【インスタ】検索履歴がバレる!削除方法とは?残す方法も紹介




インスタで必ず一度は使用するのが「検索履歴」ですね。実はこの履歴は、相手にバレるものとバレないものがあることを知っていましたか?

また、以前に検索した履歴は残るようになっており、削除・非表示にしたい・・・という方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、検索履歴のチェック方法・削除方法から、勝手に消える原因、削除できない原因までご紹介します。

インスタの検索履歴を見る方法

検索履歴を見る方法とは

まず、インスタグラムでの検索履歴をチェックする方法をおさらいしましょう。ご自身のインスタアカウントにログインし、タイムライン画面を表示させ、画面下の虫眼鏡アイコンをクリックします。

このアイコンをクリックすれば、検索機能が使える画面が表示されます。下の画像のように、4つのカテゴリーからお好みで検索が可能です。

 

まとめると、検索機能で使用できるものは以下の3点です。ある特定のテーマで何かを検索する時に便利な機能となっています。

  • アカウントの検索
  • タグの検索
  • 場所の検索

「トップ」には、あなたのフォロー中のアカウントから自動的にオススメのアカウントが表示されており、さらに下にスクロールすると、最近検索したアカウントを見ることができます。この「最近」という欄が表示されていれば、検索履歴が残っているということになります。

また、「タグ」や「プレイス」では、写真のハッシュタグやオススメのスポットの検索に便利で、再度検索をするときに検索欄に文字を入力しなくても、ワンタップでサーチできるというメリットがあります。

検索履歴を削除する方法

インスタの検索機能を利用している方には、検索履歴を削除したい、という方を多く見かけます。これは、検索欄を表示させた時に最近検索したものが表示されるためです。

一度検索したものはもう使わないので消したい、という方に、その削除方法を画像付きでご紹介します。まず、ご自身のアカウントトップページを表示させ、「プロフィールを編集」の横にある歯車やドットのアイコンをタップします。

「オプション」画面が表示されたら、一番下までスクロールします。「検索履歴を削除」というボタンがありますので、それをタップすれば、これまであなたが検索した履歴が削除されます。

「検索履歴を削除」

また、検索履歴を残したい方は、設定は必要ありません。自動的にあなたが検索したものが残っていますので、もう一度検索したい場合は、履歴をタップするだけで再度検索をすることができます。

これで、「ピープル」欄で最近検索した人が出てくることはありません。もし履歴を残していたとしても、古いものから順番に削除されていき、一度検索したものがずっと残ることはありません。

検索履歴は相手にばれるのか?

検索履歴は相手にばれるのか?

フェイスブックやツイッターなどのSNSでも、足跡機能や検索履歴が相手にバレるのかが時折話題になりますね。インスタグラムでは、先ほどご紹介した操作で検索履歴が相手にバレることはありません。

ただし、「閲覧履歴」として記録に残り、相手に表示されるものがいくつかあることにご注意ください。ここでは、相手に検索や閲覧が表示されるもの・されないものをご紹介します。

相手に検索・閲覧が表示されるもの

インスタグラムで「足跡機能」や「閲覧履歴」として残り、相手に表示されるものは下の5点です。

  • インスタストーリー
  • インスタライブ配信
  • ダイレクトメッセージ(DM)の既読
  • ダイレクトメッセージに送信された画像のスクリーンショット
  • インスタストーリーのスクリーンショット

これらは相手に通知され、閲覧や検索が表示されますので、ご注意ください。特にインスタストーリーのスクリーンショットや、相手から送られてきたダイレクトメールの画像をスクリーンショットすると、相手にその通知が送信されます。

この機能を知らずにスクショを使用しないように、もう一度通知される機能をチェックしましょう。

相手に検索・閲覧が表示されないもの

一方で相手に閲覧や検索が表示されないものもあります。

  • アカウントのID検索
  • タグ検索
  • 投稿写真の閲覧
  • プロフィールページへのアクセス

これらは相手に通知されず、安心して使うことができます。「タグ」検索は画像投稿時によく使われる「ハッシュタグ」のことで、頻繁に使う方には、履歴が残る機能は便利です。

検索履歴が勝手に消える原因とは

検索履歴が設定なしで勝手に消える現象が起こるケースがあります。これは、

  • 一旦アカウントからログアウトした後だから
  • 検索は古い順に自動的に削除されるから

という理由があります。実際にアカウントからログアウト後に検索履歴を見ると、「スポット」「アカウント検索」「タグ検索」が自動的に削除されています。

また、検索された履歴は最新順に上から表示されるようになっており、古いものから削除されていく仕組みになっています。これらの点に注意して検索履歴を使いましょう。

検索履歴を削除できない原因とは

検索履歴を削除できない原因とは

時折、検索履歴を削除後に検索欄を見ると、以前の履歴が残っている時があります。その場合は、再度オプションの下部にある「検索履歴を削除する」ボタンを押して削除されているか確かめましょう。それでも履歴が表示されている場合は、一旦アプリを削除して再インストールを行うと検索履歴の削除が表示されるケースがあります。

何度試しても履歴を削除できない・・という方は、ぜひ再インストール・ログインを試してみましょう。インターネット通信やデータ容量の関係で、反映がされていない場合があるからです。

以上、検索履歴に関する疑問から削除方法についてご紹介しました。普段よく使う検索機能をもう一度おさらいして、さらに有効活用しましょう!