【フェイスブック】非公開の設定方法や非公開項目を見る方法まで解説




フェイスブックではリアルの知り合いを見つけることができたり、居住地や勤務先など細かな項目の登録でお互いに深く知り合えたりといったメリットがあります。

ですが、フェイスブックに登録する本名、勤務先、交際ステータスなどは個人情報。プライバシーの問題にもつながるため「フェイスブックは使いたいけど知らない人には個人情報を見せたくない」と考えるのは自然です。

 

知らない人も利用しているからこそ、フェイスブックで自分の情報を見れるのは友達だけにしたい。そんなときは非公開設定にしましょう!

今回はフェイスブックの非公開設定のやり方や、気になる相手の非公開項目は見れるのかどうか、そしてFacebookページやグループの非公開設定まで解説していきます。

 

Facebookの電話番号や個人アカウントをスマホから非公開にする

フェイスブックに登録するとき、本名や電話番号の入力を求められます。フェイスブックでは規約で偽名の登録を禁止しているので、本名が必須項目なのです。

本名+電話番号が悪い人の手に渡ったらどうなるでしょうか?イタズラ電話やストーカー被害に遭ってしまうかもしれないので、怖いですよね。

 

まずはフェイスブックで重要な項目となる電話番号の非公開設定の方法を覚えておきましょう。

「プロフィールを編集」をタップ

自分のプロフィール画面を開き「プロフィールを編集」をタップします。

「基本データを編集」をタップ

一番下にスクロールすると「基本データを編集」とあるのでタップ。

連絡先情報の電話番号を確認

基本データの画面に移動するので、連絡先情報に登録されている自分の電話番号を確認しましょう。次に「編集する」をタップします。

非公開にするなら「自分のみ」をタップ

ここから電話番号の変更や公開範囲の設定ができます。右側の施錠マークで変更できるので、誰にも公開したくない場合は「自分のみ」を選びましょう。これで非公開設定完了です!

 

さて、電話番号は誰からも見れなくなりましたが、それでも自分の個人アカウントは公開の状態。Twitterなどには「鍵アカ」といってフォロワーしか見れない機能がありますが、フェイスブックにはそれがありません。

フェイスブックで個人アカウントを非公開にできないのであれば、登録されている項目ひとつひとつの公開範囲を制限するしかないのです。

次項は公開範囲をどうやって制限すればいいのかを解説します。

 

フェイスブックの投稿を非公開にするには「自分のみ」を選ぶ

フェイスブックには性別、生年月日、勤務先などたくさんの個人情報を登録できます。まとめて全部非公開にすることはできないのですが、ひとつひとつの項目の公開範囲を設定できるのは便利です。

例えば性別は全員に公開、生年月日は友達のみ、勤務先は非公開など、個別に設定できるからこそ見せたい人にだけ見せたい情報を見せることができるのです。

 

基本データ編集ページ

この画像は「プロフィールを編集」→「基本データを編集」から移動したページです。ここでは次の項目の登録と公開範囲の設定ができます。

・職歴

・学歴

・住んだことがある場所

・連絡先情報

・交際ステータス

・家族

 

プロフィール編集ページ

そしてこちらは「プロフィールを編集」→「基本データを編集」→「基本データ」項目横の「編集する」から開いたプロフィール編集画面。ここでは次の項目の公開範囲を設定できます。

・誕生日

・性別

・恋愛対象

・言語

・血液型

・宗教、信仰

・政治観

 

それぞれ登録と公開範囲の制限が可能。全員に公開したり、友達限定にすることもできますが、誰にも公開したくない(完全非公開)にしたい場合は「自分のみ」を選択しましょう。

非公開にするなら「自分のみ」を選ぶ

 

フェイスブックで非公開になっている項目を見る方法

フェイスブックを利用していると「この人のこうの情報が知りたいんだけど…」という場面があるかと思います。

プロフィールに表示されていないということは単に登録していないのではなく、登録しているけど非公開にしているのかもしれません。その非公開の項目を見たいときだってありますよね。

 

非公開の項目を見る方法はあるにはあります。それは、相手と友達になること!

公開範囲を「友達のみ」にしている人はわりと多いので、友達リクエストを送って承認されれば晴れて友達です。今まで見れなかった項目も見れるようになるでしょう。

 

ですが、もし相手が公開範囲を「自分のみ」にしていたり「友達だけど同じ勤務先の人だけ」という設定にしている場合は見れません。同じ「友達」という公開範囲であっても「この人は除外する」という設定もできてしまうのです。

 

なので、友達になったからといって相手の非公開項目が必ず見れるわけではないことに注意しましょう。

何かしらの理由(身バレ防止や自分保護など)で非公開設定にしているので、あまり深堀りしない方がいいのかもしれません。

 

Facebookページを友達だけに限定公開(非公開)は不可

フェイスブックにはミニホームページのようなFacebookページという機能があります。主に企業などビジネス関連で利用されることが多いです。

Facebookページ

このFacebookページは通常フェイスブックユーザーであれば誰でも見れるのですが、たまに友達にだけ限定公開したいとか「20代の女性限定」にしたいという人も。

 

しかし、残念ながらFacebookページの限定公開や一部の人だけ非公開にすることはできません。非公開にすることは可能なのですが、ページの管理者以外は誰ひとりとして見れなくなってしまうのです。

 

Facebookの正式回答

フェイスブック側もFacebookページの限定公開はできないと正式に回答しています。友達間だけで楽しみたい場合はフェイスブックグループがオススメ。

 

フェイスブックで非公開グループを作れる

フェイスブックで個人でもビジネスでもよく利用されているのがフェイスブックグループという機能。掲示板のような使い方ができ、メンバーだけが投稿したり、情報交換をしたりといったことができます。

非公開のフェイスブックグループ

 

フェイスブックグループには公開と非公開のグループがあり、管理者が登録時に選んだり、運営中に公開・非公開の設定を切り替えられるのです。

非公開グループならばメンバー以外はグループのトップページしか見ることができません。しかも検索しても出てこないので、グループそのものの存在さえ知らないことも。

非公開グループの存在を知りたいなら、誰かから招待を受けるかURLを送ってもらう必要があります。

 

まさに仲間内だけで楽しめる掲示板として使える機能。メンバーであれば管理者じゃなくても友達をグループへ招待することもできます。

 

友達同士で非公開で楽しみたい、という場合はFacebookページよりもフェイスブックグループが良いでしょう。