【フェイスブック】下書きの場所が見つからない!保存や投稿方法




フェイスブックにはユーザー同士のコミュニケーションを活性化させるために様々な機能がついています。ですがそれだけではなく、ユーザーがフェイスブックを使いやすくするための機能もしっかりあることをご存知ですか?

例えば下書き機能。誰でも文章を書いたり、投稿する写真を選んだりしているときに何度も書き直すことがあるでしょう。

インスタにも画像の加工を変更したときに、投稿しなくてもその加工をそのまま保存できるように下書き機能がついています。

 

実はフェイスブックにも下書き機能がついていて、しっかり考えて書いた内容を投稿せずに下書き保存することができるのです。

ですが、フェイスブックの下書き機能が分かりづらい、見つからないというユーザーが多いようです。そこで今回は、フェイスブックの下書き機能がどこにあるのかをご紹介しましょう。

合わせて、下書きの保存や投稿方法、削除方法も解説します。

 

Facebookで下書きの場所が見つからない(パソコン・スマホ・アンドロイド)

フェイスブックで投稿するときは通常自分の個人用タイムラインへの投稿の他に、フェイスブックページという機能を使って投稿をすることもできます。

 

個人用タイムラインでもページでも、きちんと文章を構成し、しっかり考えて長文を書く人も多いでしょう。

それをそのまま投稿できれば何も問題はないのですが、中には時間がなくて途中で切り上げることもありますし、途中で文章が詰まって書けなくなることもあります。

そんなときに欲しいのが下書き機能です。書いてる途中でフェイスブックを落としてしまうと、せっかく考えて書いた内容が消えてしまいます。いちいちコピーしてメモ帳に貼り付けるのも面倒ですよね。

下書き機能があればその場で投稿しないで保存でき、重宝すること間違いなしです!

 

しかし、フェイスブックでの下書き機能はかなり分かりづらいところにあります。そのため「下書きが見つからない!」「下書きできないのでは?」と不安になるユーザーも実のところ多いようです。

やはり色々な機能が詰まったフェイスブックのため、スマホで使っていると下書き機能がどこか分かりにくいところに追いやられてしまったのかもしれません。

 

アンドロイド・PCでFacebook下書き保存と投稿方法

下書き機能が分かりづらい場所にあるというだけで、きちんとその機能はついているんですよ!それでは下書き保存と投稿方法をご紹介しましょう!

 

PCの場合

実はPCの場合、個人タイムラインへの下書き保存できません!できるのはページに投稿するときのみです。

投稿する

ページで「投稿する」の部分をタップして、内容を記入しましょう。

下書き保存(PC)

続いて「Share Now」の横にある三角ボタンを押して「下書きを保存」をクリック。これだけで下書き保存完了です!

「投稿ツール」をクリック

保存した下書きを編集したり投稿するには上に並んでいる「投稿ツール」から開きます。

下書きを選択

左側に「下書き」とあるので、タップして編集したい下書きを選びましょう。

編集・投稿する

あとは編集横にある三角ボタンをクリックして投稿すれば完了です!

 

アンドロイド・アイフォーンの場合

アンドロイドなどスマホの場合はアプリを使います。

キャンセル→下書き保存をタップ

いつも通り投稿内容を記入したら、一度キャンセルをタップします。すると画像のように出てくるので「下書き保存」をタップで完了です!

編集・投稿したいときはもう一度投稿入力画面に行くだけでOK!

 

ページへの投稿でも下書き保存は可能です。

「シェア」をタップ

内容を記入したら「シェア」をタップ。

三角ボタンをタップ

次に「シェア」の横の三角ボタンをタップ。

下書き保存する

そして「下書きとして保存」をタップし、次の画面でも青いボタンをタップして下書き保存完了です。

アクティビティ→下書き

編集・投稿したいときは上のタブをアクティビティに変更し「下書き」をタップします。

「・・・」をタップ

下書きの「・・・」をタップしましょう。

投稿する

あとは編集したり投稿すれば完了です。

 

Facebookイベントの下書きも見つからない!?

実はフェイスブックイベントも下書きをすることができるのですが、この場合は制限があります。個人が開催するイベントは下書きできず、スマホからの投稿でも下書き保存できません。

つまりイベントを下書き保存したい場合は、フェイスブックページを経由して、なおかつイベントをPCで作成しないといけないのです。

 

イベントを作成する

まずはフェイスブックページ経由でイベントを作成しましょう。主催者は個人アカウントではなく、フェイスブックページになるということです。「イベントを作成」をクリックします。

「下書きを保存」をクリック

続いてイベント名、場所、画像などを設定したら「下書きを保存」をクリックして完了です。

イベントの下書きの場合は制限があるので、個人アカウント経由で作成したいときは一度メモアプリなどに概要を下書き保存しておくと良いでしょう。

 

フェイスブックページ・個人アカウントで下書きを削除する方法

下書き保存していたけど、不要になってから削除したい。またはたくさん溜まってきたからいくつか削除して整理したいというときもあるでしょう。その下書き削除方法を解説します。

 

フェイスブックページの場合

「削除」をクリック

下書き保存したものを編集や公開するときに、三角ボタンクリックしますよね。その一番下に削除の項目があります。ここで「削除」をクリックすれば下書きは消えますよ。

「削除する」をタップ

スマホの場合このような表示になっているので「削除する」をタップすればOKです。

 

個人アカウントの場合

個人アカウントの場合はスマホでのみ下書き保存できます。

キャンセル→投稿を破棄

個人アカウントに保存した下書きは、もう一度投稿しようとしたときに呼び出されます。ここでキャンセルをタップすると「投稿を破棄」と出てきます。ここで破棄することで、その下書き保存は削除されますよ。

 

iPhoneのFacebookで保存した下書きはどれくらい残る?

では最後にiPhoneで下書き保存した投稿の保存期間について解説しましょう。実はこの保存期間、個人アカウントの下書きとページでの下書きで異なるのです!

 

まずページでの下書きは半永久的に残ります。ページを削除したり、下書きを削除したりしない限り1年でも5年でも残るのです。

また保存できる数も特に制限がないので、いくつでも保存しておき、いつでも呼び出すことが可能です。

 

しかし個人アカウントでの下書きの場合、保存できるのは1つまで!スマホからの下書き保存しかできないため、一度下書き保存→もう一度投稿をしようとすると前の下書きが出てくるのです。

なので新しい投稿をしようと思ったらその下書きを削除する必要があり、ずっと残すことはできません。

 

これらの点に注意して、うまく下書き機能を活用してください!