【フェイスブック】アイコンの意味とロゴのダウンロード方法まとめ




フェイスブックは世界中で利用されているSNSで、実際にアカウントを持っていなくてもその存在は知っているという人も多いのではないでしょうか?世界中で長らく愛されてきたため、アイコンやロゴを見ればすぐにわかりますよね。

 

フェイスブックのアカウントを持っている人(主にフリーランスや個人事業主)や、フェイスブックページを運営している企業はぜひ名刺やホームページにフェイスブックのアカウントを紹介したいところ。

フェイスブックのアカウントを見てもらい、フォローしてもらったりそこから仕事につながることがあるからです。

せっかく名刺やホームページに載せるなら、名前やQRコードだけでなくフェイスブックのアイコン、ロゴをつけることをおすすめします。

誰でもフェイスブックのアイコンを知っているため「あぁ、これがフェイスブックアカウントなんだな」とすぐに理解してくれるためです。

 

そこで今回は、フェイスブックのアイコンやロゴをダウンロードする方法をまとめました!

 

フェイスブックのアイコンの意味

まず、フェイスブックのアイコンにはどんな意味が込められているのかについて考えてみましょう。

Facebookロゴ1

こちらがフェイスブックのロゴマーク。スマホアプリもこのマークになっていますよね。

Facebookロゴ2

「Facebook」の全部の文字を表記したロゴマークはこちらです。

フェイスブックの「F」は大文字ではなく「f」と小文字であることに注目してください。

大文字の「F」は文章の最初に来るときにつくものですが、実はフェイスブックの最初の名前は「The facebook」でした。全世界にリリースされるときもっとシンプルにするため「The」が除かれ「facebook」だけが残ったんですね。

 

そしてフェイスブックといえばこの青!と言えるくらい特徴的な青色をしています。青色には「安心感」「信頼・信用」などの感情を起こす力があり、ホームページで最も使われやすい色でもあるのです。

また、人の記憶にも残りやすい色であるため、誰でも「フェイスブック」の「f」と青色を見ればすぐに何のロゴかわかるようになっているんですね。

 

「フェイスブック」は直訳すると「顔本」という意味になりますが、実際にフェイスブックの目的は「ネット上でもリアルの知り合いと繋がり、ネット上で知り合った人ともリアルで繋がる」こと。

会話中は相手の顔を見て話しますが、ネットでやりとりするときも頭の中に相手の顔を思い浮かべてやりとりをするように、このようなわかりやすい名前になったのだそうです。

 

Facebookのロゴやワードマークのダウンロード方法

では、フェイスブックのロゴやアイコン、ワードマークなどはどこからダウンロードできるのでしょうか?スマホやPCの画面をスクショするという方法もありますが、画質が荒くなったり、サイズが大きすぎたりして使いづらいこともあります。

 

実はフェイスブックは、ユーザーが自由にブランドマークを使えるように「ブランドリソースセンター」というWebサイトを公開しています。「ブランドリソースセンター」ではフェイスブックのロゴのダウンロードが可能なのです!

 

フェイスブック ブランドリソースセンター

ブランドリソースセンター

こちらがブランドリソースセンター。フェイスブックロゴなどの素材が揃っています。しっかりガイドラインを読んで利用しましょう!

 

「いいね!」アイコンなども

ブランドリソースセンターなら最初に紹介したロゴだけでなく「いいね!」のボタンや親指アイコン、LIVE時のアイコンなどもダウンロードできて便利です。

背景が青・文字が白のワードマークではなく、文字が青のワードマークも置いてありますよ。

 

あなたの名刺やホームページにはどのロゴ・ワードマークを設置するかを考えながら、好みのアイテムをダウンロードしましょう!

 

Facebookの白黒ロゴもある?

フェイスブックといえば青いロゴマークですが、「白黒のロゴマークの方がデザインに合っているので、白黒を使いたい」という人もいるのではないでしょうか?

白黒のロゴマークももちろんあります。

Facebook白黒ロゴ

ただ、こちらはブランドリソースセンターにはありませんので、他の Webサイトでダウンロードする必要があります。

おすすめはこちらです。

freeiconbox(フリーアイコンボックス)

freeiconbox

フェイスブックのアイコンやワードマークはもちろん、インスタやツイッターの白黒のアイコン・ロゴなども取り揃えてあります。

また、SNSのアイコン・ロゴに限らず「スポーツ」「ネットワーク」などいろいろなアイコンがダウンロードできるため、名刺やホームページをデコレーションしたい人におすすめです!

 

AI用のFacebookの丸アイコンをダウンロードするなら

フェイスブックのアイコンやロゴをダウンロードしたら、そのまま名刺に貼り付けたり、ホームページに載せたりするだけでも良いのですが、Adobe Illustrator(以下AI)で編集など手を加えたい時もありますよね。

そんな時は以下のサイトからダウンロードすることをおすすめします。

 

WWW.MARKSIGN.NET

www.marksign.net

JPGではなく、背景が透明のPNGデータやAIにそのまま取り込めるデータをダウンロードできますよ。

背景が透明だと、どの背景に置いてもデザインの邪魔をすることがなく便利です。またAIデータダウンロードすれば自分で手を加えることも可能ですし、名刺データなどがAIに入っていた場合そのまま貼り付けることもできます。

(※自分で手を加える場合は著作権に気を付けましょう)

 

Facebookのロゴをダウンロードできない場合

フェイスブックのロゴをダウンロードできるブランドリソースセンター、フリーアイコンボックス、マークサインネットの3つをご紹介しました。

しかしたまに、上記のダウンロードサイトに限らずダウンロードできないというトラブルも発生することがあるようです。その場合は次の項目をチェックしてみましょう。

 

・利用規約やガイドラインに同意しているか?(「同意する」をクリックする必要のあるサイトも)

・インターネット回線やネットワークは安定しているか?

・ブランドリソースセンターの場合、言語を英語にしてみる

・自分のPCのダウンロードフォルダを確認する(フォルダの場所を知らない人も多い)

・使用しているブラウザを変える

 

フェイスブックのロゴやアイコンを使って、自分のアカウントをアピールしていきましょう!