【フェイスブック】秘密のグループの見方や参加方法、活用法を解説




フェイスブックでは様々なユーザーと交流するための機能が充実していますが、特にフェイスブックグループという機能を使うことで、趣味や関心事の合うユーザー同士で集まり、交流や情報交換をすることができます。

ユーザーの中には公言するにはちょっと恥ずかしい趣味やリアルの知り合いには隠しておきたい秘密の趣味を持つ人もいますよね。グループが公開されているのが困る、嫌だと思うでしょう。

 

しかし、フェイスブックのグループはすべてが公開されているわけではありません!誰でもグループを作ることができますし、グループを非公開や秘密にしたりも可能です。

今回は他のユーザーからは存在さえもわからない秘密のグループについてご紹介しましょう。非公開との違いや見る方法、参加方法などを解説します。

 

Facebookグループを知られたくないなら秘密のグループに!非公開との違い

フェイスブックは様々な場面で「公開」と「非公開」を使い分けることができます。グループ機能も公開・非公開があり、さらに加えて「秘密」という設定もあるのです。

公開グループと非公開グループの違いはわかりますが、非公開グループと秘密のグループはどう違うのか疑問の人もいるでしょう。まずはその違いを解説します。

 

非公開グループ

非公開グループにした場合、グループ掲示板の投稿内容や参加メンバーはそのグループに参加している人しか見ることができません。

ただ、フェイスブックで検索すればヒットしますし誰でも申請することでグループに参加できます。

 

秘密のグループとは

一方で秘密のグループとは、すべての情報が秘密になっているということ!投稿やメンバーが見れないのはもちろん、検索してもヒットしないので気軽に参加できません!

グループの存在を知るのは招待された人や参加メンバーのみ。それ以外の人には一切開示されないので、存在さえ知らないということになります。

 

誰にも知られたくないときは、非公開グループよりも秘密のグループを作成したり参加したりするのが一番でしょう。秘密のグループならプロフィールなどに参加していることも明記されないので、一切バレることは無いです。

 

Facebook秘密のグループの見方!招待されないと勝手には見れない?

秘密のグループはフェイスブックで検索してもヒットしないので、どうやってグループを見るのか気になりますよね。

「存在を知られなかったらグループメンバーが集まらないのでは?」という疑問を持つ人もいるでしょう。

 

しかし「存在を知られないこと」が秘密のグループの存在意義!この秘密のグループを見る・存在を知るには、管理者や参加メンバーから招待を受けるしかないのです。

メンバー「追加」で友達を招待する

グループ参加者は上記画像の「+追加」をタップして、グループに招待したい人を選び、招待メールや通知を送信します。

まるで「一見さんお断り」とか「ご利用は友達からの紹介のみ」のような会員制サービスのようなものなんですね。

 

ただ、秘密にすることでグループメンバー同士の絆も深まりますし、同じ秘密(趣味など)を共有していることが楽しいという人もいます。

こういった需要があるからこそ、フェイスブックも「公開」「非公開」にプラスして「秘密」のグループ機能を作ったのでしょう。

 

Facebook秘密のグループの参加方法

それでは秘密のグループの参加方法を解説しましょう。これから秘密のグループに参加したいと思う人は、すでにそこに参加しているメンバーの誰かから招待を受ける必要があります。

 

招待方法はフェイスブックの友達検索かメールアドレス宛てに送信すること。

メールアドレスでも招待できる

特に注目したいのがメールアドレス宛てに招待メールを送る方法です。

友達検索はフェイスブックで実際に友達になっている相手しか招待できませんが、メール送信ならフェイスブックで友達になっていなくても招待できます。

 

秘密のグループへの招待メール

こちらが秘密のグループへの招待メールです。「グループに参加」を押せばすぐに参加できますよ。

秘密のグループへの招待通知

友達検索から招待された場合はこのように通知が届きます。こちらも通知をタップすれば秘密のグループに移動します。

「OK」をタップする

秘密のグループのページに行くと、最初はこのような画面になっています。招待されたら勝手に参加している状態になるので「やっぱり参加しない」というときには「グループを退会」をタップ。

このまま参加する場合には「OK」をタップしましょう。

 

これで参加完了なので、グループでの交流を楽しんでください!

 

Facebookでの秘密のグループの使い方・活用法

フェイスブックグループって同じ趣味の仲間同士で集まるというイメージが強いので、できればたくさん仲間が欲しいと思うもの。そんな中で「非公開」ではなく「秘密」のグループとしての活用法って何でしょうか?

 

意外と「秘密」にされているフェイスブックグループは多いものです。会員以外は誰も見れない・存在を知られないわけなので、その特徴を活かした使い方がされています。以下に例を挙げてご紹介しましょう。

 

【よりクローズドな趣味仲間の集まりとして】

同じ趣味仲間の集まりでも、よりクローズドな(閉鎖された)関係を求める人におすすめです。公開されているグループよりも親密度が強いでしょう。

 

【会員制サロンやクラブの交流掲示板として】

今では会員制有料サロンでのユーザー同士の交流掲示板、イベント告知案内などに使われることも増えてきました。ファンクラブもこの類です。

 

【リアル友達との秘密の共有場所として】

すごく仲が良い人同士でグループを共有掲示板として使っているユーザーもいます。少人数の仲良しグループのようなもので、イベントや遊びに行ったときの写真を投稿して共有するなどの使い方。

 

【会社や学校の交流掲示板として】

最近では会社の交流掲示板や、出身校の同窓会グループなどに使われることも多いです。出身校の基本データを非公開にする人も多いので、秘密のグループだと助かりますね。

 

Facebook秘密のグループの「いいね!」やシェアについて

Facebookでは友達の投稿に対して「いいね!」を押したりシェアをすることが多いかと思います。それでは、秘密のグループへの投稿に対してはどうでしょうか?

 

いいねもシェアもできる

まず、普通の公開グループでは友達の投稿と同じように「いいね!」やシェアをすることが可能です。ただしそのメンバーの参加者じゃないとコメントは不可能になっています。

 

しかし「非公開」と「秘密」に設定されているグループでは「いいね!」ボタンとコメントボタンはあってもシェアボタンはありませんでした。

やはりグループの仕様で参加者以外には投稿が見れないのでシェアする意味が無いということなのでしょう。

 

フェイスブックグループを作る、または参加するなら「公開」「非公開」「秘密」のどれにするか、自分の好みややりたい活動に合わせて決めてくださいね。