【フェイスブック】自己紹介は書いてる?書き方の解説と例文の紹介




実はフェイスブックは2016年から、プロフィールページのトップに自己紹介を載せることができるようになりました。自己紹介が書けるようになってからかれこれ数年経つものの、利用している人はわりと少ないです。

それもそのはず。フェイスブックは主にリアルな友達と繋がるために使っている人がほとんどなので、今更自己紹介を書く必要がなかったりします。

 

しかし、フェイスブックが本格的にビジネス用にも使われるようになってから自己紹介の重要性が増してきました。自己紹介がきちんと書かれているのといないのとでは、相手に与える印象が全く違うのです。

今回は個人向けに、自己紹介の書き方(編集方法)や改行や文字数の制限について、そして簡単に自己紹介が書けるテンプレートや例文をご紹介します。

 

フェイスブックで自己紹介文の書き方(編集方法)

「フェイスブックは流れてくるニュースフィードくらいしか見ない」という人だったら、どこから自己紹介を書くのかわからない人もいるかもしれません。しかし、自分のプロフィールをよく見たらきちんと自己紹介を書くところがあります。

 

「期間限定の自己紹介を追加」をタップ

自分の名前の下に「期間限定の自己紹介を追加」とありますよね。ここをタップすれば自己紹介を編集できるのです。「期間限定」という表記については後述します。

「自己紹介を追加」をタップ

続いて「自己紹介を追加」をタップしましょう。

自己紹介を入力する

この「最新情報」という欄に自己紹介を入力していきます。自己紹介の公開範囲は全員に公開となっており、友達のみ公開などの設定ができないことに注意しましょう。

公開期間を決める

最後に自己紹介の公開期間を決めます。これが先ほどの「期間限定」の意味です。

自己紹介は1時間限定から公開することができるのですが、しょっちゅう自分の情報が変わる人はそうそういないでしょう。特に変わる予定がないなら「無期限」でOKです。

 

これで自己紹介の設定は完了です。自分のプロフィールを見たら、今書いたばかりの自己紹介が名前の下に表示されているでしょう。

 

フェイスブックの自己紹介欄で改行できる?長文は書ける?

自己紹介で気になるのは「改行できるか?」と「何文字まで書けるか?」の2点ではないでしょうか?フェイスブックが買収したインスタでは、自己紹介はわりと長文書けましたが改行できないことで有名です。

 

改行できない!

フェイスブック自己紹介の改行を確認してみたところ、スマホの普段「改行」ボタンがある部分が「完了」に変わっており、改行できない仕様になっていました。

101文字とツイッターよりも少ない

書ける文字数も101文字までと、ツイッターの140文字制限と比べさらに少ないです。

これはフェイスブックには基本データとして生年月日や血液型を登録できるし、ダラダラと自己紹介を書く必要がないため短めに設定されているのでしょう。

また、自己紹介が長いとスクロールが大変で、画面をスッキリさせる目的もあるかと思われます。

 

フェイスブックで自己紹介を書くときは短く簡潔に、スッキリと書く工夫をしましょう!誰でも簡単に自己紹介を書けるようになるための方法は、後の項目で解説していますよ。

 

フェイスブックで自己紹介を編集するとタイムラインでシェアできる

フェイスブックで自分のプロフィール写真や基本データを編集すると、勝手にタイムラインにそれがシェアされます。このちょっと困った機能がついていることに気付いている人もいるでしょう。

 

自己紹介を編集したときもタイムラインにシェアされるのですが、自己紹介に限ってはシェアする・しないを自分で決めることができるんですよ!

シェアするかどうか決められる

自己紹介の編集が終わると、画面下にこのような案内が表示されます。「自己紹介をニュースフィードで公開しましょう」と言ってくるのです。

横の「シェアする」をタップすればそのまま投稿できますし、タップせずに3秒〜5秒ほど放置すれば勝手に消えてなくなります。(シェアしたいときはモタモタしてたらすぐ消えるので注意!)

 

ただ、シェアするときには注意点があります。自己紹介編集をシェアした後、その投稿を削除しようとしても消せません!嘘の自己紹介をしてシェアしたら、たちまち友達からブーイングが来そうですね。

筆者も投稿を消そうと思ったら削除ボタンが出ませんでした。その投稿を消すには、一旦自己紹介を削除する必要があるようです。

「編集」をタップ

「削除する」

自己紹介の編集をタップし「削除する」を選べば自己紹介は消えますよ。元の自己紹介を消せば、投稿にも削除ボタンが出てくるようになります。忘れずにシェアした投稿も削除しておきましょう。

 

Facebookで使える自己紹介の例文・テンプレート

「フェイスブックで自己紹介の設定や編集方法はわかったけど、いざとなったら何を書けばいいのかわからない」…実際のところそんな人がほとんどでしょう。

自己紹介を書くときは、次の4つのポイントを押さえて書くのがおすすめです。

・基本情報(生まれ年、血液型、星座など)

・自分のライフワーク(仕事や取り組んでいる活動など)

・共感を得るもの(趣味、好み、価値観、子育て中など)

・最後に夢やメッセージ

 

このポイントを押さえて書いた自己紹介がこちらです。

自己紹介例文

夏生まれのしし座です!子育てをしながら丸の内でOLをしていて、年に数回ユニセフのボランティア活動をしています。疲れたときは甘いもの♪いつか世界中の子ども達が平等に教育を受けられるように、情報を発信中!

文字だけだと画面がシロクロでさみしいので、絵文字などを入れると明るくなります。

自己紹介例文97文字

この例文で97文字でした!先ほどのポイントを上から順に書いていけば、誰でも自己紹介が書けるテンプレートとして使えます。

 

実際にユーザーが書いている自己紹介も参考にどうぞ!(ここでは、投稿を一般公開しているユーザーの自己紹介をお借りしています)

自己紹介A

自己紹介B

難しいことを考えず、自分の仕事や活動内容だけを書くだけでも◎!

 

フェイスブックの自己紹介が表示されないときは

「フェイスブックの自己紹介を編集してもプロフィールで表示されない」というトラブルもたまにあるようです。

原因はフェイスブックのエラーか、反映までのタイムラグであることが多いので、そのときは次のように対処してみてください。

 

・時間を置いてもう一度確認する(自己紹介の反映に時間がかかることも)

・アプリからがダメならブラウザで、ブラウザからがダメならアプリから編集

・フェイスブックアプリを再起動する

・インターネット回線が安定しているか確認し、必要なら繋ぎ直す

 

フェイスブックの自己紹介は自分がどんな人かをわかりやすく伝えるためのツール。自己紹介を書いて、フェイスブックのコミュニケーションの幅を広げましょう!