【インスタ】ストーリーズコントロールでメッセージやシェアを設定




あなたはインスタのストーリー機能をどれだけ利用していますか?24時間で消えてしまうという特性を利用して、通常のギャラリーに投稿するよりも気軽に投稿している人も多いですよね。

今ではインスタのメイン機能のひとつであるストーリー。ストーリーでできることも増えており、それに伴って各種設定も増えてきました。

 

インスタストーリーの設定をしたいときはオプション画面の「ストーリーズコントロール」から行います。今回はストーリーズコントロールでできる設定と、できないこと、「これはどうなるの?」といったことを解説していきます。

 

インスタのストーリーズコントロールで各種設定をしよう

インスタのストーリーズコントロールでは、ストーリー機能に関するすべての設定ができます。

アップデート前はバラバラの設定画面から設定していたことでも、最近のインスタユーザーはストーリーメインになりつつあるので、「ストーリーズコントロール」として各種設定をひとまとめにしました。

プロフィール右上の「・・・」をタップ

ストーリーズコントロールはオプション画面から行けます。まずはプロフィール右上にある「・・・」マークをタップしましょう。

ストーリーズコントロールをタップ

こちらがオプション画面。少し下にスクロールすると「ストーリーズコントロール」とあるので、そこをタップすればOKです。

まずはストーリーズコントロールでできる各種設定の解説をしましょう!

 

「この人にストーリーズを見られたくない」

ストーリーズを見せたくない人を設定

インスタのストーリー機能は、ストーリーを見せる人・見せない人を選ぶことができます。一番上の「ストーリーズを表示しない人」から設定が可能です。

見せたくない相手を選ぶ

「ストーリーズを表示しない人」をタップすると、フォロワー一覧が出てきます。ここからストーリーズを見せたくない人を選んだり、名前を検索したりして横にチェックマークを入れていきましょう。

選んだら右上の「完了」をタップして設定完了です。

 

「自分のストーリーをシェアされたくない」

インスタストーリーは誰でも簡単にシェアできるようになっています。

カメラマークでスクショしてシェア

他人のストーリーには左下カメラマークがあります。そこをタップすることでスクショを撮り、自分のストーリーにもシェアできるのです。

 

しかし、ユーザーの中にはシェアされたくないという人もいますよね。そんな人は次の設定でシェアをOFFにしましょう!

ストーリーのシェアを制限

「シェアを許可」横にあるボタンが青になっていたらONの状態。白ならOFFです。ストーリーをシェアされたくないときはボタンをタップして、青から白に切り替えましょう。

 

「投稿したストーリーを保存したい」

インスタストーリーにもハッシュタグやコメント、スタンプをつけて投稿できます。お気に入りのストーリーは保存しておきたいですよね。

そこで「保存」の項目の出番です。

カメラロール、アーカイブに保存

ストーリーを保存できる先は2つ。スマホのカメラロールと、インスタ内のアーカイブです。どちらか、または両方の設定をONにしておけば、24時間経ってるストーリーが消えても記録はしっかりと残ります。

自分で見返すだけでなく、ハイライトでまとめたり、もう一度投稿したりと便利なので保存がおすすめです!

 

Facebookでもストーリーをシェアしたい

フェイスブックがインスタを買収した話は有名です。それにより、インスタとフェイスブックは同系列なので簡単に連携も可能!

その連携機能を利用して、インスタに投稿したストーリーをFacebookでもシェアすることができるようになっています。

Facebookでシェアする?

一番下の「Facebookでストーリーをシェア」をONにすると、インスタに投稿すれば自動的にフェイスブックのストーリーにも同じものが投稿されるようになるため、フェイスブックを操作する必要がありません。

Facebookのストーリー

 

インスタストーリーにメッセージ(コメント)できない人を設定

インスタストーリーには、視聴者の反応がわかるようにとメッセージ送信機能もついています。

ストーリーに対してメッセージ送信できる

ここで送信したメッセージは投稿者のダイレクトメッセージ欄に届くのです。

ダイレクトメッセージにストーリーへの返信が届く

メッセージだけでなく、スタンプを使ったリアクションも同様です。

ストーリーに対するリアクション

 

しかし、ユーザーの中にはメッセージを送らないでほしい人もいるでしょう。そんなときはストーリーズコントロールのメッセージ設定を編集しましょう。

メッセージを許可する範囲を選ぶ

メッセージ送信できる範囲は全員か、フォロー中の人で選べます。一切許可しないときは「オフ」を選べばOKです。

 

個人に対してインスタストーリーのメッセージ拒否はできない

ストーリーへの返信許可の設定で「インスタストーリーのメッセージをこの人だけ拒否したい」というときもあるかと思います。「ストーリーズを表示しない人」で個別で選択できたので、メッセージの拒否も選べそうですよね。

しかし、ストーリーズコントロールで選べるのは先ほどの「すべての人」「フォロー中」「オフ」の3つのみ。個別で「この人だけ拒否」といった設定ができないのです!

 

その人からのストーリへの返信を拒否したいときには、ストーリーズコントロールではなく、ダイレクトメッセージから設定をしないといけません。

メッセージをミュートにする

メッセージをミュートにすれば、相手からメッセージが来ても通知されません。厳密には「拒否」というより「知らせない」ことしかできないんですね。

メッセージそのものを拒否したいときには、仕方ないですが最終手段としてブロックすることになるので、よく考えて設定しましょう!

 

インスタストーリーに来たメッセージは公開されない

ちなみに、インスタストーリーへの返信として届いたメッセージはコメントのように公開されたものではありません!

ダイレクトメッセージという1:1の場所に届いたメッセージとなるため、お互いにしか公開されないんですね。

 

人気インスタグラマーになると、ストーリーズに投稿しただけでメッセージに質問が殺到することもあるかと思います。

その質問に対してメッセージで個別に回答したり、シェアしたい質問と回答はまたストーリーに載せたりといった使い方をしている人が多いです。

 

ストーリーはインスタには欠かせない機能のひとつ!ストーリーズコントロールで自分好みに設定を変えて、インスタストーリーを使いやすくしましょう!