【インスタ】DMの目のマークは既読!ストーリーの足跡にも注意

インスタには写真投稿だけでなく、いろいろな機能がついて、今やSNS王者Twitterも凌駕するほどに成長しました。たくさんある中で注目したい機能は既読機能です。

 

既読機能とは、例えばLINEを開くと既読がつくように、インスタのダイレクトメッセージを開くと既読がつきます。しかもダイレクトメッセージだけでなく、ストーリーにも閲覧した人の足跡がつくので、既読がつくのと同じ考え方ができます。

 

この既読機能、「相手にメッセージを読んだのがバレるのが嫌」という人も多いですよね。ですが、送った側としてはきちんメッセージを見てもらえたかどうか気になるもの。

 

今回はそんな不要なのかありがたいのか賛否両論ある、インスタの既読機能について解説していきましょう。

 

インスタのDMはメッセージのみもOK!ハートも送ることができる

インスタに投稿するときは必ず写真または動画をつけて投稿する必要があります。逆に言うと、キャプション(文章)がなくても写真さえあれば投稿できるということ。

 

ただしインスタのダイレクトメッセージ(DM)ならメッセージのみの送信も可能です!まるでLINEと同じような感覚で使うことができます。

写真も付けられるけどメッセージのみもOK

 

ただLINEとちょっと違うのは、LINEはスタンプを送信できますが、インスタのDMにはスタンプがありません。その代わりにハートスタンプがあります。

右側にハートマークがある

 

このハートマークをタップすると、まるでインスタに「いいね!」をするときのように相手にハートが送信されます。他のスタンプを選べるわけではなく、あくまでこのハートが送られるのです。

相手にハートが送れる

 

相手からのメッセージに「いいね!」「素敵だね!」とリアクションしたいときに軽く送信できるのがいいところですね。

 

インスタのダイレクトメッセージの通知と既読の見方

インスタでDMを受け取ると通知が届きます。ただ、普段投稿にいいねやコメントをもらったときの通知場所と違うので注意してください。

 

右上の紙飛行機マークにDM通知が届く

DMの通知が届くのはこの右上にある、紙飛行機のようなマークのあったところです。紙飛行機が赤い①に変わります。

 

ダイレクトメッセージのやり取り履歴

そこを開くとダイレクトメッセージ欄に行き、ここで届いたDMを確認できます。一番上の新着DMを開いてみましょう。

 

相手がメッセージを開いた証拠「既読」がついた!

受け取った側がDMを開くと、DMを送った側には「既読」がつきます。これで相手がメッセージを見てくれたのを確認できます。

 

インスタの芸能人に送ったダイレクトメッセージにも既読がつくけど…

最近では芸能人もインスタを使う人が増えてきましたよね。大好きな芸人や女優、モデルのアカウントをフォローしている人もいるのではないでしょうか?

 

もちろん、芸能人もインスタグラムユーザーですから、相手にダイレクトメッセージを送信することもできます。ただし、芸能人に送ったDMに返信が来るとは限りません。

 

たくさんのファンがいて、その分多くのDMを受け取っているでしょう。そこから個別に全員に返信することはほとんど無いのです。

 

もちろん、DMの内容は本人かマネージャーさんが開いて確認するので既読もつきます。ですが、既読がついたからといって「返信ください」なんてメッセージを送ってしまうと迷惑になってしまうことも注意してくださいね。

 

芸能人も私たちと同じ人ですが、違うのは知名度の高さと影響力の強さ。既読がついたら「私のメッセージはきちんと届いて確認もしてもらえた」という考えでストップするようにしましょう。

 

インスタのメッセージを既読したのに消える理由は削除された可能性大

インスタのDMは削除することもできます。DMの削除方法は、削除したいメッセージを長押しすると「送信を取り消し」と出てくるので、それをタップするだけです。

削除も簡単にできる

 

削除のときの特徴は次の通り。

 

・自分の送信した内容のみ削除できる

・削除すると自分の端末と相手の端末からも消える

 

つまり「DMが届いて既読をつけたのに、後から見返すとそのメッセージが見当たらない」というのは、相手がメッセージを削除した可能性が大きいということです。

 

後で「言った」「言わない」の問題になってトラブルが起こり得るので、大切な要件などはあまり削除することはおすすめしません。

 

インスタのダイレクトメッセージを拒否する方法

相手から何度もダイレクトメッセージを送られ、迷惑だと感じることもあるでしょう。そんなときの対処法として、ダイレクトメッセージを拒否することができます。

 

ただしDMを完全に届かなくしたいときはDMのみを拒否することはできず、相手のアカウントをまるごとブロックする方法になってしまいます。

 

「i(インフォメーション)」をタップ

相手とのDMのやり取りを開き、右上にある〇に囲まれた「i」をタップしましょう。

 

完全に拒否したいなら「ブロック」をタップ

DMを完全に拒否したい場合は「ブロック」をタップして、相手をブロックしてしまえば今後DMは届かなくなります。

 

もし、アカウントはブロックしたくないけどDMが迷惑というときには一番上の「お知らせをミュート」の横のボタンをタップしておくのもおすすめです。相手からDMが届いても通知が来なくなります。

 

ただしDMのやり取り一覧を見ると相手からのDMは普通に届いているので、目に入ってしまうことは避けられません。

 

インスタストーリーにも既読がつく!

実は既読がつくのはダイレクトメッセージだけではありません。インスタのストーリーにも足跡機能が付いています。

 

左下に「〇人が既読」と表示されている

自分で投稿したストーリーを確認してみると、左下に「〇人が既読」と表示されます。これが表示されるのは自分の投稿だけで、他の人のストーリーを見ても表示されない点も覚えておきましょう。

 

ストーリーを閲覧した人の一覧

さらにそこをタップすると、ストーリーを閲覧した人の一覧が表示されます。これで誰がストーリーを見てくれたのかが確認できます。

 

あなたは既読機能に賛成ですか?反対ですか?今ではLINEやインスタだけでなく、TwitterやFacebookのメッセージにも既読がつくようになっています。ということは、それなりに支持者がいるということなのかもしれませんね。