フェイスブックとは?何が面白いのという初心者向け解説

2000年代に流行っていたSNSといえばmixiやGREE。そして2010年代になってからはTwitter、Facebook、InstagramがSNSの中心になっています。その中でもFacebookは最も機能が多く、創設までの話が映画にもなったことからとても有名なSNSです。

 

ですが、個人情報を慎重に扱わないといけない点から「結局のところフェイスブックって何?」「フェイスブックは何のために使うの?」という疑問を持つ人もまだまだ多い時代。

 

今回はフェイスブックは何のために使うのか?フェイスブックのどういったところが面白いのかについて考えてみました。フェイスブックに対して疑問を持つ人だけでなく、これからフェイスブックを始めようと思っている初心者の参考になればと思います。

 

フェイスブックって何が面白いの?何がいいのかわからない人へ

自分の気持ちを手軽につぶやけるツイッター。おしゃれな写真を撮って世界中に発信できるインスタグラム。これらのSNSは「文字」と「写真(動画)」に特化して人気を集めています。

 

それじゃあフェイスブックはどうかというと、つぶやきもできますし投稿に写真をつけることも可能。フェイスブックページやグループなどそれ以外の機能も充実しています。しかし、機能を詰め込みすぎたことで逆に独自性が薄まっているとも捉えられるのです。

 

そんなフェイスブックを使う意味や面白みはどこにあるのでしょうか?考えられるのは次のようなメリットでしょう。

 

・自分を表現する場になる

・交友関係が広がる

・貴重な情報を得られる

 

しかしこれだけでは他のSNSでも代用できます。フェイスブックの魅力はまた別にあるのです。その魅力ひとつひとつについて解説しましょう。

 

リアルの知人と繋がれる

フェイスブックは規約で実名登録が決められているので、リアルの知り合いや友達を検索で探すことができます。疎遠になっていた人、昔お世話になっていた人、音信不通になっていた人・・・。そんな人たちとSNSでまた巡り合うことができたら嬉しいですよね。

 

グループで趣味や仕事の輪が広がる

フェイスブックは他のSNSにはないグループ機能があります。それはLINEのグループチャットのようなもので、メンバーだけがフィードに投稿したり、イベントを開催したり、情報を共有したりできるもの。それを利用して趣味や仕事の交友関係を広げられます。

 

ビジネスで使うならフェイスブック

他のSNSもビジネスで使われるようになりましたが、フェイスブックは比較的信用を得やすいSNSといえます。フェイスブックページという小さなホームページのような機能を使えば広告も出せるため、ビジネスでSNSを使うならフェイスブックがおすすめです。

 

自分を表現し、リアルの友達と繋がったり、交友関係を広げたり、ビジネスで使ったり。そういった様々な使い方ができるのがフェイスブックの独自性なのかもしれません。

 

フェイスブックの意味がわからない、やる意味を知りたいなら知恵袋

フェイスブックを使ったことがない人や登録だけして放置状態の人は、フェイスブックをやる意味がわかららないという否定派の人もいるでしょう。もしも「フェイスブックをやる意味あるの?」と疑問に思っているなら、実際に頻繁にフェイスブックを使っている人の話を聞くといいでしょう。

 

それに役立てたいのが知恵袋です。Yahooの知恵袋にはフェイスブックに関して様々な質問が寄せられていて、賛成派もいれば否定派もいます。きっと自分が探している答えが見つかるはずです。例えば次のような回答があります。

 

質問1:Facebookって何ですか?

質問1の回答

Facebookって何ですか?

 

質問2:Facebookって要するに何なんですか?

質問2の回答

「Facebookって要するに何なんですか?」

 

似たような質問でも回答者が違えば違う答えが返ってきます。知恵袋ならリアルの声が聞けるので、他の誰かの考えを知るのにとても便利です。

 

Facebookって無料?図解でわかるFacebookとは?おすすめ書籍の紹介

フェイスブックに興味があるけど使い方がイマイチわからない。そんな人は図解で使い方が説明されている書籍を参考にすると良いかもしれません。

 

図解と写真でわかる!Facebookの世界一わかりやすいトリセツ

図解と写真でわかる!Facebookの世界一わかりやすいトリセツ

Amazonページはこちら

 

Facebook Perfect Guidebook

Facebook Perfect Guidebook

Amazonページはこちら

 

書店に行って探してみると、中には「60代からのFacebook解説」といった高齢者向けの書籍や「ビジネスで使うFacebook」といった会社役員や経営者向けの書籍も。自分の立場やフェイスブックを使う目的にあった書籍を選びましょう。

 

ちなみにフェイスブックは無料で始められます。お金がかかるのは広告を出すときのみ。それ以外の個人で使う分には一切お金はかかりません。

 

初心者がフェイスブックを始めるときの使い方と注意点

最後に初心者がこれからフェイスブックを始めるときの簡単な使い方と注意点について解説します。まずフェイスブックを使い始めるためには登録は必要です。登録はPC、スマホアプリどちらからでもOK!

Facebookアプリ

 

氏名を入力

アプリから登録するなら画面の指示に従って氏名やメールアドレスなどを入力すればすぐに終わります。

 

友達を検索する

まずはフォローする友達を探しましょう。上の検索欄に名前を入力すればだいたいヒットするでしょう。

 

投稿も手軽にできる

投稿するときは「今なにしてる?」という部分にコメントを入力するだけ。写真をつけたり、ライブ動画を配信したり、おでかけスポットに行ったらチェックインするのも良いですね。

 

フェイスブックを使ううえでの注意点も忘れてはいけません。

 

・匿名性が低いことを理解して責任のある言動をする

・ネットリテラシーやマナーを守る

・個人情報の公開範囲を制限する

・怪しいと思う人とは友達にならない

 

責任のある言動やネットリテラシーを守ることは、SNSに限らずネットでコミュニケーションするうえで重要なことです。

 

そして個人情報の限定、友達になる人の限定は自分を守るために大切です。個人情報を登録することが多いフェイスブックだからこそ、トラブルに巻き込まれないように注意しながら使いましょう。