【インスタ】かわいく自撮りする方法と自撮りばかり載せてしまう心理




Twitterやブログなどの従来のSNSと比べ、インスタグラムは写真に特化したSNS。そんなインスタが流行し出してからビジュアルに気を使う人が増えてきました。

 

何か文章や文字を入力しなくても投稿できるので、自分をアピールしたい人はパシャッと自撮りをして簡単に投稿している人も多いです。インスタには世界中からの自撮りが毎日数万、数十万件単位で投稿されているのです!

 

ですが、たまに投稿が自撮りばかりの人を見かけませんか?自分だけじゃなく、家や言ったカフェ、持ち物など写真を撮る対象がたくさんあるのに、なぜか自撮りばかり。そんな人はどういう心理状態なのか気になりますよね。

 

今回はインスタに自撮りを投稿する心理や可愛い自撮りとブスな自撮りの違い、そして陰で「うざい」と言われていることなどを解説していきます。

 

インスタで自撮りを研究するならこのタグを使おう

インスタには毎日膨大な件数の投稿がアップされているので、その中から自撮りを探すのは至難の業。ここはハッシュタグを使って効率的に自撮りを探しましょう!おすすめハッシュタグは次のようなものがあります。

 

#自撮り・・・幅広く検索したい場合。

#自撮り女子・・・女の子に限定して検索したい場合。

#selfie・・・海外の投稿も検索できます。

#selca・・・「セルカ」とは韓国語で自撮りの意味。幅広く検索したいなら英字がおすすめ。

#me・・・「私」という意味ですが、海外の自撮り写真にはよく使われています

 

自撮りが好きな人、インスタに可愛い自撮りを載せたい人は、ハッシュタグを使って実際に投稿されている自撮りを研究してみてくださいね。

 

インスタで可愛い自撮りとブス自撮りの違い!可愛く撮る方法

インスタの自撮り投稿を見ていると「この人の自撮りはどれも可愛い」と思うものと「この自撮りはブスかも…」と思うものがありますよね。この2つの違いとは何でしょうか?

 

人の顔は生まれつきのものでそんなに簡単には変えられません。ですが、メイクしたり、髪型を整えたりするだけで別人のように変身できるのです。

 

可愛い自撮りのポイントが盛りだくさん

こちらの自撮りは、可愛く撮るためのポイントがたくさん!まず、しっかりメイクをすることと髪をキレイに整えること。それ以外にも上目遣いを意識したり、明るい場所で撮ったりすることでとても可愛い仕上がりになります。

 

残念な自撮りポイントは可愛い自撮りの逆

ちょっと残念だな、と思われる自撮りはまさに可愛い自撮りの正反対!すっぴん(すっぴんでも可愛い人はいますが稀ですよね)、髪はボサボサ。また、下からのアングルは太って見えることと、画質が悪いと肌が荒れているように見える点も注意してください。

 

可愛い自撮りを撮るポイントをまとめました。

・身なりを整えること

・斜め上からのアングルで撮ること

・上目遣いは目が大きく盛れる

・自然光などで明るい場所で撮ること

・画質にも気を使うこと

 

また、最近では自撮りで盛れるアプリもたくさん開発されています。アプリなら自動で小顔補整やデカ目補整をしてくれるので、しっかり盛りたい人におすすめです。

 

インスタグラムに自撮りばかり載せる人の心理

可愛く自撮りするための方法を解説しました。普段から自撮りをする人なら当たり前にやっている内容ばかりです。ですが、普段から自撮りをしすぎて、自撮りばかりで溢れているアカウントってありますよね。

 

投稿がすべて自撮りのアカウントも

一見するとアカウントが自分=自撮りで埋め尽くされているので、苦手意識を持つ人もいるでしょう。まだ後ろ姿やファッションスナップならバリエーションがありますが、「すべて顔・顔・顔」という状態……。

 

こういう人の心理は「他者から認められたい」「構ってほしい」という承認欲求が強くなっています。人は誰でも承認欲求がありますが、それが特に強くなって「自撮りの投稿」という行動になるのです。

 

また、自撮りをするということは自分で自分の顔に自信があるということ。なので、「自分に酔いしれている」「自分が好き」というタイプの人も自撮りをたくさん投稿します。

 

言い方が悪いように感じますが、承認欲求を満たす一番簡単な方法は自分自身を好きになることです。自撮りばかりを投稿していても、自信を持って堂々としているならそれはそれで素晴らしい生き方なのです。

 

インスタの自撮り男女に対する「痛い」「うざい」の声が

インスタに自撮りを乗せるのは女性だけとは限りませんよね。自分の顔に自信を持っている男性でも頻繁に自撮りを載せることがあります。

男性の自撮りも増えてきました

 

自信を持つこと、自分を好きになることは明るく生きるうえで大切ですが、それを第三者が見ると「痛い」とか「うざい」という声があるのも事実。だけどコメントなどで直接言われるということは少なく、陰で言われていることがほとんどです。

 

あなたも友達との話題で「〇〇ちゃんのインスタの自撮り、ちょっとうざくない?」みたいな会話になったことが1度はあるのではないでしょうか?

 

「あの人の自撮りうざい」「かわいこぶって痛い」なんて陰で悪口を言う人もいますが、実はそんな人は内心「あの子は可愛くて羨ましい」と思っていたり、自分よりブスだと思う人に対しては「私の方が可愛いし」と優越感に浸りたいだけなのです。

 

そんな暗い話題になると「私も陰で悪口言われているんじゃ…」なんて不安になってしまうかもしれませんが、周りの声なんて気にする必要はありません。

 

自撮りをして、写真の自分が可愛くて満足できるならそれでいいのです。インスタに投稿してたくさんの「いいね!」や褒め言葉のコメントを貰ったら、それだけでいいのです。自分を好きになれて、ワクワクできる毎日を送ってくださいね。