリを最新バージョンにアップデートする

・スマホを再起動する

・インスタアプリを一度削除し、再インストールする

・バックグラウンドで開いているアプリをすべて落とし、インスタアプリを再起動する

・オプション画面の「問題を報告」から運営に報告する

 

基本的にインスタの改行は一文字でも書いてあれば改行できるので、ドットを入力しても解除できない場合は何らかのエラーだと考えられます。

日本語の場合、改行しないと読みにくいですよね。「改行できない」というトラブルを解消して、見やすいキャプション欄を作りましょう。

 

ただし、改行しすぎて文章が長くなってしまうと逆に読みにくくなってしまうので注意してください。

 

インスタで絵文字や空白、コピーを使っておしゃれに改行する方法

それではインスタをおしゃれに改行する方法をご紹介します。もちろん先ほど紹介したドットで改行してもいいですが、写真や動画をおしゃれにするならキャプション欄もおしゃれにしたいですよね。

ドットだけではなく絵文字やその他の記号、さらにスペースを使った空白やコピペを利用して改行する方法があります。

 

「*」を使った改行

例えば「*」を使った改行。「*」は単調なドット「・」よりも花に近い形でかわいい印象があります。さらにドットよりも小さいため、キャプション欄ではあまり目立ちません。

 

絵文字を使った改行

こちらは絵文字を使った改行です。スマホの絵文字はたくさん種類があるため、投稿した写真や季節、自分の気持ちなどに合わせた絵文字を選ぶことができます。

絵文字を使うことでキャプション欄も可愛くなるためおすすめです。

 

スペースの空白を使った改行

少し無理やり感のあるやり方ですが、スペースの空白を使った改行方法もあります。上記の画像の赤い線を引いた部分の上がスペースで空白を作った状態です。

この方法の良いところは、記号や絵文字を使わずに済むため、キャプションをシンプルに見せることができます。

ただやり方を工夫しないと、変なところで改行されてしまったり、逆に読みにくくなってしまうので注意しましょう。

 

最後にコピぺを使った方法もあります。次の項目で説明しましょう。

 

インスタ改行ツール「改行くん」について

インスタで改行ができないことから「改行くん」というアプリも出ました。

改行くん

このアプリではキャプションに書きたい文章を改行ありで書いていき、「テキストをコピーする」でコピーしキャプション欄に貼り付けることで、改行が反映されたキャプションにすることができます。

改行くんのテキストをコピペ

 

以前はメモ帳に書いた文章をコピペしていましたが、何の理由か失敗することも多く、改行くんが使われるようになりました。

 

こういったツールや絵文字、記号での改行を駆使して、インスタのキャプション欄を見やすくしましょう。