【インスタ】動画のサイズに注意!長さを調整する方法を解説

インスタは、写真や画像だけではなく動画も投稿できます。

投稿内容によっては写真や画像よりも動画の方が内容が伝わることがあります。

そんな時に簡単に動画投稿ができるように、ここでインスタの動画投稿方法や動画の再生時の設定などをご紹介します。

インスタの動画投稿方法

インスタでは写真だけではなく動画も投稿することができます。

写真の場合も同じですが、インスタのアプリを立ち上げてからカメラ機能で撮影した動画をそのまま投稿する方法と、スマートフォンに入っている純正のカメラアプリで撮影した動画を投稿する方法の二通りがあります。

インスタの動画投稿の二通りの方法を織り交ぜながら手順を説明していきます。

インスタのアプリを立ち上げてから動画を撮影して投稿する方法の場合は、インスタのアプリを起動してすぐの画面の下に表示される「+」をタップします。

画面の下に表示される「+」をタップする

下にある「動画」タップして撮影画面に移動します。

「動画」タップして撮影画面に移動する

撮影ボタンの「○」を長押しします。すると、長押ししている間、動画を撮影できます。

撮影ボタンの「○」を長押しする

動画の撮影を終了したい場合は、長押ししている指を外します。違うコマも撮影したい場合はもう一度「○」を長押しします。同じように長押ししている間、動画撮影ができます。

インスタに投稿できる動画の長さには制限があります。動画撮影中のスクリーンに表示される黒いバーによって動画の長さが表示され、黒いバーがいっぱいになるまで撮影できる仕組みになっています。

黒いバーによって動画の長さが表示される

何コマか撮影した場合は、黒いバーが分割されます。

何コマか撮影した場合は、黒いバーが分割される

動画を撮影したら、インスタに投稿する作業に移っていきます。

右上に「次へ」が表示されるのでタップします。

動画撮影が完了したら右上の「次へ」をタップする

フィルターやカバーを選択できる画面に移ります。

「フィルター」をタップしてから好きなフィルターを選びます。

「フィルター」をタップしてから好きなフィルターを選ぶ

動画が再生されていないときに表示されるカバーも選べます。「フィルター」の隣にある「カバー」をタップして好きなカバーを選びましょう。

「カバー」をタップして好きなカバーを選ぶ

フィルターとかバーを選択し終わったら右上の「次へ」をタップします。

インスタで画像を投稿する時と同じように、キャプションを入力してから右上の「シェアする」タップすればタイムラインに投稿できます。

キャプションを入力してから右上の「シェアする」タップする

キャプションは、必ずしも入力しなければいけないわけではありませんので、必要に応じて入力しましょう。

インスタに動画投稿できない時の対処法

手順通りにインスタに動画投稿をしているのにできないときがあります。
そんな時にチェックしてほしいのが、投稿する動画のサイズです。

インスタグラムに投稿できる動画の時間

インスタグラムに投稿できる動画の時間は、60秒までとなっています。

インスタグラムの中のカメラ機能で撮影する場合は、60秒までで撮影できない仕組みになっているので、撮影中に調整する必要はありません。

しかし、スマートフォンのカメラで撮影した動画をカメラロールから引き出して投稿する場合は、60秒の制限時間を超えているケースが発生する恐れがあります。

60秒以上の動画をカメラロールからインスタグラムに投稿しようとすると「動画の長さが60秒以内になるように調整してください」と表示されるので、その下の「長さ調整」をタップして動画の長さを調整します。

「長さ調整」をタップして動画の長さを調整する

投稿しようとしていた動画のアイコンが表示されるのでタップします。

投稿しようとしていた動画のアイコンをタップする

長さを調整できる画面になるので、動画の両端をドラッグして、60秒以内になるように長さ調整をしてから「完了」をタップします。

動画の両端をドラッグして60秒以内になるように長さ調整して「完了」をタップする

長さ調整した動画のアイコンが表示されます。

長さ調整した動画のアイコンが表示される

下部の「フィルター」をタップすると、フィルタ選択ができます。

下部の「フィルター」をタップするとフィルター選択ができる

下部の「カバー」をタップすると、表紙になるカバー写真の選択もできます。

下部の「カバー」をタップするとカバー写真選択ができる

全ての設定の完了後に「次へ」をタップすると、投稿画面に移ります。必要に応じて「キャプション」を入力して「シェアする」をタップすれば投稿完了です。

必要に応じて「キャプション」を入力して「シェアする」をタップすれば投稿が完了する

Instagramの投稿動画のサイズが大きすぎる

Instagramの投稿動画には時間の制限だけではなくサイズの制限もあります。

サイズの制限をオーバーしている場合も、インスタに動画投稿できない事態が発生します。

Instagramの投稿動画のサイズは4GBまでです。

4GB以上の投稿動画をアップロードすると、動画投稿できないので注意しましょう。

高画質の動画に音楽をつけたりなどすると、ファイルサイズが大きくなってしまう可能性が高いです。

インスタの動画の自動再生や見れない時の対処法

インスタの動画の自動再生を止めたいときや、見たい動画が見れない時の対処法をご紹介します。

インスタの動画が見れない時の対処法

インスタの動画が見れない時の対処法を説明していきます。

・アプリを再起動する
インスタの動画を再生しているのに見れない時は、まずアプリを一回終了してから再起動してみましょう。

インスタのアプリを閉じてから、もう一度開くと見れない動画が見られるようになるかもしれません。

・スマートフォンを再起動する
アプリを再起動しても動画が見れない場合は、スマートフォンを再起動してみましょう。
スマートフォンを再再起動してからインスタのアプリを開いて動画を見ると、正常に動画を見られることが多いです。

・アプリやOSのアップデート情報を見てみる
Instagramのアプリは定期的にアップデートされています。
新しい機能が追加されたり、バグが修正されたいなどで定期的なアップデートがあります。

インスタの動画が見れない時は、アプリのアップデートがされているかをまずチェックしてみましょう。

その次に、スマートフォンのOS自体のアップデート情報も見てみることをお勧めします。

スマートフォンのOSがアップデートされていないと、インスタのアプリが正常に動作せず、動画が見れないケースがあります。

タイムラインの動画の自動再生をさせない方法

インスタのタイムラインに流れてくるユーザーの動画は、再生モードにしなくても自動再生されるシステムになっています。
タイムラインを開くたびに自動再生されると、通信容量を無駄に消費してしまうので、困っているかたが多いことでしょう。

しかし、残念ながらInstagramのタイムラインに流れてくる動画の自動再生をさせない方法はありません。
ただし、通信容量はなるべく控える方法があります。

Instagramで自分のプロフィールページを開き、「プロフィールを編集」の横にある設定マークをタップします。

「プロフィールを編集」の横にある設定マークをタップする

オプションページに移動するので、その中の「携帯ネットワークデータの使用」をタップします。

「携帯ネットワークデータの使用」をタップする

「データ使用量を軽減」をONにすれば、通常よりも通信量を控えてタイムラインの閲覧ができます。

「データ使用量を軽減」をONにする

自動再生をさせない方法はありませんが、これによってInstagram内の写真や動画の読み込みの際の時間が少しかかりますが、ストレスなく見られる範囲で通信容量を抑えられるのでおすすめです。