【脱獄不要】AbemaTVを録画する裏技!録画、ダウンロード方法や違法性などを解説!




AbemaTVで放送されている番組は後でも見れるようにしたいと思いうときがありますよね。

ですが、AbemaTVは何をすれば録画することができるでしょうか?パソコンやスマホで見れるとはいっても録画方法までは知らないという方が多いと思います。

そもそもの問題として、AbemaTVの番組を勝手に録画しても大丈夫なのでしょうか。

今回は、そのようなAbemaTVの録画について詳しく解説していきます。合法か違法かなど気になる問題についても見ていきましょう。

AbemaTVの録画は可能?

本題であるAbemaTVを録画できるかどうかについてですが、一応録画可能です。ただし、AbemaTVに録画機能は用意されておらず、別で録画ソフトや環境を整える必要があります。

それだけでなく、録画自体が不可能なデバイスも存在するため、AbemaTVを録画するときは注意しなければならないポイントは少なくありません。

WindowsやMacなど一部のデバイスでは無料で録画可能

どういったデバイスを使えばAbemaTVを録画できるのかという話ですが、WindowsやMacなどのパソコンであればキャプチャーソフトを用意して録画することが可能です。

Windows10の場合は、標準搭載されているキャプチャー機能でも録画できます。

録画できる主なデバイスは以下の通り。

  • Windows OS搭載PC
  • Mac OS X搭載PC
  • Linux OS搭載PC

テレビなど対策済みデバイスでは「画面録画中は再生できません」となり画面録画できない

iPhoneやFireTVなど一部のデバイスは「画面録画中は再生できません」というようなメッセージが表示されて再生画面が真っ暗になります。

そのため、AbemaTV側で録画対策されているデバイスについては、AbemaTVを録画して保存することはできません。

iPhoneは脱獄すれば可能だが非推奨

録画できる主なデバイスはWindows10などのパソコンですが、脱獄して非公式キャプチャーアプリをインストールしたiPhoneでもAbemaTVを録画することは可能です。

ですが、これはAbemaTV公式がコピーガードを施しているものを強引に突破してキャプチャする行為であり、れっきとした違法行為であるためお勧めできません。

それに加えて脱獄自体がセキュリティリスクが高まる上にAppleのサポートを受けられなくなってしまうので、よっぽど特別な理由がない限りは脱獄しない方がいいでしょう。

AbemaTVの録画は違法?

AbemaTVはiPhoneなどデバイスによってはコピーガードが施されていますが、録画する行為は全て違法なのでしょうか?

続いては録画が違法か合法かについて解説します。

私的使用のための複製の法律を遵守すれば合法

一番大切なことを言っておくと、「私的使用のための複製」であれば録画は合法です。

録画行為自体は違法ではなく、私的使用に限定されるのであれば違法ではないことが法律で定められています。

ただし、法律で保護されているとはいっても抜け穴を防ぐための法律ももちろん用意されているため、「私的使用のための複製」権利を悪用することはできません。

ですので、

  • 録画しても合法なバターン
  • 録画すると違法なパターン

の2つを解説していきます。

合法なパターン

まずは、指摘使用のための複製権で保護されている合法なパターンについていきます。

録画したビデオを自分しか視聴しない

AbemaTVで番組を録画し、それを自分しか視聴しない場合であればどれだけ録画しても構いません。

この場合は私的使用のための複製権で保護されているので、違法でもなんでもなく合法で誰にも咎められる理由のない行為です。

同居する親族たちと一緒に視聴する

一緒に住んでいる家族などと視聴する場合も、実は大丈夫です。

同じ家族であれば自分自身が録画した番組をほかの家族が視聴しても私的使用のための複製権で保護されるようになっているので法律上問題ありません。

違法なパターン

続いては、一度でもやってしまうと違法になる行為を見ていきましょう。抜け道を防ぐために違法なパターンはたくさんあるので、その中でも知らずにやってしまいがちなものについて解説します。

録画映像を視聴させる代わりに対価を得る

どういう理由があったとしても、録画したAbemaTVを見せる・複製して渡すといった行為で金銭の対価を受け取ってはいけません。

これは著作権者や出版権、著作隣接権の侵害という扱いで違法になる可能性が極めて高いです。

特に、複製して渡す行為は別の理由でも違法ですので絶対にやらないでください。

複製して知り合いに配る

金銭などの一切の対価を得ない場合でも、録画したAbemaTVの映像を複製して配布するだけでも違法です。

これは「私的使用のための複製」で保護されない複製行為であるため、複製権侵害となって違法となります。

あくまで、自分だけが視聴するために録画したかどうかが重要です。

コピーガードを回避して録画する

iPhoneの脱獄などがコレに該当します。コピーガードされてもかかわらず、それを回避する場合は私的使用のための複製権で保護されないため違法です。注意しましょう。

AbemaTVの動画をダウンロードして保存する方法(有料)

AbemaTVは録画機能はありませんが、プレミアムプラン(月額980円)に加入している場合、スマホアプリ版であればオフラインに保存して視聴する機能を利用できます。

やり方は難しくありません。まずは番組表からダウンロードしたい番組を探します。

番組名の左に再生アイコンがついているものがダウンロードできる番組ですので覚えておいてください

番組表

番組の再生ページを開いたら、中央付近にある[ダウンロード]をタップします。

ダウンロードボタン

ダウンロードはそれなりの時間と通信量を消費するので必ずWi-Fiに接続した状態で行いましょう。

ダウンロード完了すると、緑のアイコンに切り替わります。

ダウンロード完了後のアイコン

あとは、圏外状態でも視聴期限以内であればいつでも視聴することが可能です。

ダウンロードした番組はマイリストに追加されており、確認しやすくなっています。

マイリストはアプリ左下のメニューアイコンから開けます。

マイリストの確認

マイリストの「ダウンロード」タブにリスト表示されているので、わざわざ番組表から探す必要はありません。

ダウンロード済み番組

こちらの機能を使えば、キャプチャーソフトなどを使わずともスマホでダウンロードすることが可能です。

AbemaTVの画面を高画質で録画する方法

スマホアプリのオフライン再生機能では視聴期限があるためいつでも再生できる状態にすることはできません。

いつでも再生できるようにしたい場合は、パソコンを使ってAbemaTVを録画するのが一番です。

Windows10標準機能で録画したい場合は、録画したい番組を全画面表示で再生してください。全画面表示しないとタブやブックマークバーが写りこんでしまいます。

全画面表示

再生ページを開いたら、[Windows]+[G]キーを押します。するとキャプチャ関連ウィンドウなどが表示されます。

録画開始ボタン

表示されたキャプチャウィンドウの「●」をクリックすると録画が開始されます。録画中もキャプチャ画面などが表示されたままにできますが、録画した映像には写り込まないようになっています。

録画を終了したい場合は「■」を押すと完了します。

録画停止ボタン

最後に、録画した動画がどこに保存されているかについてですが、ビデオライブラリのキャプチャ(Captures)フォルダに保存されています。

録画映像の保存先フォルダ

録画した番組を再生したい場合はこのフォルダをチェックするようにしてください。

ちなみに、画質についてはインターネット速度に依存します。キャプチャ自体は高画質ですが、元のAbemaTVの映像が荒いと低画質になるので必ず安定したインターネット環境のもと再生するようにしてください。

録画する際は法律を破らないように

著作権や複製権などの法律はとても複雑ですが、「自分が視聴するためだけに録画する」ということを覚えておけば大丈夫でしょう。

パソコンなど番組を録画できる環境がなかったとしても、アプリ版のダウンロード機能を使えば一定期間は視聴し放題ですので、そちらを有効活用するのもおすすめです。

AbemaTVの番組を手元に残しておきたい場合はぜひ今回紹介した方法を試してみてくださいね。