インスタグラムでエラーが起きる原因と対処法まとめ!ハッシュタグのつけ方も




「インスタグラムを起動したのにエラーが出る」「不明なネットワークエラーが表示されてインスタが動かない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、インスタグラムでエラーが起きる原因と対処法について解説します。

「正しいハッシュタグのつけ方を知りたい」「インスタで通信障害が起きたらどうすればいいの?」という方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「不明なネットワークエラー」が起きる原因と対処法

インスタグラムを起動しても『不明なネットワークエラー』と表示される原因は以下の通りです。

  • ネットワークの接続が不安定
  • 端末(スマートフォンやPC)の挙動が不安定
  • 公式アプリのバグ

これらエラーの原因は殆どが簡単に対処できるものとなっており、解決法が分かれば次にエラーが発生した時にも役立ちます。

原因に心当たりがある場合は、これから解説する方法を確認してみてください。

「インターネット接続がありません」と表示されたらネットを接続し直す

ネット接続が切れると『インターネット接続がありません』と表示される

『インターネット接続がありません』と表示される原因は以下の通りです。

  • 地上から地下に移り端末に電波が届かなくなった
  • Wi-Fiやキャリアの4G(LTE)回線の接続が切れた

対処法として、Wi-Fiに繋いでインスタグラムを利用している場合は再接続を試してみましょう。

(以下iPhoneでの解説になりますが基本的な操作はAndroid端末でも同じです)

設定画面から『Wi-Fi』をタップ

ホーム画面の『設定』から設定画面を開き『Wi-Fi』の項目をタップします。

Wi-Fi接続を確認してからトグルスイッチを切り替える

Wi-Fi接続画面を開いたらまずは接続状態を確認して、トグルスイッチをオフ→オンにして再接続しましょう。

各キャリアの回線を利用している場合は、電波の届く場所でもう一度インスタグラムを起動してみてください。

Wi-Fi接続からキャリア接続に切り替える

「Wi-Fi接続の調子が悪くてネットワークエラーが直らない!」という場合は、キャリア回線(4G・LTE)に切り替えてみましょう。

状況によりますが、ポケットWi-Fi等に比べて驚きの速さでインスタグラムのデータを読み込めます。

各キャリアの通信速度制限に注意

ただし、キャリア回線を利用する場合は通信速度制限に注意してください。

特に画像や動画データを大量に読み込むインスタグラムでは、気づかない間に通信データが制限ギリギリまで溜まっていることも。

もしネットワークのデータ量が気になるなら、インスタグラムの設定からデータ使用量を抑える設定を済ませておきましょう。

プロフィール画面から右上の『設定』をタップします。

設定画面を下にスクロールさせて『携帯ネットワークデータの使用』をタップします。

『データ使用量を軽減』のトグルスイッチをオンにして設定完了です。

「写真や読み込み速度が遅く感じる」「Wi-Fi接続だからデータ使用量を気にしない」場合は、トグルスイッチをオフして元に戻しましょう。

インスタグラムが固まった(フリーズ)時はアプリを再起動する

インスタグラムのアプリが固まった場合は、一度アプリを再起動してみましょう。

「再起動を何回も試したけど直らない!」、そんな時はアプリを再インストールしてみるのもオススメです。

アプリを削除しても、アカウントにログインさえすればデータは残ったままなので心配はありません。

ログイン画面で「ユーザーネーム」と「パスワード」を入力

インスタグラムのアプリを再インストールして起動後、ログイン画面で「ユーザーネーム(メールアドレス)」「パスワード」を入力します。

入力したら『ログイン』をタップして完了

入力が完了したら、『ログイン』をタップすれば元のアカウントが使えるようになります。

また、Facebookのアカウント情報でもログインできるので、連携しているユーザーは覚えておくと役立ちますよ。

インスタグラムで障害が起きた時は様子を見る

ユーザー側の原因で引き起こされるエラーの他に、インスタグラム公式側の原因で通信障害が起きる場合も多々あります。

その状態ではアプリや端末を再起動させても改善しない場合があるので、時間を置いて再接続を試してみると良いでしょう。

またインスタグラムのアプリを利用している方は、最新バージョンのアプリが出ても一度様子を見るのがオススメ。

「アップデートしても不具合はない」「アップデートすると新しい機能が使える」と判明してからアプリを更新しても遅くはありませんよ。

インスタグラムで起きる3つの不具合

インスタグラムで起きる主な不具合は以下の通りです。

  • フィード(タイムライン)が更新されず写真が見れない
  • 投稿にハッシュタグをつけたのに有効にならない
  • フォロワーが消えて(減って)0と表示される

こちらも簡単に対処できるので、心当たりある方は以下の方法を参考にしてみてください。

フィード(タイムライン)が更新されない

インスタグラムのフィード(タイムライン)が更新されず投稿が見れない場合は、フィードをリフレッシュしましょう。

フィード(タイムライン)画面でタップして下にスワイプ

方法はとっても簡単で、画面をタップして下にスワイプするだけ。

インスタグラム側で通信障害などが起きていなければ、フィードリフレッシュで新たな投稿が読み込まれます。

もしインスタグラムが重いと感じたなら、端末側で開いている不要なアプリを閉じたりメモリを解放すれば、挙動が改善されてサクサク動くようになるでしょう。

ハッシュタグがつけられない

「せっかくハッシュタグをつけたのに青くならない!」という場合は、ハッシュタグのつけ方が間違っているかもしれません。

ハッシュタグ(#)は必ず「半角」で入力しましょう。

(例)#ネコ

またハッシュタグを連続でつける時は、ハッシュタグの間に「半角スペース」を入れることも忘れないでください。

(例)#ネコ #イヌ

これさえ守っておけば、ハッシュタグで頭を悩ませることは無くなりますよ。

フォロワーが勝手に消える(減る)

フォロー(フォロワー)の人数がとつぜん消えてしまうエラーも、これまでに幾度か発見されています。

しかし、大抵はアプリや端末の再起動で解消するものが殆どです。

「再起動しても状況が改善しない」「インスタの挙動がやたら重い」という場合は、以下の方法で端末のメモリ解放を行ってみてください。

(以下iPhoneの手順になりますがAndroid端末でも基本操作は同じです)

設定から『一般』をタップ

ホーム画面から『設定』を開いたら、設定画面で『一般』をタップします。

一般設定から『ストレージとiCloudの使用状況』をタップ

一般設定から『ストレージとiCloudの使用状況』をタップします。

『ストレージを管理』をタップ

使用済みと使用可能なストレージ量を確認したら『ストレージを管理』をタップします。

ストレージ管理画面で不要なアプリやデータを削除する

ストレージ管理画面では端末にインストールされているアプリの使用データが列挙されています。

使用可能なデータ量が残り少なくなっている場合は、ここで不要なアプリを削除しておきましょう。

アプリ以外に写真や動画データもストレージを圧迫するので、いらない写真を削除するだけでも数百MBは確保できますよ。