【フェイスブック】メッセージは友達以外にも送れる!送り方と見方




フェイスブック利用者は年々増えています。それに比例して、フェイスブック専用のメッセージアプリ「メッセンジャー」の利用者も増加中です。

フェイスブック専用メッセージアプリ:メッセンジャー

フェイスブックをスマホアプリで利用している人は、フェイスブックアプリからでは1対1のダイレクトメールを送信できません。そこで、このメッセンジャーを使って1対1の個別メッセージを送り合うのです。

 

実はフェイスブックで友達以外にもメッセージを送れることをご存知ですか?

「友達以外にもメッセージを送れる」というのはツイッターやインスタなどでは当たり前のように感じますが、何せフェイスブックは実名登録。まったく知らない人からの急なメッセージを警戒する人も、他のSNSよりかは多いのです。

実際にフェイスブックでもトラブル回避対策として、メッセージを受け取った側がワンクッション置いて開封できるような仕掛けがあります。

 

今回は友達以外へのメッセージの送り方や受け取り方、見方、拒否方法などについて解説しましょう。

 

Facebookメッセンジャーは友達追加が不要

フェイスブックでは相手のタイムラインの投稿を見たり、自分のニュースフィードに投稿を表示させたり、自分の投稿を見てもらうためには友達追加をしないといけません。

インスタなどのような一方的なフォロー機能もあるものの、フェイスブックではお互いに承認してフォローフォロワーの関係になる友達申請の方が一般的です。

公開制限されている投稿もたくさんあるので、それらを見るためには相手にも自分を友達追加してもらう必要があるんですね。

 

ですが、フェイスブックメッセンジャーは友達追加やフォローの必要はありません。メッセンジャーアプリを起動すると検索できる欄があるため、メッセージを送りたい相手の名前を入力すれば見つけられます。

検索欄で友達以外も見つけられる

全フェイスブックユーザーがヒットするので、友達以外もこの検索から見つけて選択することで、友達追加不要でメッセージが送れるのです。

 

友達以外へのFacebookのメッセージの送り方!2017・2018年版

フェイスブックは2017年以前は友達以外にメッセージを送信できず、必ず友達申請をする必要がありました。

しかし現在、2017年と2018年では、友達以外でもすべてのフェイスブックユーザーにメッセージを送信できるようになっています。

それでは友達以外へのフェイスブックメッセージの送り方を解説します。

 

検索で送りたい相手を見つける

まずは先ほど説明した検索で送りたい相手の名前を入力して見つけます。

検索は上部から

検索入力部分は上部に固定表示されているので、わからなくなるということはないでしょう。

メッセージ送信画面

相手の名前をタップすると、メッセージ送信画面に移動します。最初は「ウェーブ」といって、手を振っているようなスタンプが表示されています。

「ウェーブ」とはその名の通り、手を振って相手に「こんにちは!」と挨拶をするような意味のスタンプ。初めてメッセージのやり取りをする相手の送信画面に表示されるのです。

最初の掴みとしてウェーブを送ってもいいですし、直接メッセージ内容を入力して送信してもOKです。

メッセージ送信完了

これでメッセージの送信は完了です。しかし、相手がメッセンジャーを開けばすぐにメッセージ内容が飛び込んでくるかというと、そういうわけではありません。

この段階ではメッセージと一緒に「メッセージリクエスト」を送信した状態。相手がメッセージリクエストを承認して初めて、あなたのメッセージが表示されるのです。

 

このリクエストを承認するかどうかは相手次第。だいたいの人はリクエストを承認する前に相手のプロフィールを確認して、怪しそうな人じゃなければほぼ100%承認してくれるはずです。

こうしてメッセージを見る前にワンクッション置くことで、怪しいと思った相手のメッセージを開かず、そっと距離を置くことができるのがフェイスブックメッセンジャー。

「友達以外にもメッセージは送れるけど、リクエストを承認してもらう必要がある」ということを頭に入れておきましょう!

 

Facebookメッセンジャーは友達以外でも既読がつき、拒否もできる

フェイスブックメッセンジャーでのメールは、開封されると既読がつく仕組みになっています。ただし既読がつくのは最新のメールのみで、「過去のメッセージが何時に既読された」ということはわかりません。

最新のメッセージに既読がつく

そこで、友達以外へのメッセージの場合も既読がつくのか?という点も気になりますよね。結論からいうと、友達・友達以外関係なく、すべてのユーザーの最新メッセージに「既読」という表示が出てくるようになってい流のです。

 

また、友達以外からメッセージを受け取った側は「相手のプロフィールを確認し、問題ないと判断してメッセージリクエストを承認したものの、蓋を開けたら迷惑なメッセージだった」という状況も少なくありません。

一度メッセージを開封してしまったら既読は取り消せないので、相手に読んだことがバレてしまいます。もしかすると相手から何度もしつこくメッセージが来る可能性もありますよね。

 

そこで、迷惑だと思ったら相手からのメッセージを拒否(ブロック)してしまいましょう。フェイスブックではユーザー自身をブロックする機能と、メッセージのみをブロックする機能があります。

ブロックしたい相手の名前をタップ

まずは、メッセージ送受信画面で、上部のブロックしたい相手の名前をタップ。

「ブロックする」をタップ

次に下にスクロールして「ブロックする」をタップしましょう。

「メッセージをブロック」をON

この画面に移動するので「メッセージをブロック」横のボタンをタップしてONに設定しましょう。これで相手からのメッセージは受け取らなくなります。

 

この方法なら、メッセージをブロックしつつフェイスブックのプロフィールや投稿は引き続き見ることができます

メッセージに飽き足らずコメント欄でも迷惑なコメントをするようになったら、最終手段としてユーザーそのものをブロックしてしまうのも有りです。

 

フェイスブックは友達以外にもメッセージを送れるからこそ、メッセージを受け取った側の対策も必要です。フェイスブックにはきちんと対策のための機能がついているので、うまく使ってください!