【フェイスブック】メッセンジャーで通話が可能!料金や設定を解説




普段からフェイスブックに投稿したり、コメントしたり、メッセンジャーを使って友達とやり取りしている人は多いかと思います。

フェイスブック含めネット上でのやり取りは文字でのやり取りが多いですが、たまには電話でやり取りしたいときもありますよね。

急ぎの用件や文字では伝えるのが難しいことなどは、電話を通して声や感情で伝えるほうが良いこともあるのです。

 

実はフェイスブックには電話ができる機能があることをご存知ですか?SkypeやLINE通話のように、フェイスブックでも友達になっている相手に電話をかけることができるのです。

今回はフェイスブックの通話機能について取り上げました。気になる電話料金や通知、ビデオ通話などを解説していきます。

 

フェイスブックメッセンジャーでの電話料金!日本と海外で違う?

SNSでの通話と聞くと電話料金がかかるかどうかが最初に気になる点ではないでしょうか。

最近はSkypeやLINEなど無料通話できるアプリが増えてきましたが、Facebookも同じように使っていいものか不安になりますよね。

 

まず、フェイスブックの言う「無料通話」とは「フェイスブックの通話機能を使って、フェイスブックからあなたにお金を請求することはありません」という意味です。

なのでフェイスブックの通話機能を使おうとすると「携帯電話会社の通信料がかかる可能性があります」と注意書きがあり、これは自分が利用している通信プランによって通信料がかかると言う意味。

 

もしあなたがWi-Fiを使って通話機能を使っていたり、パケホの契約をしているなどの場合は追加の通信料はかからず完全に無料で通話できます。4Gなどで通話した場合は通信料がかかりますが、電話番号を使っての通話よりも格安です。

 

これは日本でも海外でも関係はありません。フェイスブックの通話機能を使って日本から海外に電話をかけた場合でも、使われる通信量は海外サイトを見るのと同じくらいなので、それほど料金を気にする必要はないですよ。

海外の友達や長時間通話をする相手などのときに、フェイスブックの通話機能を活用すればかなりお得です。

 

フェイスブックメッセンジャーの電話の使い方!通知と拒否について

フェイスブックメッセンジャーから通話機能を使うときには、次の条件を満たしていれば誰でも無料で使えます。

・お互い友達になっている

・お互いメッセンジャーアプリをインストールしている

まずは使い方を解説します。

 

右上の電話ボタンかカメラボタンをタップ

メッセンジャーアプリを開き、電話したい相手の画面を開きます。右上に電話ボタンとカメラボタンがあるのでタップして発信しましょう。

電話ボタンは音声通話、カメラボタンはビデオ通話です。

着信中の通知

電話を受けた側はメッセンジャーのアイコンで着信中の通知が表示されますよ。

通話ボタンをタップして電話する

メッセンジャーを開くとこのような画面になるので、緑の通話ボタンをタップして電話を開始しましょう!

グループ通話も可能

1対1だけでなく、メンバーを追加することでグループ通話をすることも可能です。

 

相手からの電話を受信したけど、電話に出たくないときは拒否もできます。

×ボタンをタップして拒否

この画面になったら×ボタンを押して拒否しましょう。

すぐにボイスメッセージに切り替わる

相手に通話を拒否されたり、相手で電話に出ず切れたとき、発信側はすぐにボイスメッセージに切り替わります。普通のスマホ通話のように「メッセージを録音します」という案内が出ないので注意してください。

留守電を録音したら、右の紙飛行機ボタンをタップして送信しましょう。

電話に出なかったときも通知される

電話に出なかったときも「応答しませんでした」と通知されます。相手が留守電を残した場合もメッセンジャーから確認可能。

 

メッセンジャーでの通話画面は直感的に操作できるので、使い方がわからないということはほとんど無いでしょう。

 

友達になっていれば誰からでも通話がかかってくるということになるのですが、電話してほしくない相手からもかかってくることもありますよね。

特定の相手だけ拒否したいところですが、残念ながら今のところ着信拒否機能はついていないようです。

 

Facebookメッセンジャーの電話機能はパソコンでビデオ通話も可能

フェイスブックの通話機能はスマホだけでなく、パソコンからでも利用できます。さらにカメラやマイクがあればビデオ通話も可能ですよ。

 

パソコンのメッセンジャーから通話も可能

こちらがパソコン版のメッセンジャー機能です。「チャット」と表示されているでしょう。

個人のやり取り画面の上をみると、スマホ版と同じようにカメラボタンや電話ボタンがありますよね。ここをクリックして相手に電話をかければOK。

 

ただ、注意点として通話ができるブラウザが決まっているということが挙げられます。

通話できるブラウザが指定されている

Google ChromeやFirefoxの2つでしか利用できないため、Internet ExplorerやMacのSafariなどでは利用できません。指定されているブラウザをダウンロードして使いましょう。

メッセンジャーで電話できないときは設定を確認

フェイスブックメッセンジャーを利用しても電話がかけられない、繋がらない、受信しないなどのトラブルがあった場合は一度設定を確認してみましょう。

前項で解説した通り、メッセンジャーで受信拒否設定ができないのでそれ以外の項目をチェックしておく必要があります。

 

次の項目をチェックして対処してみてください。

・スマホの設定でメッセンジャーがカメラとマイクの使用をすることを許可する

・スマホでメッセンジャーの通知がONになっているか確認する

・通話したい相手をブロックしていないかどうか確認する

・メッセンジャーアプリを最新版にアップデートする

・スマホを最新OSにアップデートする

・メッセンジャーアプリを削除してもう一度インストールし直す

 

上記の対処法どれを試しても電話がきないときには、ヘルプセンターから問題を報告しましょう。エラーは不具合にはすぐに対処してもらえるはずです。

フェイスブックの通話機能はとても役に立つので、トラブルを解決して使いやすくしましょう!

 

フェイスブック運営に電話で問い合わせることはできない

ここまでメッセンジャーでの通話について解説してきましたが、最後に電話での問い合わせ窓口について解説しましょう。

実は、フェイスブックには電話の問い合わせ窓口はありません!電話だけでなくメールでも問い合わせできないのです。

フェイスブックは世界的に利用されているSNSなので、利用者も圧倒的に多いです。すべてのお問い合わせに電話やメールで対応していたら膨大なコストがかかってしまいます。

 

なのでフェイスブックで問い合わせたいときには電話ではなく、ヘルプセンターやヘルプコミュニティ、問題を報告機能などからよくある質問を探したり、自分で質問したりといった方法が一般的なのです。