【フェイスブック】なりすましに遭ったら…見分け方や通報のやり方




フェイスブックは本名で登録するSNSなので、リアルの知り合いや友達を簡単に見つけられてフェイスブック上で繋がれるという特徴があります。

しかし本名登録だと信憑性があるため、それを利用して自分じゃない誰かになりすまして利用する人もいるのです。名前を登録してその人の写真を投稿すれば、誰でも簡単に他人になりすましできてしまいます。

 

他のSNSと比べ、フェイスブックが断トツでなりすまし被害が多く、困っている人も数しれず…。今回はフェイスブックでなりすまし被害に遭った、なりすましている可能性がある人を見つけたときの対処法をご紹介します。

 

フェイスブックのなりすましと乗っ取りの違いと通報のやり方

まずは「なりすまし」と「乗っ取り」の違いから理解していきましょう。

 

「なりすまし」とは、自分以外の誰かの名前を語ったり、その人の写真を載せていかにも自分がなりすました相手であるかのように振る舞うことです。

フェイスブックでなりすましがあった場合、本人の真のアカウントと、なりすましている人の偽のアカウント2つが存在することになります。

 

一方で「乗っ取り」とは、何らかの方法で他人のアカウントのメールアドレスや電話番号、パスワードを入手し、その人のアカウントに本人じゃない人がログインして更新したりする行為です。

この場合、アカウントが奪われただけなので真のアカウントが1つだけある状態です。(ただし中身は別人)

 

どちらも悪質であることに変わりは無いのですが、より危険度が高いのが乗っ取りです。

なりすましなら自分の個人情報を盗まれませんが、アカウントを乗っ取られたら大切な個人情報が盗まれ、より重いトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるのです。

なりすましも乗っ取りも被害に遭わないように注意しましょう。

 

被害に遭ったときの通報のやり方も解説します。

「その他」をタップ

自分になりすましている人のプロフィール画面で「その他」をタップ。

「報告」をタップ

「このプロフィールを報告」

次に「報告」→「このプロフィールを報告」の順にタップ。

「この人は私または知り合いになりすましている」

「自分」をタップ

そして「この人は私または知り合いになりすましている」→「自分」をタップします。

「審査対象としてFacebookに送信」をタップ

最後に「審査対象としてFacebookに送信」をタップしましょう。

 

ただし審査対象として報告できるのは自分と有名人のみです。自分以外の友達がなりすましされている場合は、審査対象として報告できないのでその友達に知らせる必要があります。

「友達にメッセージを送信」

「知り合いの誰か」→「友達にメッセージを送信」で相手に知らせ、報告のやり方も説明すると良いでしょう。

 

フェイスブックのなりすましの見分け方!写真を見てわかる?

もし自分がフェイスブックでなりすまし被害を受けたら、自分以外のアカウントがあるわけですからすぐに気付きますよね。しかし、友達がなりすまし被害に遭っていたときどうやって見分けたら良いのでしょうか?

 

なりすましかどうか見分けるためのポイントは次の通りです。

・本人に「どっちのアカウントが本物?」と聞く

・自分と友達登録しているかどうか?先に友達登録していた方が本物の可能性が高い

・更新頻度や内容はどうか?偽物の場合、更新に違和感がある

・写真はどうか?偽物の場合、本物が先に投稿した写真を拾って投稿している

本人に聞くのが手っ取り早いですが、聞けない場合(有名人など)の一番のポイントは写真です。本物であれば自分の写った写真をいくらでも撮れますし、いくらでも投稿できます。

しかし偽物であるなら、その人の写真をどこかから拾ってくるしかありません。よって、必然的に本物が投稿した後に偽物が写真を拾い、投稿するという形になります。

 

写真やアルバムをチェックする

もしなりすましらしいアカウントを見つけたら、その写真やアルバムを見てみましょう。2つの同じ名前、同じ投稿をしているアカウントの写真をチェックすることで、必ずどちらかに違和感があるはずです。

なりすましアカウントを見つけたら前項目の手順で通報しましょう。

 

Facebookでなりすましと思われるアカウントから友達申請をされたら

フェイスブックは友達の友達が「知り合いかも」に出てきたりして、なりすましアカウントから友達申請をされることがあります。

しかし、絶対に友達申請に応じてはいけません!友達になってしまうことで後から自分のアカウントが乗っ取られる可能性があるからです。

 

友達しか見れない投稿もあるかもしれませんが、自分の身を守るため、そしてなりすまし被害を受けている友達を守るためにも友達登録はせずに様子を見るのが良いでしょう。

 

フェイスブックのなりすましの目的は?嫌がらせをする人も

フェイスブックでなりすましをする目的は何でしょうか?いくつか考えられます。

・有名人になりすましてチヤホヤされたい

・その人が好きだから、強い憧れ

・その人に対する嫌がらせ、名誉毀損目的

・スパム目的

有名人になりすましたら、本物だと勘違いして友達登録する人がたくさんいるでしょう。チヤホヤしてくれたり、憧れの人になりすまして優越感に浸ったり、友達を集めてスパム行為をしたりと目的はさまざまです。

 

中には、単に嫌がらせをしたいだけの人もいます。なりすまして投稿したら、その言葉は本人の言葉だと受け止められます。

誹謗中傷とか反社会的なことを投稿すればその人の評判も下がるわけです。そういった名誉毀損を目的としてなりすましで嫌がらせをする人もゼロではありません。

 

ちなみに、嫌がらせを受けている場合もフェイスブックに報告できます。

「○○さんを助けたい」

嫌がらせを受けている友達のプロフィールで「その他」→「○○さんを助けたい」の順にタップ。

「いじめや嫌がらせを受けている」

「いじめや嫌がらせを受けている」から助けることができるので、覚えておくといいですね。

 

Facebookでなりすましの犯人特定することはできるか

自分がなりすまし被害を受けたとき、自分になりすました犯人が誰かも気になりますよね。しかし、個人で動くだけではその犯人を特定することはできません。

 

犯人を特定したい場合は、弁護士に相談するしかないでしょう。弁護士に相談すれば、なりすましたアカウントのIPアドレスを特定して住所、氏名などを調べることができます。

しかしIPアドレスを特定するには、フェイスブック社に申請を出さないといけないのです。フェイスブック社も個人情報の扱いにはかなり慎重なので、なりすました人であってもそう簡単に情報を提供してくれません。

ただ相談するにしても、実際に名誉毀損などの被害が出ていてしっかり主張しないと無駄に終わってしまいます。実際にIPアドレスが開示されたケースは日本で数件しかないようです。

 

Facebookでなりすまし被害に遭ったら警察は動く?

それでは警察は動いてくれるでしょうか?結論から言うと、こちらも多大な被害がない限りあまり期待できないでしょう。弁護士よりも動いてくれる可能性は低いです。

逆に金銭面や詐欺、名誉毀損などの被害があれば一度相談してみる価値はあるでしょう。

 

フェイスブックのなりすましは「悪気はなかった」なんて言い訳はできません。どれも悪質だからです。なりすましを見つけたらすぐに報告しましょう!