【フェイスブック】Pokeってどこ?送り方と誰からか確認する方法

フェイスブックにはメッセンジャーで新しい友達に手を振って挨拶をする感覚で使う「ウェーブ」という機能があります。それともうひとつ、同じような使い方でもっとフランクに挨拶ができる「Poke」という機能があることはご存知ですか?

 

「Poke」の読み方は「ポーク」で、「ポケ」ではありませんしポークだからと言って豚肉という意味でもありません。これは「指でつつく」という意味で、例えばクラスで前の席の子を指でつついて振り向かせ、「おはよう」と挨拶をするようなイメージです。

 

このPoke、実はちょっと前までは専用のアプリがありました。送ったメッセージや写真などが数時間で消えるアプリで今で言うSnapChatと似ていますが、残念ながら需要は少なくサービス終了してしまいました。

 

今はフェイスブック内の機能としてだけ残っていますが、あまりにも影が薄すぎて「Pokeってどこにあるの?」と迷う人も少なくありません。

今回はフェイスブックのそんなフランクな挨拶機能、Pokeについて送り方や確認方法などについて取り上げました。

 

どこから送るの?フェイスブックのPokeの送り方

投稿したり、いいねやコメントを残したり、友達リクエストを送信したり。普通にフェイスブックを使っていてもPokeのボタンを見たことがない人がほとんどだと思います。

もしくは見かけたけどどこで見たのか覚えていない、見たことさえ覚えていないという人も。Pokeって影が薄い機能のせいか、なかなか見つけられないのです。

 

送りたい相手のプロフィール画面から!

そんな「本当に存在してるの?」と疑問が持たれそうなPokeですが、きちんと存在しています!それはPokeを送りたい相手のプロフィール画面で「その他」をタップすれば見つけられるでしょう。

 

「Poke」で相手に挨拶

ありました、Pokeです!あとはここをタップするだけで、相手に簡単に挨拶できますよ。

 

メッセンジャーのウェーブは一度メッセンジャーアプリを開かないといけないですし、送れるのは最初の1回のみ。

それに比べPokeはフェイスブックアプリから移動する必要もないし、相手から送り返してくれれば何度でも送れます。

 

フェイスブックで誰からPokeをもらったか確認する方法

Pokeをもらった側はフェイスブックに通知として届きます。これもメッセンジャーアプリではなくフェイスブックアプリ内から確認できるので、メッセンジャーをダウンロードしていなくても見れるのです。

 

Pokeの通知

自分の通知欄を開いてみると「○○さんからPokeがありました」と通知されていますね。Pokeの意味から「挨拶がありました」とも訳せるし「ちょっかい出されました」とも訳せます。どちらにせよ、悪い意味ではありません。

 

Pokeを返す

通知をタップすることで、もらったPokeにはPokeを返すことができます。

Pokeを送ってくれた友達だけでなく、「友達をPOKE」しようと友達になっている人のアカウントが表示されていたり、上の検索欄からPokeする相手を探したりと積極的にコミュニケーションをとるようにも促されていますね。

 

Pokeを返すと相手にも通知が届く

Pokeを返すことで、相手にも同じように通知が届きます。そしてまたPokeが返ってきて・・・と繰り返しやり取り可能です。

ただし、相手からPokeが返ってこないと連続で相手にPokeを送信はできないので覚えておきましょう。

 

FacebookでPokeを押し間違えたら取り消しできる?

フェイスブックでどこからPokeを送るかわかりました。Pokeを送信する画面には相手をブロックしたり、フォローを取りやめたりするアクションもあるため、間違えてPokeを押し間違えることもありますよね。

間違えてPokeを押してしまいそう

 

Pokeは一度タップしてしまうと確認なしに急に送信されるため、取り消したいときもあるでしょう。しかし残念ながら、フェイスブックでPokeを取り消す方法はありません。

取り消しできたとしても通知は残りますし、そもそも挨拶としても機能で悪い意味はないため、取り消しの必要はないと考えられているのかもしれませんね。

 

Facebookで好きな人同士で連続でPokeし合って結婚した人もいる!

フェイスブックではほとんど使われることがないPoke機能ですが、実は知らない人同士がPokeし合って実際に出会い、恋愛関係にまで発展、結婚したという興味深い話もあります!

 

相手をPokeしてすぐにPokeが返ってくることで「今話せる」と判断し会話をスタートするという使い方をしている人もいますし、長らく話していない友達をPokeして生存確認する人もいます。

ですが、まったく知らない相手でも「気になるけどなんて声をかけたらいいのかわからない」と思って、とりあえずPokeした。それが結婚にまで繋がったというのでびっくりです。

 

SNSではたまに出会いに発展する機会も多いのですが、そのきっかけがマイナーなPoke機能。こういった言葉の無い挨拶から始まって、一生を共にする関係性に発展すると、フェイスブック運営側も嬉しいでしょうね。

 

もうちょっと積極的にPoke機能を使って、友達と気軽なコミュニケーションを増やして見てはどうでしょうか?

FacebookでPokeできない、「Pokeが1件あります」と表示されても見れない場合

フェイスブックのPoke機能が出会いにも貢献すると知って、使いたくなった人もいるのでは無いでしょうか?しかし、たまにPokeできない、「Pokeが1件あります」と通知がきているのに見れないというトラブルが起こるようです。

考えられる原因は次の通り。

・インターネット回線のトラブル

・フェイスブックアプリのバージョンが古い

・フェイスブックアプリやスマホの不具合

Pokeは後から取り消しできないので、Poke通知が見れないならネット回線かアプリ、スマホに問題があるかもしれません。

 

対処法として、次の方法を試して見てください。

・Wi-Fi含め、安定してネット環境でやり直す

・フェイスブックアプリやスマホを最新版にアップデートする

・フェイスブックアプリをアンインストール(削除)し、再度インストールする

・スマホを再起動する

・それでも解決しない場合はヘルプセンターに問題を報告し、不具合の修正を待つ

 

たまにはフェイスブックで友達をPokeして軽く「元気?」と挨拶したり、Pokeをお互い返して遊んで見たり、コミュニケーションのきっかけ作りをしてくださいね。